English
文学部  /
地域研究学域

 カワスミ   ナオミ   (女)
 河角    直美   准教授
 Naomi   KAWASUMI

■兼務所属(本学内)
文学研究科
衣笠総合研究機構   /
歴史都市防災研究所
衣笠総合研究機構   /
アート・リサーチセンター
衣笠総合研究機構   /
環太平洋文明研究センター
■出身大学院・出身大学他
2000/03  立命館大学  文学部  地理学科 地理学専攻  卒業
2006/09  立命館大学大学院  文学研究科  地理学専攻  博士課程後期課程  修了
■取得学位
博士(文学) (2006/09 立命館大学)  
■職歴
2006/10/01-2008/03/31  立命館大学COE推進機構 ポストドクトラルフェロー
2008/04/01-2010/03/31  立命館大学衣笠総合研究機構 ポストドクトラルフェロー
2010/04/01-2016/03/31  立命館大学文学部 非常勤講師
2010/04/01-2016/03/31  京都女子大学 非常勤講師
2010/10/01-2012/03/31  立命館大学衣笠総合研究機構 ポストドクトラルフェロー
2013/10/01-  京都造形芸術大学 非常勤講師
2016/04/01-  立命館大学 文学部 地域研究学域 京都学専攻 准教授
■委員歴
2011/03-2014/05  2013年京都国際地理学会議組織委員会  財務委員
■所属学会
日本地理学会  
人文地理学会  
歴史地理学会  
日本建築学会  
京都民俗学会  
近畿民具学会  
■免許・資格
博物館学芸員  (2000)   
■研究テーマ
近代京都を対象とした景観の復原と変遷に関する研究
歴史GISを用いたデジタル人文学
近代日本における環境と人間との関係史
日本における歴史災害研究
■研究概要
近代日本を対象とした歴史地理学、歴史GISを用いたデジタル人文学の展開。

  歴史GISを活用した近代日本の景観の復原と変遷に関する研究。景観を読み解くことで、近代京都の都市史、自然と人間との関係性、災害への対応について検討している。またデジタル人文学にも関心を持ち、京都における高度成長以前の暮らしに関する記憶のデジタルアーカイブにも取り組んでいます。「京都」という場所に関わる様々な分野との学際的研究の実践を目指しています。
■研究キーワード
歴史地理学、歴史GIS、近代都市史、環境史、災害史 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

論文
明治中期における京都旅行―与謝野晶子の記録から―  河角直美  立命館文学  650, 78-88  2017
近代京都の景観と金閣寺  河角直美  立命館言語文化研究  28/ 3, 41-48  2017
記憶地図から読む地域の景観の歴史―仁和寺門前地域を例に―  河角直美・板谷直子・中谷友樹・佐藤弘隆・谷崎友紀・前田一馬  ランドスケープ研究  81/ 1, 22-25  2017
一覧表示...

研究発表等
WebGISを用いた戦後京都の記憶のアーカイブとその課題  地理情報システム学会第24回学術研究発表大会  2015
『京都市明細図』と京都市の都市計画履歴  地理情報システム学会第23回学術研究発表大会  2014
“Landscape Reconstruction of Modern Kyoto using “Large-scale Maps of Kyoto City”  IGU 2013 Kyoto Regional onference, Japan  2013
一覧表示...

その他研究活動
「京都市明細図」に描かれた近代京都の街並み  立命館土曜講座『昭和京都の景観を読む』(第3114回)  2014-
近代京都の景観と街並みを再現する―「京都市明細図」のデジタル化から  立命館土曜講座『日本文化デジタル・ヒューマニティーズの新たな展開』(第2983回)  2011-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
山村における生業の複合からみた人々の環境への適応に関する地理学的研究  日本科学協会、笹川科学助成  2001/04  2002/03  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     GISデータベースを用いた歴史都市京都の災害履歴と土地開発に関する研究   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  プロジェクト演習Ⅲ  演習
2017  プロジェクト演習Ⅳ  演習
2017  京都学フィールドワークⅠ  演習
一覧表示...

教育活動
立命館大学オープンキャンパス2017 文学部模擬講義  2017/08-2017/08
立命館大学文学部アカデミック・プログラム 夏期セミナー  2017/07-2017/07
立命館大学オープンキャンパス2016 文学部模擬講義  2016/08-2016/08
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
京都学・デジタル人文学による環境と人間との関係を読み解く
  デジタル人文学は新しい学問分野ですが、そこでは学際的な研究の実践が可能であると考えます。歴史地理学の手法にGISを用いながら、過去の景観を復原し、またその後の変遷を捉えることで、環境と人間との関係史、都市の開発史を検討してきました。
 既存の研究手法にGISを活用することで、既存の歴史観や社会観を踏まえつつもそこにとらわれない視点をもつことができると考えます。また、京都という場を中心とすることで、その場に絡む多様な問題に関わる分野が学際的な研究を目指すことが可能であると思います。
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
地理学
地域研究
人文地理学