著書
公開件数:35件
No. 学内分類 書名・タイトル 共著者名 出版社名 担当頁 出版年月 ISBN
1 著書
認知症の疫学とエビデンス;認知症plus転倒予防
金森雅夫
日本看護協会出版会
229-232
2019/03
978-4-8180-2180-8
2 著書
人口統計からみた認知症. 鈴木みずえ・酒井郁子編パーソン・センタード・ケアでひらく『認知症看護の扉』pp182-186,
金森雅夫
南江堂 2018
182-186
2018/01

3 著書
社会・環境と健康 改訂第5版
金森雅夫
南江堂
100-108
2017/03
978-4-524-25968-7
4 著書
健康運動指導士養成テキスト:e-ラーニング「運動と免疫能」
金森雅夫
体力・健康づくり財団

2017/03

5 著書
転倒予防戦略.転倒予防及び認知症高齢者の将来推計に関する研究:「転倒白書」日本転倒予防学会武藤芳照・鈴木みずえ・原田敦編著:
金森雅夫
日本医事新報社、東京
201-205
2016/06

6 著書
『認知症者の転倒予防とリスクマネジメント』
武藤芳照、鈴木みずえ編 改訂第2版 金森雅夫 「WHOのアクティブ・エイジング・フレームワークと転倒予防の関連」 「WHOレポート『認知症:公衆衛生上のプライオリティ』
日本医事新報社

2015

7 著書
『転倒・転落予防のベストプラクティス』
鈴木みずえ編 金森雅夫「転倒・転落の主な原因とアセスメント・対策」pp12-28,「ベッドサイドでできる運動プログラム」pp171-172
南江堂

2013

8 著書
Das7.Deutsch-Japanische Sportwissenschaftliche Symposium
Toshiyuki Ichiba編 Masao Kanamori, Tomoharu Nakano, Nozumu Inoue, Toshikazu Shibata "Bicycling and health benefits: A long-distance cycling on Biwa Lakeside, Shiga, Japan"
Hilltop Press Tokyo

2012

9 著書
Alzheimer’s Trends
A.P. Chan編集,Chapter II " Evidence-based Care Intervention Aimed at Reducing Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia (BPSD) amond Elderly with Dementia using the Progressively Lowered Stress Threshold Model" pp. 17-22
Nova Science Publishers, NY, USA
 
2013

10 著書
『健康づくり政策への多角的アプローチ』
河合美香編集 金森雅夫:気候変動とスポーツ活動に伴う健康被害. p246
ミネルバ書房

2015

11 著書
『公衆衛生の現場(スポーツ学のすすめ)』
金森雅夫:「公衆衛生の現場」 pp.8-12
大修館書店

2008

12 著書
『統計学-第二部点字・デイジー図書(CD)』
障碍者用の点字図書 執筆:金森雅夫 本田靖 pp.1-177
国立大学学校法人 筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター

2008

13 著書
Proceedings 2003 IEEE International Symposium on Computational Intelligence in Robotics and Automation
Masao Kanamori, Mizue Suzuki, Hajime Oshiro, Hamamatu AAT Members "Pilot study on improvement of quality of life among elderly using a pet-type robots " pp.107-113
IEEE: The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc

2003

14 著書
『スタンダード公衆衛生学』
真野喜洋編 担当:「生活習慣病の体質」 pp.165-168
文光堂,東京

2002

15 著書
The Proceedings of 4th International Gastric Cancer Congress
(editors F. Murray, S. Martin)執筆:M. Kanamori , A.H Schnell, M. Inoue , Y. Yamamura, K. Shinmura, J. Yokota, K. Tajima, R.C. Elston, H. Sugimura "Segregation analysis on gastric cancerin Japan" pp.617-622
Monduzzi Editore, Bologna, Italy

2001

16 著書
Proceedings of the International workshop on health indicator development toward the 21st century, Japan and Korea
M. Kanamori, M. Suzuki "A longitudinal research on aging change in blood pressure among the healthy elderly in Japan"pp.201-203
Japan International Science and Technology Exchange Center

2000

17 著書
『疫学ハンドブック重要疾患の疫学と予防』
日本疫学会編 担当部分:「パーキンソン病」 pp.245-248
南江堂

1998

18 著書
Neurology and Public Health inJapan
K. Kondo, M. Kanamori, S. Kawamura, N. Sakuragawa, T. Takasu, T. Sato編: 著者:M. Kanamori, T. Izuno, M. Sugita, K. Kondo 担当部分:"Recent trends inmortality and number of patterns for neurological diseases and it's relateddiseases in Japan" pp.11-26
World Heath Organization, Geneva

1998

19 著書
『保健統計学』
今泉洋子,稲葉裕編 担当部分:「通常疾患の遺伝疫学」 pp.51-70
培風館

1997

20 著書
『家族性乳癌』
阿部力哉,野水整,土屋敦雄編 担当部分:第7章「乳癌集積家系」 第8章「家族性乳がんの年齢別分離比およびオッズ比」 pp.75-95
篠原出版

1996

21 著書
Indoor Air'96
編者:S. Yoshizawa, K. Kimura,K. Ikeda, S. Tanabe ,T. Iwata著者:M. Sugita, T. Izuno,M. Kanamori "Per capita national income and summarized odds ratio for epidemiologic studies on relationship between passive smoking and lung cancer" pp.331-336
The Proceedings of 7th International Conference on Indoor Air Quality And Climate, Tokyo

1996

22 著書
『老化に関する縦断的研究マニュアル』
葛谷文雄編 担当部分:「データ解析とその問題点」 pp.15-34
診断と治療社

1996

23 著書
『公衆衛生看護学大系 健康管理論』
田中平三編 担当部分:「老年性痴呆」 pp.146-149
日本看護協会出版会

1995

24 著書
統計学
金森雅夫、本田靖
医学書院

1995/03
978-4-260-35343-4
25 著書
Indoor Air Quality in Asia
編者:G.B. Leslie, K.J. Leslie, J. Huang ,Y. Qin著者:Sugita.M,Izuno.T,Kanamori.M担当部分:A calculation of summarized odds ratios      for epidemiological studies on the relationship between passive smoking and lung cancer pp.45-54
The Proceedings of 2nd International Conference on Indoor Air Quality andClimate, Beijing, China

1994

26 著書
Recent Advances in Aging Sciences
編者:E. Beregi, I.A. Gergely K.Rajczi 著者:M. Kanamori,M. Sugita 担当部分:"Longitudinal individual changes on the results of hematological laboratory tests for accurate detection of normal aging" pp.1437-1442
Monduzzi Editore, Bologna, Italy

1994

27 著書
Recent Advancein Aging Sciences
編者:E. Beregi, I.A. Gergely, K. Rajczi著者:M. Kanamori, K. Kondo, K. Isse, K. Shido, M. Niino, M. Sugita,M. Kobayashi 担当部分:"Epidemiologicalresults of risk factors for senile dementia of Alzheimer type in two districts of Japan" pp.673-676
Monduzzi Editore,Bologna, Italy

1994

28 著書
Symposium in NeuroepidemiologyDisease Pattern in Pakistan. 12th Annual symposium
"Epidemiology data management system" pp.29-36 "Mortality and morbidity of neurological disorders in Japan and Asian Countries"pp.37-40
Dow Medical College, Karachi, Pakistan

1994

29 著書
『ToxicologyToday-中毒学から生体防御の科学へ』
佐藤洋編 担当部分:「中毒と統計学」 pp.352-368
金芳堂

1994

30 著書
『国際長寿科学シンポジウム-長寿の時代を心豊かに生きる』
編者:長寿科学振興財団 担当部分:「日本の老化縦断研究の目標と方法についての一考察」 pp.165-169
長寿科学振興財団

1993

31 著書
『JINスペシャル看護研究法』
早川和夫編 担当部分:「研究費の調達法」 pp.138-141
医学書院

1991

32 著書
『栄養・健康科学シリーズ公衆衛生学』
田中平三編 担当部分:「母子保健」 pp.75-88
南江堂

1991

33 著書
Eastern Seaboard : A challenge of theirMutual Cooperation towards the Healthier Industrialization ofThailand
編者:T. Takano, S. Wansorn 著者:M. Kanamori "Population and trends in migration in the eastern seaboard area" pp.71-90
Mahidol University Press,Bangkok, Thailand

1990

34 著書
『肝硬変・肝癌死亡の統計学的研究』
1-36p
『国立公衆衛生院報告昭和62年研究課程修了論文集』

1988

35 著書
Diabetes1985
編者:M. Serrano-Rios ,P.J. Lefebve 著者:R. Kikkawa, H. Hidaka, Y. Harano, Y. Shigeta, M. Kanamori,J. Katabami "Epidemiology of insulin-dependent diabetes mellitus in a population with high diabetes mortality rate" pp.425-429
Elsevier Science Publishers

1986