English
顔写真
情報理工学部  /
情報理工学科

 ハギワラ   ヨシノブ   (男)
 萩原    良信   助教
 YOSHINOBU   HAGIWARA

■出身大学院・出身大学他
2003/03  創価大学  工学部  情報システム学科  卒業
2005/03  創価大学大学院  工学研究科  情報システム学専攻  博士課程前期課程  修了
2010/09  創価大学大学院  工学研究科  情報システム学専攻  博士課程後期課程  修了
■取得学位
博士(工学) (2010/09 創価大学)  
■職歴
2006/04/01-2010/09/30  創価大学 非常勤講師
2010/10/01-2013/03/31  創価大学工学部 助教
2013/04/01-2015/03/31  国立情報学研究所情報学プリンシプル研究系 特任研究員
2015/04/01-  立命館大学情報理工学部 助教
■委員歴
2014/04-2015/03  RoboCup Japan Open 2014 実行委員会  委員
2015/04-2016/03  RoboCup Japan Open 2015 実行委員会  委員
2015/07-2017/12  計測自動制御学会 システム・情報部門 記号創発システム論調査研究会  幹事
2015/11-  RoboCup @Home Education委員会  幹事
2016/04-2017/03  RoboCup Japan Open 2016 実行委員会  委員
2017/04-2018/03  RoboCup Japan Open 2017 実行委員会  委員
2017/04-2018/03  SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration  Associate Editor
2017/08-2018/07  RoboCup federation  RoboCup 2018 Organizing Committee Member
2017/08-2018/07  経済産業省 NEDO World Robot Summit 競技委員会  委員
■所属学会
日本ロボット学会  
電気学会  
電子情報通信学会  
ロボカップ日本委員会  
計測自動制御学会  
人工知能学会  
■研究テーマ
マルチモーダル情報に基づくベイズ生成モデルによる空間概念形成
■研究概要
空間概念形成
空間概念形成

マルチモーダル情報に基づくベイズ生成モデルによる空間概念形成

 人の生活を支援するロボットが家庭環境においてボトムアップに空間の概念を形成する計算論モデルを構築し、人の生活支援に欠かす事のできない意味に基づく言語的コミュニケーションを通したサービスの提供を可能とする。空間の概念は、ロボットが環境から獲得した画像、言語、位置などのマルチモーダル情報に基づいたベイズ生成モデルにより形成される。確率的な推論による未観測情報の予測により、人間との自然なインタラクションが可能となる。
■研究キーワード
クラウドロボティクス、ヒューマンロボットインタラクション、ロボットビジョン、知能ロボティクス 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

論文
Learning Relationships between Objects and Places by Multimodal Spatial Concept with Bag of Objects  Shota Isobe, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, and Tadahiro Taniguchi,  The Ninth International Conference on Social Robotics (ICSR 2017)  2017/11
Online Spatial Concept and Lexical Acquisition with Simultaneous Localization and Mapping  Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, and Tetsunari Inamura,  IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2017)  2017/09
Unsupervised Learning for Spoken Word Production based on Simultaneous Word and Phoneme Discovery without Transcribed Data  Yusuke Miyuki, Yoshinobu Hagiwara and Tadahiro Taniguchi,  7th Joint IEEE International Conference on Development and Learning and on Epigenetic Robotics (ICDL2017)  2017/09
一覧表示...

研究発表等
Double touchにより得られた触覚情報を用いた身体のリンク長の推定  第35回日本ロボット学会学術講演会  2017/09/13
マルチモーダル情報に基づく階層的場所概念形成  第31回人工知能学会全国大会(JSAI2017)  2017/05/26
ノンパラメトリックベイズモデルとSLAMの統合による地図と場所概念の逐次学習  第31回人工知能学会全国大会(JSAI2017)  2017/05/26
一覧表示...

その他研究活動
「TanichuClusterチームの研究開発紹介」  ロボカップ日本委員会 @Home Education講習会 講師  2016/12/10-2016/12/10
「ロボットは場所の概念を獲得できるか」  立命館大学 ライスボールセミナー 講師  2016/06/24-2016/06/24
「生活支援ロボットのための場所概念の獲得」  立命館大学 AI WEEK 講師  2016/06/03-2016/06/03
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

共同・受託研究実績
人が理解可能な空間概念獲得技術に関する研究  2017/04-2018/03  共同研究  分担
人が理解可能な空間概念獲得技術に関する研究  2016/08-2017/03  共同研究  分担
ロボットを活用した場所概念の獲得の研究  2016/04-2018/03  共同研究  代表
一覧表示...

受賞学術賞
ロボカップ日本委員会  RoboCup Japan Open 2017 @Home Simulation League, Team "Duckers", Third place  2017/05
ロボカップ日本委員会  RoboCup Japan Open 2017 @Home Education League, Team "Ri-one & Duckers", Third place  2017/05
ロボカップ日本委員会  RoboCup Japan Open 2016 @Home Education League, Team "Tanichu Cluster", Finalist award  2016/03
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2016  知能情報学実験2:ロボット実験  実験・実習・実技
2016  知能情報処理演習1:科学技術計算  演習
2016  知能情報学実験1:電子回路実験  実験・実習・実技
一覧表示...
■関連URL
 個人ホームページ
 Duckers:Team of RoboCup@Home
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
ヒューマンインターフェース・インタラクション
知能情報学
知能ロボティクス
計測工学