English
映像学部  /
映像学科

 サイトウ   シンヤ   (男)
 斎藤    進也   准教授
 Shinya   SAITO

■兼務所属(本学内)
映像研究科
衣笠総合研究機構   /
人間科学研究所
衣笠総合研究機構   /
アート・リサーチセンター
OIC総合研究機構   /
地域情報研究所
■出身大学院・出身大学他
2001/03  立命館大学  経済学部  経済学科  卒業
2003/03  立命館大学大学院  政策科学研究科  政策科学専攻  博士課程前期課程  修了
2008/03  立命館大学大学院  政策科学研究科  政策科学専攻  博士課程後期課程  修了
■取得学位
博士(政策科学) (2008/03 立命館大学大学院政策科学研究科)   修士(政策科学) (2003/03 立命館大学大学院政策科学研究科)  
■職歴
2003/04/01-2006/03/31  立命館大学政策科学研究科・助手
2007/04/01-2009/03/31  滋賀県立大学・非常勤講師
2008/04/01-2011/03/31  立命館大学衣笠総合研究機構・ポストドクトラルフェロー
2009/04/01-2016/03/31  立命館大学・非常勤講師
2012/12/01-2016/03/31  立命館大学立命館グローバルイノベーション研究機構・ポストドクトラルフェロー/専門研究員
2016/04/01-  立命館大学映像学部・准教授
■所属学会
情報処理学会  
日本デザイン学会  
情報文化学会  
経営情報学会  
法と心理学会  
■免許・資格
原動機付自転車免許  (1996)    普通自動車免許  (1998)   
■研究テーマ
人文社会科学へのデータ視覚化技法の応用に関する研究
データマイニングを用いたネットワーク・コミュニティの分析
データベース活用を支援する3次元グラフィカルユーザインターフェースの開発
■研究概要
①人文社会科学へのデータ視覚化技法の応用に関する研究 ②データマイニングを用いたネットワーク・コミュニティの分析

 ①人文社会科学へのデータ視覚化技法の応用に関する研究
本研究では、人文学や社会科学の研究プロセスを支援するための
データ視覚化(Data visualization)やインフォグラフィックスの技法の独自開発をおこなう。
多くの研究において、データの分析は、知見を導出するために不可欠のプロセスだといえる。
高度情報化時代にあって、各種学術データベース自体は充実傾向にあるが、膨大に蓄積された情報を
把握し活用するためのモデルについては、十分に議論が成熟していない。
本研究では、そうした背景に鑑み、3次元CGやインタラクティブな操作機能などを導入したデータ視覚化環境を構築する。


②データマイニングを用いたネットワーク・コミュニティの分析
インターネットを媒介し形成されるコミュニティにおける組織原理に関する知見を導出する。
高度情報化社会にあって、人間関係や知識交換のあり方が変容している。
本研究では、データ科学的なアプローチから、ネット上のコミュニケーション・ログを解析することで、あらたな協働のモデルについて分析をすすめる。
いわゆる、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の言説分析から、デジタルゲームにおけるユーザーのプレイ形態の分析まで幅広く対象にすることができる柔軟性の高い研究メソッドの開発を目指している。
■研究キーワード
情報学、データ・ビジュアライゼーション、インフォグラフィックス、デジタルヒューマニティーズ、ゲームスタディーズ、難易度工学、質的研究法、データマイニング、法と心理学、政策科学、情報社会論、ネットワーク組織論 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
Towards social application and sustainability of digital archives: The case study of 3D visualization of large-scale documents of the great Hanshin-Awaji earthquake  n Jieh Hsiang (Ed.) "Essential Digital Humanities: Defining Patterns and Paths", National Taiwan University Press  213-230  2012/11  978-986-03-4236-9
Web技術と視覚表現:e-リサーチの視点から, デジタル・ヒューマニティーズ研究とWeb技術  ナカニシヤ出版  25-44  2012/03  978-4-7795-0583-6
A Platform for Visualizing and Sharing Collective Cultural Information  In Jieh Hsiang (ed.), From Preservation to Knowledge Creation: The Way to Digital Humanities  169-182  2011/11
一覧表示...

論文
質的データの可視化支援ツール「NARREX」の開発
— KJ法経由のTEMとそれをサポートする方法について —  斎藤進也、安田裕子、隅本雅友、菅井育子、サトウタツヤ  立命館人間科学研究 第38号  38, 111-119  2019/01  1346-678X
「コミッチケーション」によるソーシャルログの視覚化と共有 -「トイレ型UI」の設計と実装を通じて-  中島理紗、斎藤進也  アート・リサーチ  18  2018
ゲームDBの有用性向上に関する考察ー比較分析のための可視化とメタデータ定義ー  斎藤進也, 福田一史, 飯田和敏  日本デジタルゲーム学会 2015年度年次大会予稿集  260-263  2015
一覧表示...

研究発表等
Development on the Authoring and Playable Platform Based on Omnidirectional Image Data  Replaying Japan 2018  2018/08/22
「トイレ型UI」におけるソーシャルログの可視化と共有 ー「コミッチケーション」の実践を通じてー  情報処理学会, インタラクション2018  2018/03/05
Twitter による刑事司法改革についての意見分析  法と心理学会 第17回大会  2017/10/16
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  クリエイティブ・プロジェクト演習Ⅰ  実験・実習・実技
2017  クリエイティブ・プロジェクト演習Ⅱ  実験・実習・実技
2017  インタラクティブ映像制作実習Ⅰ  演習
一覧表示...
■Eメールアドレス
  
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
ヒューマンインターフェース・インタラクション
ウェブ情報学・サービス情報学
図書館情報学・人文社会情報学
デザイン学
データ科学
インフォグラフィックス