English
スポーツ健康科学部  /
スポーツ健康科学科

 フジモト   マサヒロ   (男)
 藤本    雅大   助教
 MASAHIRO   FUJIMOTO

■出身大学院・出身大学他
2004/03  同志社大学  工学部  機械システム工学科
2006/03  同志社大学大学院  工学研究科  機械工学専攻
2012/09  オレゴン大学大学院  生理学科  バイオメカニクス
■取得学位
修士(機械工学) (2006/03 同志社大学大学院工学研究科)   博士(バイオメカニクス) (2012/09 オレゴン大学大学院生理学科)  
■職歴
2008/09-2012/08  オレゴン大学生理学科 授業・実験助手
2012/10-2014/03  メリーランド大学医学部 理学療法&リハビリテーション科学研究科 博士研究員
■所属学会
アメリカバイオメカニクス学会  
国際姿勢歩行研究学会  
北米神経科学学会  
日本バイオメカニクス学会  
日本機械学会  
バイオメカニズム学会  
■研究テーマ
加齢による姿勢・運動制御機能の低下メカニズムの解明
外乱に対するバランス維持のための防御反応の評価
身体動作の動的安定性の評価
■研究概要
ヒトの身体運動の神経運動制御機構の解明

 身体動作をバイオメカニクス的・神経科学的観点から解析する事で,ヒトの運動制御機構を身体の力学系・神経系の両面から解明する研究を進めています
■研究キーワード
身体運動のバイオメカニクス,姿勢・歩行分析,リハビリテーション科学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

論文
日本人中高齢女性を対象とした内臓脂肪の分布とメタボリックシンドロームリスク因子との関係  中山侑紀,井門あゆみ,石井好二郎,家光素行,佐藤幸治,藤本雅大,栗原俊之,佐藤幸治,浅原哲子,真田樹義  京都滋賀体育学研究  in press  2018
閉経後サルコペニア女性を対象とした骨密度に対する軽負荷パワートレーニング効果の個体差に関連する要因の検討  濱口佳奈子,栗原俊之,藤本雅大,家光素行,佐藤幸治,浜岡隆文,真田樹義  トレーニング科学  in press  2018
Quantitative evaluation of linked rigid-body representation of the trunk  Kudo S, Fujimoto M,Sato T, and Nagano A  Gait and Posture  63  2018/06
一覧表示...

研究発表等
The relationship between muscle tensions of the hip and knee extensors and ball speed during baseball pitching  The 8th World Congress of Biomechanics  2018/07/12
Kinetic contribution of multi-segmental trunk during dynamic movements  The 8th World Congress of Biomechanics  2018/07/12
Effect of preparatory knee flexion-extension movements on subsequent sideways jump-to-reach performance  The 8th World Congress of Biomechanics  2018/07/10
一覧表示...

その他研究活動
加齢により変化する運動機能の評価と健康増進のためのトレーニングエクササイズ  ダイキン工業株式会社 滋賀製作所 健康推進部会,ダイキン工業株式会社 滋賀製作所,滋賀  2018/02/21-2018/02/28
転倒のメカニズムと予防③:転倒予防トレーニングの実際  草津市笠縫東学区まちづくり協議会 健康リーダ―育成講座,笠縫東市民センター,滋賀  2017/08/04-2017/08/04
転倒のメカニズムと予防②:転倒リスクの評価  草津市笠縫東学区まちづくり協議会 健康リーダ―育成講座,笠縫東市民センター,滋賀  2017/07/21-2017/07/21
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

受賞学術賞
日本機械学会  日本機械学会・三浦賞  2006/03
吉田育英会  吉田育英会マスター21  2004/04
日本機械学会  日本機械学会・畠山賞  2004/03
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  基礎理科  講義
2017  健康スポーツ指導実習  実験・実習・実技
2017  研究入門I  演習
一覧表示...

教育活動
課題解決型学習の活用:グループで取り組む課題解決型の学習を授業に取り入れた.設定した課題の解決に必要な論理・計画の構成作業により,学生の「論理展開能力・問題解決能力」を育成した.  2015/04-
Webを活用した学生への効率的なフィードバックの実践:課題の提出方式を,従来の紙ベースの方式からWeb上での提出方式に移行.コメント欄の活用により,課題に対するコメントを効率的に学生へフィードバックした.  2014/10-
"身体運動の仕組みを探る-バイオメカニクス入門-"  2014/09-2014/09
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
ヒトの運動メカニズムの解明と転倒予防
 ヒトの身体のバランス機能は,日常生活を安全に行う上で重要な役割を果たしています.その機能が加齢により衰えると,日常生活における活動レベルが低下し,身体面・精神面の健康が著しく損なわれます.特に,高齢者におけるバランス機能の低下により生じる転倒は,深刻な外傷を引き起こす世界規模での社会問題です.「なぜ」転倒するのか,「どのようにすれば」転倒を防ぐことができるのか,を明らかにする事が主な研究課題です.身体のバランスを保つには,多くの神経的・力学的な要素が関与しています.バランス機能の低下に寄与する神経的・力学的要因の解明による,転倒予防の「理論の構築」と,その理論の「効果的な実践」を通じた,高齢者の”Quality of Life”の向上を目指しています.
■電話番号
077-599-4135
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
リハビリテーション科学・福祉工学
スポーツ科学
応用健康科学