English
顔写真
生命科学部  /
生命情報学科

 キムラ   シュウヘイ   (男)
 木村    修平   准教授
 SYUHEI   KIMURA

■出身大学院・出身大学他
2020/03  慶應義塾大学大学院  政策・メディア研究科  Computer Informatics  博士課程  修了
2006/03  立命館大学大学院  言語教育情報研究科  言語情報コミュニケーション 専攻  修士課程  修了
2003/05  ミシガン州立大学  社会科学部  社会学科  卒業
■取得学位
博士(政策・メディア) (2020/03 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科)   修士(言語情報学) (2006/03 立命館大学大学院言語教育情報研究科)  
■職歴
2006/04/01-2014/03/31  京都女子大学 非常勤講師(情報)
2010/04/01-2014/03/31  立命館大学 外国語嘱託講師(英語)
■委員歴
2012/04-2013/03  京都大学高等教育研究開発推進センター MOSTフェローシップ  第一期MOSTフェロー
■所属学会
外国語教育メディア学会関西支部(LET関西)  
コンピュータ利用教育協議会(CIEC)  
■免許・資格
英語実用検定試験 1級  (2009)   
■研究テーマ
高等英語教育における情報通信技術(ICT)の利活用
■研究概要
高等英語教育におけるICTの利活用

 私の研究領域は主に高等英語教育におけるICTの利活用に焦点を当てています。立命館大学の複数の学部で実施されているプロジェクト発信型英語プログラムは多くの場面でICTを活用しています。学生の知的生産効率を上げ、効果的な英語学習に繋がるよう、最新のIT技術やサービスを授業の中でどう活用するべきかを研究しています。
プロジェクト発信型英語プログラムの授業 プロジェクト発信型英語プログラムの授業
プロジェクト発信型英語プログラムの授業 プロジェクト発信型英語プログラムの授業
プロジェクト発信型英語プログラムの授業 木村修平
プロジェクト発信型英語プログラムの授業 木村修平
■研究キーワード
高等英語教育, 情報通信技術(ICT) 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
デジタル時代の教育 - 教育と学習をデザインするための指針 -  A.W. (Tony) Bates  第5章 MOOCs  2020/03
最新ICTを活用した私の外国語授業  近藤雪絵  丸善プラネット  第16章 EPUBと電子語学教材の未来  2014/04  978-4-86345-197-1
一覧表示...

論文
BYOD 環境下でのプロジェクト型英語授業の要件に関する考察  木村修平  CIEC春季カンファレンス論文集  11, 75–80  2020/03
CALL から CILL へ:SFC 英語から生まれたプロジェクト発信型英語プログラムを例に  木村修平  KEIO SFC JOURNAL  19/ 2, 208–226  2020/03
英語補習プログラムへの学習態度が正課英語授業にもたらす長期的な学習効果について― スポーツ健康科学部 英語 P0 の取り組み ―  祐伯敦史, 木村修平, 杉浦仁美  立命館高等教育研究  19, 183-196  2019/03
一覧表示...

研究発表等
BYOD 環境下でのプロジェクト型英語授業の要件に関する考察  CIEC春季カンファレンス 2020  2020/03/22
G Suite for Educationを用いた英語教員支援Webアプリ3種の開発と実践  FLExICT Expo 2019  2020/02/23
プロジェクト型英語授業とICT活用の合理的相関についての考察:BYODの次なる段階を見据えて  2019年度LET関西支部秋季研究大会  2019/10/05
一覧表示...

その他研究活動
Special記事「会長インタビュー#3 池田脩太郎さん(スタディサプリ・株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)」  CIEC(コンピュータ利用教育学会)Webサイト  2019/08/02-2019/08/02
Special記事 第20回「剽窃チェックサービス『Turnitin』が守る教育と研究の信頼」  CIEC(コンピュータ利用教育学会)Webサイト  2019/07/30-2019/07/30
Special記事 第16回「立命館大学が学内LMS『manaba+R』を大幅バージョンアップ〜教職協働の理念から生まれた教務タスク統合管理システム(EMS)という新機軸〜」  CIEC(コンピュータ利用教育学会)Webサイト  2018/05/13-2018/05/13
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     電子バッジを用いた視覚的な顕彰によるプロジェクト型英語授業での個人の学びの評価   代表   -   2018/04-2019/03   2018   200,000   
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     電子バッジを用いた英語技能の顕彰と学習ストラテジーの構築   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
研究推進プログラム   若手研究(旧 若手スタートアップ含む)     電子バッジを用いたプロジェクト型英語授業の評価の可視化と学習ストラテジー確立の実証実験   代表   -   2015/07-2016/03   2015   1,000,000   
一覧表示...
■社会活動業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

社会活動
くさつビブリオバトル2019  2019/11-2019/11
第5回大阪府中高生ビブリオバトル大会  2019/11-2019/11
くさつビブリオバトル2018  2018/11-2018/11
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  英語JP1  講義
2017  英語JP2  講義
2017  英語P1  講義
一覧表示...

教育活動
SDGs時代の情報リテラシー―より良い“当事者”になるために―  2019/09-2019/09
ICTで加速する語学教員の働き方改革:チームによるクラウド活用の初歩(2019年度LET関西春季研究大会ワークショップ講師)  2019/05-
ビブリオバトルで広がる!人の輪、本の輪(あいこうか生涯学習カレッジ)  2018/09-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
知的生産のインフラとしての英語とICT
 正直に申し上げますと、私が現在大学の教員として奉職させていただいているのはいくつかの偶然が重なった結果です。私はこれまでに複数回の転職を経験してきましたが、そのいずれにおいても、英語の能力とICTの理解が日本人の平均より多少は上だったということが大きな後押しになったと思います。英語とICTは、現在ほとんどすべての領域において、精力的に知的生産を行う人々のインフラ的なスキルになっており、今後ますますそうなるでしょう。このことは、学生はもちろんですが、教員・職員といった大人にもあてはまると思います。私が現在携わっているプロジェクト発信型英語プログラムは英語とICTを積極的に活用するカリキュラムであり、授業実践とその研究を通じてより良い教育環境の構築に貢献できればと願っています。
■関連URL
 プロジェクト発信型英語プログラム:リサーチグループ
 Twitter @syuhei
■電話番号
077-561-5081(現在不通)
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
外国語教育