English
顔写真
食マネジメント学部  /
食マネジメント学科

 ワダ   ユウジ   (男)
 和田    有史   教授
 YUJI   WADA

■出身大学院・出身大学他
2002/03  日本大学大学院  文学  心理学  博士課程後期課程
■取得学位
博士(心理学) (2002/03 日本大学大学院)  
■職歴
2002/04-2003/03  財団法人長寿科学振興財団 リサーチ・レジデント
2003/04-2005/09  日本大学 文理学部心理学科 助手
2005/10-2006/03  独立行政法人食品総合研究所 食品機能部 食品物理機能研究室 特別研究員
2006/04-2007/03  独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 食品機能研究領域 食品物性ユニット 特別研究員
2007/04-2007/12  独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品機能研究領域 食認知科学ユニット 特別研究員
2008/01-2008/03  独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品機能研究領域 食認知科学ユニット 研究員
2008/04-2015/03  独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品機能研究領域 食認知科学ユニット 主任研究員
2015/04-2016/03  国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品機能研究領域 食認知科学ユニット 主任研究員
2016/04-2017/03  国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 食品健康機能研究領域 感覚機能解析ユニット 上級研究員
2017/04-2018/03  立命館大学 理工学部環境システム工学科 教授
2018/04-2019/03  立命館大学食マネジメント学部 副学部長
2018/04-  立命館大学食マネジメント学部 教授
2018/04-  立命館大学大学院経済学研究科 教授
■委員歴
2008/12-2013/01  Appetite  Excutive Editor
2009/04-2013/03  電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会  幹事補佐
2010/02-2012/11  日本官能評価学会  日本官能評価学会誌  編集委員
2011/04-2016/11  日本官能評価学会  常任理事
2011/04-  電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会  専門委員
2011/04-  電子情報通信学会食メディア研究会  専門委員
2011/10-2012/03  農水省6次産業化促進技術対策事業  専門部会委員
2012/03-2018/03  日本基礎心理学会  基礎心理学研究編集委員 
2013/02-  Appetite  Advisory Editor
2013/12-2015/11  日本基礎心理学会若手研究者特別委員会  委員長
2014/04-  公益社団法人日本心理学会  広報委員会委員
2014/06-2015/08  11th Pangborn Sensory Science Symposium    General Scientific Committee
2014/12-  日本基礎心理学会  理事
2015/11-  日本基礎心理学会実験心理学者としての多様なキャリアパスを考える特別委員会  委員
2015/11-  日本基礎心理学会若手研究者特別委員会  委員
2015/11-  公益社団法人日本心理学会  認定委員会委員
2016/04-  日本視覚学会  世話人
2016/11-  日本官能評価学会  理事
2016/12-  日本官能評価学会  資格認定委員
2017/01-2017/08  12th Pangborn Sensory Science Symposium    General Scientific Committee
2018/04-  日本基礎心理学会  基礎心理学研究常任編集委員
2018/04-  電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会  副委員長
■所属学会
日本心理学会  
日本基礎心理学会  
日本認知心理学会  
日本官能評価学会  
日本視覚学会  
■研究テーマ
実験心理学。”食”をモチーフに多感覚知覚、エキスパート知覚、乳児期知覚発達、消費者認知特性、リスクコミュニケーションなどの研究を行い、人の心のメカニズムの解明とその知見に基づく応用技術の開発を目指している。
■研究キーワード
実験心理学・多感覚知覚・消費者認知・官能評価 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
基礎心理学実験法ハンドブック, 味覚刺激と提示法  和田有史・小川緑  朝倉書房  114-117  2018/06  978-4-254-52023-1
基礎心理学実験法ハンドブック, 摂食中の感覚強度変化の測定  森数馬・和田有史  朝倉書房  118-119  2018/06  978-4-254-52023-1
基礎心理学実験法ハンドブック, 官能評価における多次元評価と時間変動評価  和田有史  朝倉書房  176-177  2018/06  978-4-254-52023-1
一覧表示...

論文
XYZ color data on the visual degradation of vegetables  Carlos ArceLopera, Katsunori Okajima, Yuji Wada  Data in Brief  accepted  2020
Effects of Rice Wine Lees on Cognitive Function in Community-
Dwelling Physically Active Older Adults: A Pilot Randomized
Controlled Trial  N. Nagai, N. Shindo, A. Wada, H. Izu, T. Fujii, K. Matsubara, Y. Wada, N. Sakane  The Journal of Prevention of Alzheimer’s Disease  2019/10  10.14283/jpad.2019.45
選果機を用いた可視 -近赤外分光スペクトルによるリンゴ 'ふじ ' の内部褐変発生予測  蔦瑞樹・吉村正俊・葛西智・松原和也・和田有史・池羽晶文  日本食品工学会誌  20/ 1, 7-14  2019/03
一覧表示...

研究発表等
偏食行動のパタンとQOLの関連  日本官能評価学会2019年大会  2019/11/17
調味料添加チョコレートを利用した高齢者と若年者間の食味評価の違いの検討  日本官能評価学会2019年大会  2019/11/17
食品の組み合わせにおける類似性が食味と嗜好に与える影響―ナチュラルチーズを例として-  日本官能評価学会2019年大会  2019/11/17
一覧表示...

その他研究活動
おいしさ研究における認知心理学とAR/VRの展開  Tech Design  2018-
「おいしさ」の作り方  食ビジネス・イノベーションリーダー養成講座  2017/02/18-
食の認知心理学の基本と消費者行動の理解  株式会社テックデザイン  2016-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

受賞学術賞
日本認知科学会  2018年度日本認知科学会奨励論文賞  2019/09
日本官能評価学会  日本官能評価学会 2017年大会優秀発表賞   2018/11
日本官能評価学会  日本官能評価学会 2016年大会優秀発表賞   2017/11
一覧表示...

知的財産権
時間的に変化する風味を時間的に変化する視覚的要素として表示するための方法、プログラム及び情報処理装置  PCT/JP2019/ 42119  PCT
匂い物質提示装置  特願2019-165854  日本
デジタルカメラ画像データを用いた鮮度測定方法  2014-217908  2016-85117(P2016-85117A)  6447865
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  知能情報学実験Ⅰ  実験・実習・実技
2017  情報処理心理学Ⅰ  講義
2017  心理学研究文献講読Ⅰ  講義
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
われわれは“食”に関わる諸問題に対して心理学的な視点・手法でアプローチします
 人間は食品をどのように味わうのだろうか?
このように問われると、“味覚・嗅覚を使って”、と答える方が多いでしょう。しかし、わたしたちは口に物を入れる以前に、既に"それを口に入れるかどうか"という重要な決断を行っています。これには視・聴・触、内臓感覚などからの情報に加え、食品のブランド、安全性、嗜好、同席者との関係などの数々の要因が絡み合います。さらに食品を口に入れて以降も味や香りだけではなく食感(触感)や温度をも含めて多感覚の情報を統合します。このように"食"という人間の生活の根本の中に、個々の感覚の分析をこえた心理学的な検討課題がつまっています。
本グループのミッションは、こうした知覚・感情・コミュニケーションまでも内包する人間の活き活きとした食に関する行動や現象を科学的に記述し、それに関与する変数を解明することによって、人と食とのかかわりを浮き彫りにすることです。さらに、これらの研究によって生まれた知見をひろく発信し、人々の生活に役立てることを目指しています。(yw)
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
実験心理学
認知科学
知覚情報処理
食生活学
社会心理学