日本語
Graduate School of Core Ethics and Frontier Sciences

 (Female)
 SAYAKA   OGAWA  Professor

■Concurrent affiliation
The Kinugasa Research Organization   /
Institute of Ars Vivendi
The Kinugasa Research Organization   /
Institute of International Language and Culture Studies
The Kinugasa Research Organization   /
Research Center for the Pan-Pacific Civilization
■Graduate school/University/other
03/2000  Shinshu University  Faculty of Arts  Department of Human Information
03/2007  Kyoto University  Graduate School of Asian and African Area Studies  Division of African Area Studies   Doctoral course  Withdrawal from program with completion of credit requirements
■Academic degrees
Ph.D. (Regional Studies) (09/2009 Kyoto University)  
■Career history
04/01/2007-03/31/2010  日本学術振興会特別研究員
04/01/2010-03/31/2012  国立民族学博物館・機関研究員
04/01/2012-03/31/2013  国立民族学博物館・助教
■Committee history
05/2011-03/2012  日本アフリカ学会  会計監査委員
04/2013-  京都大学人文科学研究所  『コンタクトゾーン』編集委員
04/2014-03/2016  日本文化人類学会  評議員
04/2016-03/2018  日本文化人類学会  評議委員
04/2017-03/2018  日本アフリカ学会  会計監査委員
■Academic society memberships
Japanese Society of Cultural Anthropology  
Japan Association for African Studies  
International Union of Anthropological and Ethnological Sciences  
■Licenses and qualifications
学芸員  (2000)   
■Subject of research
1) Study on Consumption Culture of Present Africa Seen in Circulation/Consumption of Used/Non-regular Goods
2) Dynamics of Brinkmanship and Anthropology of Practice/Act
3) Anthropology of Hand-to-mouth Life
■Research summary


  博士論文までの研究では、タンザニアの零細商人マチンガの商慣行や共同性、路上暴動などについて研究していました。博士論文を加筆修正して『都市を生きぬくための狡知―タンザニアの零細商人マチンガの民族誌』(世界思想社、2011年)として出版し、第33回サントリー学芸賞(社会・風俗部門)を受賞しました。
 その後は、東アフリカ諸国間の越境交易や、タンザニアにおける中古品と模造品(子ひー商品)の消費行動に関する調査を行うとともに、「ウソ」や「笑い」などをテーマとして窮地に陥った人間行為に関する研究をしていました。
 「Living for today(その日その日を生きる)」社会のしくみや知恵を通じて未来優位の生産主義的な人間観を再考するエッセイを光文社の『小説宝石』で1年間連載し、それをまとめて『「その日暮らし」の人類学―もう一つの資本主義経済』(光文社新書、2016年)として出版し、新書大賞2016年の12位に入選しました。
 現在は、香港・中国とアフリカ諸国間のインフォーマル交易の仕組みや、香港のタンザニア人による独自のシェアリング経済のしくみや組合活動等について調査研究し、その成果の一部をWeb春秋の「チョンキンマンションのボスは知っている―香港のアングラ経済と日本の未来」で連載しています。
■Research keywords
Africa, Urban studies, globalization, second-hand products,informal sector 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
[単著]チョンキンマンションのボスは知っている――アングラ経済の人類学  春秋社  274p  07/2019
[その日暮らしの人類学の韓国語翻訳書]하루 벌어 살아도 괜찮아──아프리카도시민 사회에서 발견한 또 하나의 자본주의  오가와 사야카  더난출판  224p  09/2017
[単著]「その日暮らし」の人類学―もう一つの資本主義経済  光文社新書  07/2016
View details...

Papers
都市のアナーキーを流用する―タンザニアと香港の街角から  小川さやか  都市美  2, 65-77  03/2020
The Logic of “Open Reciprocity” in the Tanzanian Union in Hong Kong and China  Sayaka Ogawa  JRCA(Japanese Review of Cultural Anthropology)  20/ 1, (印刷中)  03/2020
【小論】世界が存在する偶然を(特集100年後の日本)  小川さやか  アステイオン(サントリー文化財団)  91, 215-217  12/2019
View details...

Research presentations
学問の評価とは?  全分野結集型シンポジウム  03/04/2020
総合司会とコメント  ワークショップ「AI時代の労働とヒューマニティを考える」  02/11/2020
【フリートーク】「フィリピン人と家族になって現在」  現代エスノグラフィ―研究会  01/21/2020
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Academic awards
日本文学振興会  第51回 大宅壮一ノンフィクション賞  06/2020
一般財団法人 河合隼雄財団  第8回 河合隼雄学芸賞  06/2020
サントリー文化財団  第33回サントリー学芸賞(社会・風俗部門)  12/2011
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  基礎講読演習  Seminar
2017  共生論Ⅰ  Lecture
2017  教養ゼミナール  Laboratory work / Practical experience / Skills practice
View details...

Teaching achievements
『世界の暦文化事典』においてタンザニアの暦を執筆した。  11/2017-
教養ゼミナール『アフリカにおける/発のベンチャービジネスを考える』でのPBL方式の講義  04/2016-03/2018
堀川高校 模擬講義  12/2014-12/2014
View details...
■Message from researcher
連載中
■URL
 http://www.r-gscefs.jp/?p=3561
■E-mail
  
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Area studies
Cultural anthropology