English
文学部  /
地域研究学域

 マツナガ   コウヘイ   (男)
 松永    光平   准教授
 KOHEI   MATSUNAGA

■兼務所属(本学内)
文学研究科
■研究テーマ
砂漠化
■研究概要
砂漠化

 春先に日本に飛んでくる黄砂。この黄砂の出所、中国の黄河中流域、黄土高原で、黄砂が飛ぶようになった歴史的背景と、現在の黄砂対策のあり方について研究してきました。黄土高原は、かつては緑豊かな土地でしたが、ドイツ人地理学者リヒトホーフェンが克明に描いているように、19世紀末には、見渡す限り段々畑がひろがり、砂埃の舞う、荒涼とした大地となっていました。この黄色い大地を、再び緑色に塗り替えるため、20世紀末以降、大規模な植林が進められています。この緑化の成功が、黄砂の飛来を防ぐ。そう信じて、現在は、経済・社会・環境の三つの観点から、緑化がうまくいくための道を探っています。
■研究キーワード
環境問題(とくに砂漠化)、災害、アジア、中国 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
中国環境ハンドブック 2011-2012  中国環境問題研究会編  蒼蒼社  6-7  2011/08  978-4883601011
中国の水土流失―史的展開と現代の転換点(現代中国地域研究叢書)  松永光平  勁草書房  2013/07  978-4326348954
アジアの持続可能な発展に向けて―環境・経済・社会の視点から(慶應義塾大学東アジア研究所叢書)  厳網林、田島英一編  慶應義塾大学出版会  213-230  2013/12  978-4766421057
一覧表示...

論文
中国黄土高原の結婚式─伝統と変容の一断面─  賈瑞晨、佐藤廉也、縄田浩志、松永光平、劉国彬、張文輝、山中典和  比較社会文化 : 九州大学大学院比較社会文化学府紀要  17, 17-35  2011/03  1341-1659
Drainage density, Rainfall, and Vegetation on the Chinese Loess Plateau  Kohei Matsunaga  Transactions, Japanese Geomorphological Union  32/ 2, 129-136  2011/04  03891755
Problems concerning the environmental history of the Chinese Loess Plateau  Kohei Matsunaga, Dapeng Yue, and Tatsunori Kawasumi  Ts’ui-jung Liu ed. "Environmental History in East Asia: Interdisciplinary Perspectives" Routledge  126-130  2013/12  978-0415717700
一覧表示...

研究発表等
中国黄河中流域黄土高原における環境変化と人間活動  立命館大学地理学会  2015/11/28
中国の乾燥域における生業転換と環境変化  鳥取大学乾燥地研究センター共同研究発表会  2015/12/06
広州市海珠区新洲村調査報告  2015広州ワークショップ:フィールド調査に基づいて広州の地域構造を考える  2015/12/20
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

教育活動
追手門学院 模擬講義 環境地理学  2015/07-2015/07
一覧表示...
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
地理学、環境史、自然地理学、環境地理学