English
薬学部  /
薬学科

 タナカ   ケン   (男)
 田中    謙   教授
 KEN   TANAKA

■兼務所属(本学内)
薬学研究科
■出身大学院・出身大学他
1983/03  富山医科薬科大学  薬学部  卒業
1985/03  富山医科薬科大学大学院  薬学研究科  医療薬学専攻  博士課程前期課程  修了
■取得学位
博士(薬学) (1996/03 富山医科薬科大学)  
■職歴
2005/07/01-2014/03/31  富山大学和漢医薬学総合研究所 准教授
■委員歴
2015/04-  日本生薬学会  代議員
■所属学会
日本薬学会  
日本生薬学会  
和漢医薬学会  
■研究テーマ
1.薬用植物の二次代謝物のメタボローム解析
2.ケモメトリクスを応用した新しい天然物化学研究
3.漢方薬・生薬データベースの構築
■研究概要
メタボロミクスとケモメトリクスを利用して薬用植物の生合成変動解析や漢方・生薬成分パターンと活性の関係について研究する。

■研究キーワード
薬用植物、生薬、漢方薬、メタボロミクス、質量分析、化学生態学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

論文
Identification of the Chemical Constituents in Ginger
(Zingiber officinale) Responsible for Thermogenesis  Nishidono Y., Saifudin A., Nishizawa M., Nakamoto M., Tanaka K.  Nat. Prod. Comm.  13/ 7, 869-873  2018
Oviposition inhibitor in Umbelliferous medicinal plants for the common yellow swallowtail (Papilio machaon)  Morino C., Morita Y., Minami K., Nishidono Y., Nakashima Y., Ozawa R., Takabayashi J., Ono N., Kanaya S., Tamura T., Tezuka Y., Tanaka K.  Journal of Natural Medicines  72, 161-165  2018
Serum uric acid concentration due to Gnetumgnemon chip supplementation and quality changes analyses based on its
chemical constituents in post-frying process  Saifudin A., Suryadini H., Sujono T.A., Suhendi A., Tanaka K., Tezuka Y.  Journal of Food Processing and Preservation  2017  10.1111/jfpp.13535
一覧表示...

研究発表等
化学生態学的応答を用いたトウキの機能性強化に関する研究  日本薬学会138年会  2018/03/27
麻黄と石膏の組み合わせによる抽出成分の変化について  日本薬学会137年会  2017/03/26
キアゲハによる食害を受けたトウキのプロテオーム解析  日本薬学会137年会  2017/03/26
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

教育活動
専門科目「生薬学」で複数の教科書をまとめたレジュメを作成し、講義に活用した。  2015/04-
専門科目「生薬学」で講義の内容と関連する薬剤師国家試験問題を取り上げ解説を行った。  2015/04-
専門科目「和漢薬論」で複数の教科書をまとめたレジュメを作成し、講義に活用した。  2014/09-
一覧表示...
■関連URL
 漢方薬・生薬データベース WakanDB
 高分解能質量スペクトルデータベース MassBank
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
天然資源系薬学
化学系薬学