English
顔写真
政策科学部  /
政策科学科

 ウエハラ   タクロウ   (男)
 上原    拓郎   教授
 Takuro   UEHARA

■兼務所属(本学内)
政策科学研究科
■出身大学院・出身大学他
2012/08  Portland State University  Systems Science  Systems Science: Economics  博士課程  修了
2011/03  Portland State University  Economics  Graduate Certificate in Resource and Environmental Economics  修士課程  修了
2000/03  中央大学大学院  Graduate School of Policy Studies  修士課程  修了
■取得学位
Ph.D. in Systems Science: Economics (2012/08 Portland State University)   M.S. in Economics (2011/03 Portland State University)   Graduate Certificate in Resource and Environmental Economics (2011/03 Portland State University)   総合政策修士 (2000/03 中央大学)  
■職歴
2017/04-2018/03  仏国ヴェルサイユ・サン・カンタン・アン・イヴリーヌ大学客員教授
2012/09-2013/03  米国ポートランド州立大学経済学部・非常勤助教授
2009/09-2012/08  米国ポートランド州立大学グラデュエイト・ティーチング・フェロー
2004/04-2007/03  中央大学研究開発機構 専任研究員
2000/04-2004/03  中央大学研究開発機構 準研究員
■所属学会
International Society for Ecological Economics  
International Society for System Dynamics  
盛和スカラーズソサエティ  
Ecological Economics (Referee)  
Environmental Modelling & Software (Referee)  
Society and Natural Resources (Referee)  
Systems (Referee)  
Frontiers in Marine Science (Referee)  
Sustainability (Referee)  
Environmental Education Research (Referee)  
■免許・資格
HSK(中国語検定)1級  (2014)   
■研究概要
Social-Ecological Systems

 I have worked on problems addressed well with a social-ecological system perspective. Topics include ecological-economic modeling, resilience, satoumi (Japansese social ecological production landscapes and seascapes), relational values, marine plastic waste, and etc.
■研究キーワード
社会生態系、生態経済学、資源・環境経済学、システム・ダイナミクス、ミクロ経済学、計量経済学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
環境経済・政策学事典  丸善出版株式会社  222-223  2018/05  978-4-621-30292-7
一覧表示...

論文
社会生態システムの視点から考える海洋プラスチックごみ問題  上原拓郎  環境経済・政策研究  12/ 2, 印刷中  2019  18823742
Applying three distinct metrics to measure people’s perceptions of resilience  Uehara, T., Tsuge, T., & Onuma, A.  Ecology and Society  24/ 2, 22  2019  1708-3087  10.5751/ES-10903-240222
How much innovation is needed to protect the ocean from plastic contamination?  Cordier, M., & Uehara, T.  Science of the Total Environment  670, 789-799  2019  0048-9697  10.1016/j.scitotenv.2019.03.258
一覧表示...

研究発表等
Do sustainability indicators contribute to sustainability as intended?: A causal loop diagram assessment  15th Congress of the International Society for Ecological Economics  2018/09/12
Regional and sectoral impacts of cost allocation rules & impacts of ecological restoration schedule: input-output/system dynamics modeling  15th Congress of the International Society for Ecological Economics  2018/09/12
里海の政策志向研究  関西公共政策研究会  2019/07/06
一覧表示...

その他研究活動
里海と関係人口  第1395回 草津ライオンズクラブ4月第一例会 ゲストスピーチ  2019/04/04-2019/04/04
海洋学習がつなぐ生徒と海と地域社会  岡山市オルガ地下ホール、2018 年度海洋教育パイオニアスクールプログラム地域カンファレンス、基調講演  2019/01/26-2019/01/26
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
平成30年度環境経済の政策研究委託業務(遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針」(ABS指針)の見直しに向けた、提供国処置の便益・コスト等の評価に関する研究)  環境経済の政策研究委託業務 学校法人慶應義塾  2018/07  2019/03  分担
里海の実現に向けた実用的なサステイナビリティ評価手法の構築とその検証:岡山県日生町を事例として  2016年度稲盛財団研究助成  2016/04  2017/03  代表
「平成27年度環境経済の政策研究委託業務(遺伝資源の利用により生ずる
経済的利益、及びその生物多様性保全等促進への貢献に関する評価手法の研究)」  学校法人慶應義塾 第Ⅲ期環境経済の政策研究  2015/07  2018/03  分担
一覧表示...

共同・受託研究実績
海洋学習を通した生徒の意識変容の分析と考察  2018/11-2021/03  受託研究  代表
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2016  Introduction to Policy Science  演習
2016  Microeconomics for Policy Studies  講義
2016  PLC特殊講義(土地・家屋の調査)  講義
一覧表示...
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
生態経済システム
サステイナビリティ
レジリエンス
生態・環境
環境動態解析