English
生命科学部  /
生命情報学科

 モウリ   クラト   (男)
 毛利    蔵人   助教
 KURATO   MOHRI

■出身大学院・出身大学他
1995/04  千葉大学  理学部  生物学科
2001/03  千葉大学大学院  自然科学研究科  生命資源科学専攻  博士課程後期課程  修了
■取得学位
博士(理学) (2001/04 千葉大学)  
■職歴
2001/06/01-2004/05/31  エモリー大学(アメリカ合衆国)医学部病理学科・研究員
2004/06/01-2005/03/31  独立行政法人理化学研究所、発生再生総合研究センター・研究員
2005/04/01-2010/06/30  京都大学大学院理学研究科、生物物理学系・研究員
2010/07/01-2015/03/31  筑波大学生命環境系・助教、研究員
■所属学会
日本発生生物学会  
日本分子生物学会  
日本細胞性粘菌学会  
■研究キーワード
形態形成、細胞分化、多細胞生物、細胞性粘菌、形態多様性 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

論文
Dynamic Transport and Cementation of Skeletal Elements Build Up the Pole-and-Beam Structured Skeleton of Sponges.  Nakayama S, Arima K, Kawai K, Mohri K, Inui C, Sugano W, Koba H, Tamada K,Nakata YJ, Kishimoto K, Arai-Shindo M, Kojima C, Matsumoto T, Fujimori T, AgataK, Funayama N.  Curr Biol.  25/ 19, 2549-54.  2015/10
Comparative genome and transcriptome analyses of the social amoeba Acytostelium subglobosum that accomplishes multicellular
development without germ-soma differentiation.  Urushihara H, Kuwayama H, Fukuhara K, Itoh T, Kagoshima H, Shin-I T, Toyoda A, Ohishi K, Taniguchi T, Noguchi H, Kuroki Y, Hata T, Uchi K, Mohri K, King JS, Insall RH, Kohara Y, Fujiyama A.  BMC Genomics.  16:80  2015/02
Defects in the synthetic pathway prevent DIF-1 mediated stalk lineage specification cascade in the non-differentiating social amoeba  Mohri K, Hata T, Kikuchi H, Oshima Y, Urushihara H.  Acytostelium subglobosum.  3/ 6, 553-60  2014/05
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  生化学実験  実験・実習・実技
2017  生命情報学実験2  実験・実習・実技
2017  分子生物学実験  実験・実習・実技
一覧表示...
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
細胞生物学
発生生物学