English
スポーツ健康科学部  /
スポーツ健康科学科

 テラダ   マサフミ   (男)
 寺田    昌史   講師
 MASAFUMI   TERADA

■出身大学院・出身大学他
2008/05  米国州立ネブラスカ大学カーニー校  運動科学学部  アスレティックトレーニング学科  卒業
2010/08  トレド大学 (米国)大学院  運動科学研究科  アスレティックトレーニング専攻  修士課程  修了
2014/05  トレド大学 (米国)大学院  運動科学研究科  博士課程  修了
■取得学位
修士(運動科学 ) (2010/08 トレド大学 (米国))   博士(運動科学 ) (2014/05 トレド大学 (米国))  
■職歴
2008/08/01-2010/05/31  オハイオ州オレゴン市カーディナルストリッチ高校: ヘッドアスレティックトレーナー
2010/08/01-2014/05/31  トレド大学病院
2010/08/01-2014/05/31  オハイオ州トレド市スコット高校: ヘッドアスレティックトレーナー
2014/07/01-2016/03/25  米国州立ケンタッキー大学 大学院健康科学・リハビリテーション学研究科 博士研究員
■委員歴
2013/10-2014/04  トレド大学 (米国)  健康科学部キネシオロジー学科教員採用委員会
2015/03-  アスレティックトレーナーズ変形性関節症協会  パブリック・リレーションズ委員会
2016/06-2017/03  日本アスレティックトレーナーズ機構  第18回 JATOアスレティックトレーニングシンポジウム2017 シンポジウム委員会
2017/06-2018/03  日本アスレティックトレーナーズ機構  第19回 JATOアスレティックトレーニングシンポジウム2018 シンポジウム委員会
2017/07-  日本アスレティックトレーナーズ機構  研究・教育委員会
■所属学会
全米アスレティックトレーナーズ協会  
アメリカスポーツ医学会  
日本アスレティックトレーナーズ機構  
アスレティックトレーナーズ変形性関節症協会  
日本バイオメカニクス学会  
日本アスレティックトレーニング学会  
国際バイオメカニクス学会  
■免許・資格
全米アスレティックトレーナーズ協会資格認定委員会(NATA-BOC)公認アスレティックトレーナー  (2008)    オハイオ州作業療法士・理学療法士・アスレティックトレーナー免許委員会  (2008)    ケンタッキー州医療免許委員会アスレティックトレーナー免許  (2014)   
■研究テーマ
Effects of Aging and Ankle Injury on Postural Control and White Matter Microstructure
Effects of Ankle Injury on Lower Extremity Joint Cartilage Health
Sensorimotor and Biomechanical Consequence of Ankle Injury
■研究概要
Sensorimotor and biomechanical consequence of lower extremity injury

 My research interests center around examining the negative neuromuscular effects of traumatic joint injury and identifying therapeutic approaches capable of combating neuromuscular dysfunction. Much of my current research has evaluated the effects of ankle instability on sensorimotor and biomechanical function and health related quality of life. Additionally, I studied the impact of muscle inhibition on persistent physical and self-reported dysfunction. My future projects look to study the addictive effects of ankle injury on neuromuscular function in an elderly population, and the ability of exercise to promote muscle and joint health in order to minimize the risk of traumatic osteoarthritis development.
■研究キーワード
スポーツ医学、アスレティックトレーニング学、感覚運動、運動神経生理学、関節外傷、慢性足関節不安定症、バイオメカニクス 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
What Is the Role of Proximal Strength and Neuromuscular Training in Ankle Rehabilitation? Question 29. In: Quick questions in ankle sprains, Expert Advice in Sports Medicine, McKeon PO, Wikstrom E (editors).  Gribble PA, Terada M.  SLACK Incorporated  149-153  2015/05  1617118176
一覧表示...

論文
Quantifying Brain White Matter Microstructure of People with Lateral Ankle Sprain.  Terada M, Johnson N, Kosik K, Gribble P.  Med Sci Sports Exerc  51/ 4, 640-646  2019/04  10.1249/MSS.0000000000001848.
Nonlinear Dynamic Measures for Evaluating Postural Control in Individuals With and Without Chronic Ankle Instability  Terada M, Beard M, Carey S, Pfile K, Pietrosimone B, Rullestad E, Whitaker H, Gribble P.  Motor Control  23/ 2, 243-261  2019/04
Decreased perceived ankle and knee joint health in individuals with perceived chronic ankle instability.  Kosik KB, Terada M, McCann R, Thomas A, Johnson N, Gribble P.  Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc.  Epub ahead of print  2018/09  10.1007/s00167-018-5163-4
一覧表示...

研究発表等
Decreased Dynamic Postural Control and Weight-Bearing Dorsiflexion in Young-Adults and Middle-Aged Adults With Chronic Ankle Instability  The National Athletic Trainers' Association 69th Clinical Symposia & AT Expo 2018  2018/06/28
Injury Predictors for Stress Fractures in Female Collegiate Endurance Runners  The National Athletic Trainers' Association 69th Clinical Symposia & AT Expo 2018  2018/06/27
Altered Spinal Refl ex Excitability of the Fibularils Longus Following Acute Lateral Ankle Sprain: Prospective Case Series  The National Athletic Trainers' Association 69th Clinical Symposia & AT Expo 2018  2018/06/27
一覧表示...

その他研究活動
足関節捻挫再発予防のための革新的なアプローチ: A Path to Solution for This Never-Ending Problem  東京大学スポーツ先端科学研究拠点および立命館大学スポーツ健康科学研究センター協同ワークショップ 健康長寿社会をつくる革新的運動プログラムの創出 第2弾 トレーニング研究の最新知見×若手研究者【場所】東京大学 駒場キャンパス 18号館1階ホール  2018/03/29-2018/03/29
スポーツ傷害と予防: スポーツ現場におけるリスクマネージメント  長浜市体育協会表彰式 滋賀県長浜市  2018/03/04-2018/03/04
神経可塑性と呼吸機能に着目したリハビリテーションプロトコル  第12回大阪体育大学スポーツ科学セミナー 大阪府泉南郡熊取町  2017/12/18-2017/12/18
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
An Examination of Corticomotor Plasticity in Individuals with Chronic Ankle Instability  Southeast Athletic Trainers' Association Research Grant Program  2014/03  2015/03  分担
The relationship between changes in neural excitability and neuromuscular control during dynamic tasks in participants with chronic ankle instability  Ohio Athletic Trainers’ Association  2013/12  2014/12  代表
Examining control of the center of mass and lumbo-pelvic-hip kinematics during jump-landing in individuals with chronic ankle instability  Grate Lake Athletic Trainer’s Association Gordy Graham Research Assistance Award  2012/12  2013/12  代表
一覧表示...

受賞学術賞
National Athletic Trainers' Association Research & Education Foundation  NATA Annual Meeting Master Student Poster Presentation Award Winner  2011/06
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  パフォーマンス測定評価実習Ⅱ  実験・実習・実技
2017  研究入門Ⅰ  演習
2017  研究入門Ⅱ  演習
一覧表示...

教育活動
滋賀県高等学校理科研究会生物部会研修会にて「横隔膜が担う多様な役割: 呼吸を深く深く考える」」についての講義および「筋力発揮とTMS」についての実習を行なった  2018/02-2018/02
立命館高校アカデミックディズにて「アスレティックトレーニング入門: 呼吸トレーニングの重要性」も模擬講義を行なった  2016/11-2016/11
英語で講義:講義および講義資料の言語に英語を用い,学生の英語運用能力を育成した。  2016/09-
一覧表示...
■関連URL
 NCBI文献情報:寺田昌史
■電話番号
077-561-3703
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
リハビリテーション科学・福祉工学
身体教育学
スポーツ科学
応用健康科学
脳計測科学
神経生理学・神経科学一般
衛生学・公衆衛生学
整形外科学