English
総合心理学部  /
総合心理学科

 ヤスダ   ユウコ   (女)
 安田    裕子   准教授
 Yuko   YASUDA

■兼務所属(本学内)
衣笠総合研究機構   /
人間科学研究所
衣笠総合研究機構   /
生存学研究所
■出身大学院・出身大学他
 立命館大学大学院  文学研究科  心理学専攻  博士課程後期課程  中退
 立命館大学大学院  応用人間科学研究科  応用人間科学専攻  修士課程  修了
 関西大学  文学部  教育学科  卒業
 大阪府立四條畷高等学校  卒業
■取得学位
修士(人間科学) (2004/03 立命館大学)   博士(教育学) (2010/03 京都大学)  
■職歴
1997/04/01-2002/03/31  クリスタ長堀株式会社
2003/04/01-  おおさか介護サービス相談センター 専門相談員
2004/04/01-  女性ライフサイクル研究所/フェリアン 臨床心理士
2005/04/01-2010/03/31  京都大学大学院教育学研究科教育方法学講座発達教育分野 21世紀COE教務補佐員/教務補佐員
2006/05/01-2011/03/31  大阪府寝屋川市立第八中学校 スクールカウンセラー
2010/04/01-2011/03/31  京都大学大学院教育学研究科教育方法学講座発達教育分野 研究員(科学研究)
2011/04/01-2014/03/31  立命館大学衣笠総合研究機構 専門研究員
2014/04/01-2015/03/31  立命館大学グローバル・イノベーション研究機構 特別招聘研究教員(准教授)
2015/04/01-2016/03/31  立命館大学 文学部 准教授
2016/04/01-  立命館大学 総合心理学部 准教授
2019/04/01-2019/08/31  オールボー大学 文化心理学センター 客員研究員
■委員歴
2007/09-2009/11  立命館大学大学院応用人間科学研究科校友会  監査役
2010/11-2016/03  日本質的心理学会  会務委員
2011/08-2013/07  日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員
2012/12-2013/02  日本質的心理学会  選挙管理委員
2013/02-2015/01  日本発達心理学会  国内研究交流委員
2015/02-  日本心理学会  専門別代議員(第3部門)
2015/10-  対人援助学会  常任理事
2015/12-2016/02  日本質的心理学会  選挙管理委員
2015/12-2017/11  日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員(審査委員)
2016/04-2019/03  日本質的心理学会  『質的心理学研究』編集委員
2016/04-  日本質的心理学会  常任理事(会務委員長)
2018/06-  対人援助学会  『対人援助学研究』編集委員
2018/07-2019/06  日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員、卓越研究員候補者選考委員会書面審査員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員
2018/12-2019/02  日本質的心理学会  選挙管理委員
2019/04-2022/03  日本質的心理学会  『質的心理学研究』査読委員
■所属学会
日本心理学会  
日本心理臨床学会  
日本質的心理学会  
日本コミュニティ心理学会  
日本発達心理学会  
対人援助学会  
法と心理学会  
■免許・資格
財団法人日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士  (2005)    公認心理師  (2019)   
■研究テーマ
生殖の危機に直面した女性の選択と経験
質的研究の方法論 複線径路等至性アプローチ(Trajectory Equifinality Approach)の開発
DV被害者母子へのコミュニティ支援
被害にあった子どもへの司法面接における多職種連携と臨床心理学的アプローチ
■研究概要
臨床心理学・生涯発達心理学の研究

 生殖から始まるライフサイクルにおける、危機と回復に関する質的アプローチによる研究
■研究キーワード
生殖、生涯発達、危機と回復、DV被害、 質的研究法、ナラティヴ、複線径路等至性アプローチ 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
TEA(複線径路等至性アプローチ)(サトウタツヤ・春日秀朗・神崎真実(編),ワードマップ 質的研究法マッピング)  安田裕子  新曜社  16-22  2019/09
本書が拓く新しい視角―保育実践研究がもたらすTEAの新展開(中坪史典(編),複線径路・等至性アプローチ(TEA)が拓く保育実践のリアリティ)  安田裕子  特定非営利活動法人ratik  428-431  2019/07  978-4-907438-32-6
不妊とストレス(徳田完二・竹内健児・吉沅洪(編),メンタルヘルスの道案内―現代を生きる30章)  安田裕子  北大路書房  88-89  2019/01  978-4-7628-3049-5
一覧表示...

論文
司法面接と心身のケアの連携を促進する研修プログラムの開発  田中晶子・安田裕子・上宮愛  子どもの虐待とネグレクト  21/ 3, 98-101  2019/12
法と心理学会第19回大会 ワークショップ 虐待を受けた子どもへの包括的支援を考える―「捜査とケア」二者択一から両立へ  田中晶子・安田裕子・上宮愛・片岡笑美子・鈴木聡・西部智子・仲真紀子  法と心理  19/ 1, 1-7  2019/11
質的データの可視化支援ツール「NARREX」の開発―KJ法経由のTEMとそれをサポートする方法について  斎藤進也・安田裕子・隅本雅友・菅井育子・サトウタツヤ  立命館人間科学研究  38, 111-120  2019/01
一覧表示...

研究発表等
質的研究(TEM)の実習デザイン―5日間で伝わること・伝わらないこと  日本質的心理学会第16回大会  2019/09/21
自動車・顧客を対象としたTEA(Trajectory Equifinality Approach)―質的分析による未来ものづくりの可能性  日本質的心理学会第16回大会  2019/09/21
ものづくりと質的研究方法論の再考―「ものづくり」から見た質的研究の期待と展望  日本質的心理学会第16回大会  2019/09/21
一覧表示...

その他研究活動
The qualitative analysis of the process and transition about woman’s infertile experience with TEA(Trajectory Equifinality Approach): Focusing on the change of sense of values(セミナーでの発表)  Sigmund Freud PrivatUniversität Berlin, Belrin, Germany, Cultural Psychology Lecture at the SFU Berlin  2019/07/01-2019/07/01
The transformation of value of a Japanese woman's infertile experience: with Trajectory Equifinality Modeling (TEM)(ポスター発表)  University of Luxembourg, Belval Campus, Belval, Luxembourg, University of Luxembourg Second Annual Summer School on Cultural Psychology, "CULTURAL PSYCHOLOGY AND HUMAN DEVELOPMENT IN THE LIFE COURSE: Cultural Psychology as an Interdisciplinary Synthesis"  2019/06/19-2019/06/19
アンコンシャス・バイアス研究へのいくらかのサジェスチョン(指定討論)  大阪市・関西大学、アンコンシャス・バイアス研究会 第1回研究会  2019/03/09-2019/03/09
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
「司法面接と心理臨床の連携」  国立研究開発法人科学技術振興機構 受託研究  2015/11  2018/03  代表
精子・卵子・胚の提供による不妊治療で生まれる子どもとその親の,親子関係の築きと心理社会的サポートの検討  財団法人小平記念日立教育振興財団・家庭教育研究奨励金  2005  2007  代表
一覧表示...

受賞学術賞
日本学術振興会  日本学術振興会平成24年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)の表彰  2013/08
 2012年度立命館大学ポストドクトラルフェロープログラム研究奨励金  2012/05
日本質的心理学会  第1回日本質的心理学会 学会賞 優秀理論論文賞  2009/09
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  基礎実験実習Ⅰ  実験・実習・実技
2017  基礎実験実習Ⅱ  実験・実習・実技
2017  心理アセスメント実習Ⅰ  実験・実習・実技
一覧表示...

教育活動
兵庫県立星陵高等学校 模擬講義「キャリアをとらえる心理学―生涯発達における危機と回復の観点から」  2017/11-2017/11
ビデオ教材の撮影「PTSDと被害の心理」「被害者支援と支援者支援」、JMOOC講座 立命館大学「法心理・司法臨床―法学と心理学の学融」  2017/10-2017/10
メンタルヘルス研修―心身ともに健やかに働くために(2017年度新人研修(中途採用))  2017/10-2017/10
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
信頼と希望と展望をもって
  人が生きる過程において、困難な課題や危機的な状況に遭遇しながらも、乗り越えていく力に魅せられ励まされ心動かされながら、研究と実践を行っています。
 みなさんもこれまで、大なり小なり、大変なことに直面してきた経験をおもちではないでしょうか。そしてこれからも、向き合ってもなおそびえ立つ高く厚い壁にうなだれたり、失敗が繰り返されるようなことがあるかもしれません。果敢に取り組めば取り組むほどに、高い目標をもてばもつほどに、大変な思いをするのかもしれませんね。
 私が学生の頃、運転免許を取得したいと教習所に通うなかで、緊張してうまくハンドル操作ができないでいた時のこと。「はい、目線をあげて、先の方を見てね」と言われ、そのようにすると、スーッと身体から力が抜けてリラックスできたような感覚を、そしてうまく運転ができたことを、今でもよく覚えています。誰しも目の前のことに注力しがちでしょうが、ちょっと遠くの目標を見渡すことで、フッと視界が拓けて、見えなかったことが見えてくるようなことが、あるように思います。
 押しても引いてもうまくいかなければ、一息つくとよいでしょう。他のことに切り替える選択もありでしょう。自分の軸と将来に向かう展望を大切にしていれば、そうした目標に到達する道がいくつか見えてくるのではないでしょうか。もっともそれは、安心して自身のタスクやミッションに向き合えるような、安全な社会基盤の形成と拡充が必要でしょう。自らの未来に拓かれる展望をしっかりと大切にして歩み進めていくとともに、他者の展望もまた同じように尊重しつつ、他方で、人が、世界と未来に信頼と希望と展望をもって生きていけるようなよりよい社会の実現に向けて、できることをやってきたいと思います。
■関連URL
 複線径路・等至性アプローチ
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
臨床心理学
教育心理学