English
顔写真
情報理工学部  /
情報理工学科

 ゴンチャレンコ   イゴール  
 GONCHARENKO    IGOR   教授
 IGOR   GONCHARENKO

■兼務所属(本学内)
情報理工学研究科
■出身大学院・出身大学他
1984/06  モスクワ物理工科大学大学院  モスクワ物理工科大学  制御システム  修士課程  修了
1984/06  モスクワ物理工科大学  Department of Control and Applied Mathematics  Department of Control and Applied Mathematics  卒業
1994/06  オートメーションとコントロールの研究所, ロシア科学アカデミー大学院  オートメーションとコントロールの研究所, ロシア科学アカデミー  計算機科学  博士課程  修了
■取得学位
制御システム(修士) (1984/06 モスクワ物理工科大学)   計算機科学 (博士) (1994/06 オートメーションとコントロールの研究所, ロシア科学アカデミー)  
■職歴
1984/06-1995/09  オートメーションとコントロールの研究所, ロシア科学アカデミー, 研究者/シニア研究者
1995/09-1997/03  機械技術研究所, 産業技術総合研究所, つくば, 研究者
1997/04-2000/03  東京大学工学部 (助教授)
2000/04-2010/02  株式会社スリーディー, 横浜 (主任研究官)
2010/02-2012/03  株式会社アイネット, 東京 (スペシャリストセクションマネジャー)
2012/04-2017/01  株式会社スリーディー (DENSO Group), 横浜 (主任研究官)
2017/04-  立命館大学 , 情報理工学部 (教授)
■委員歴
2004/04-2006/03  日本バーチャルリアリティ学会 (VRSJ)  日本バーチャルリアリティ学会 (VRSJ)
■所属学会
日本バーチャルリアリティ学会 (VRSJ)  
■研究テーマ
(1) Body shape modeling
(2) Human movement analysis
■研究概要
(1) Body shape modeling

 Body shape modeling is done by the usage of 3D scanners’ data and data bases for beauty services and healthcare applications (modeling shapes for the scenarios of weight gain/loss, ageing, muscularity gain).

(2) Human movement analysis

Human motion analysis , prediction, and motion reconstruction is done by the usage of motion capture systems and sensory devices (accelerometers, force sensors). Body dynamics modeling is incorporated in motion analysis. Hand movement analysis is done by haptic data.
■研究キーワード
Digital Human Modeling, Human Movement Analysis, Scientific Visualization, 3D Computer Graphics, Virtual Reality, Augmented Reality, Haptics, Image Processing, Volume Rendering, Virtual Surgery, Virtual Nursing, Ergonomics, Comfort Analysis 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
Natural Human Movements in Geometrically Constrained Haptic Environments, in :"Haptic Interaction: Science, Engineering and Design", LNEE vol.432.  I. Goncharenko, M. Svinin, and V. Kryssanov  Springer  13-19  2017  9789811041563
一覧表示...

研究発表等
Natural Human Movements in Geometrically Constrained Haptic Environments  Proceedings of the second International Conference AsiaHaptics  2017
一覧表示...

その他研究活動
Experience in the usage of “DhaibaWorks Academic”
for undergraduate student education: case of Ritsumeikan  デジタルヒューマン技術協議会 2017年度第6回協議会 (2018年2月09日)  2018/02/09-2018/02/09
Analysis of natural human hand movements in constrained
haptic environment  デジタルヒューマン技術協議会 2017年度第3回協議会 (2017年8月29日)  2017/08/29-2017/08/29
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  PBL: Problem Analysis and Modeling  演習
2017  PBL: Team-based Design  演習
2017  情報理工学特殊研究1  演習
一覧表示...
■関連URL
 http://www.ritsumei.ac.jp/ise/teacher/detail/?id=202
■電話番号
077-561-3041
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
知覚情報処理
ヒューマンインターフェース・インタラクション
生命・健康・医療情報学
機械力学・制御