English
総合心理学部  /
総合心理学科

 スズキ   ハナコ  
 鈴木    華子   准教授
 HANAKO   SUZUKI

■出身大学院・出身大学他
2005/05  ボストン大学(Boston University)  College of Arts and Sciences,  Major in Psychology, Minor in Rehabilitation Counseling  卒業
2007/05  ボストンカレッジ(Boston College)大学院  Lynch Graduate School of Education, Department of Counseling Psychology,  Mental Health Counseling  修士課程  修了
2012/03  熊本大学大学院  医学教育部  医学専攻  博士課程  修了
■取得学位
博士(医学) (2012/03 熊本大学)  
■職歴
2004/06/01-2007/07/31  McLean Hospital, Developmental Biopsychiatry Research Program, Research Assistant
2009/04/01-2012/03/31  日本学術振興会 特別研究員DC1
2011/04/01-2012/03/31  熊本大学 保健センター(学生心理相談) 非常勤講師
2012/04/01-2017/03/31  筑波大学 人文社会系・グローバルコモンズ機構(留学生相談室) 助教
2017/04/01-  立命館大学 総合心理学部 准教授
■委員歴
2018/08-  American Psychological Association (APA)  Division 17 (Society of Counseling Psychology), International Section, Co-Chair
2017/12-  日本心理学会  学術大会委員会 委員
2017/12-  日本心理学会  第83回大会 事務局長
2017/11-  日本心理学会  国際委員会 委員
2017/08-2018/08  American Psychological Association (APA)  Division 17, International Section, Co-Chair Elect
2017/04-  日本心理臨床学会  若手の会幹事会 幹事
2015/09-2016/08  International Congress of Psychology (ICP) 2016  Promotion Committee, Committee Member
2014/08-2016/08  American Psychological Association (APA)  Division 17, International Section, Non-US-based Membership Officer
2013/12-2016/08  International Congress of Psychology (ICP) 2016  Emerging Psychologists Program Committee, Committee Member
2013/08-2015/08  American Psychological Association (APA)  Division 52 (International Psychology), Committee on Early Career Psychologists, Committee Member
2013/06-2018/06  日本心理学会  若手の会 代表幹事
2009/12-2010/12  日本子ども虐待防止学会   第16回学術集会くまもと大会 事務局員
■所属学会
American Psychological Association  
日本心理学会  
日本心理臨床学会  
日本こども虐待防止学会  
異文化コミュニケーション学会  
■免許・資格
臨床心理士  (2017)   
■研究テーマ
留学生を対象とした包括的な予防的心理援助モデルの構築
留学生のアイデンティティ発達とキャリア発達
悲嘆の比較文化研究
笑いとコミュニケーションの比較文化研究
海外経験のある臨床家のアイデンティティ発達
■研究キーワード
カウンセリング心理学, 多文化間カウンセリング, 予防的心理援助, 留学生支援, マイノリティ, メンタルヘルス, キャリア, アイデンティティ 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
Prevention of academic, cultural and behavioral problems among international student populations. In M. Israelashvili & J. L. Romano (Eds.), Cambridge Handbook of International Prevention Science.  Hasan, N. T., & Rundles, K  Cambridge University Press  408-431  2017
Tsukuba's international community: Globalization in action. In D. Fujimoto, J. Harper, S. Lee, L. Rogers, & M. Tomioka (Eds.). Readings on diversity issues: From xenophobia and hate speech to identity, women, and privilege in Japan.  Collins, K., & Fondavilla, H.  Lulu Press, Inc.  37-51  2016
海外におけるトラウマ経験を持つ子どものこころへの対応 友田明美・杉山登志郎・池谷雅子(編)子どものPTSD:診断と治療  診断と治療社  282-286.  2014
一覧表示...

論文
ピアサポートデスクによる留学生への予防支援―Ask Us Deskの取組み―  鈴木華子・舟木令  筑波大学グローバルコミュニケーション教育センター日本語教育論集  31, 183-195  2016
日本語授業を活用した留学生のキャリア支援―文化的統合型キャリア支援プログラムの開発と実践―  鈴木華子  筑波大学グローバルコミュニケーション教育センター日本語教育論集  31, 147-158  2016
Explaining the effectiveness of the Contrast Culture Method for managing interpersonal interactions across cultures  Hiratsuka, H., Suzuki, H., & Pusina, A.  Journal of International Students  6/ 1, 73-92  2016
一覧表示...

研究発表等
The recent situation of career education in Japanese universities.  The 29th International Congress of Applied Psychology (ICAP)  2018
学融的な人間科学の構築と科学的根拠に基づく対人援助の再編成―人間性(人格性)成長の一貫性を前提としたパーソナリティの探求へ向けて―   日本パーソナリティ心理学会第27回大会  2018
The psychology of globalization.  日本心理学会第82回大会  2018
一覧表示...

その他研究活動
招待講演「視野を広げる時、こだわる時」  日本心理学会若手の会 異分野間共同懇話会   2018-
Invited address "Providing preventive intervention to promote wellness among increasing international students in Japan"  LaBRI, University of Bordeaux, France  2017-
招待講演「留学生のキャリアデベロップメント」  2017年度筑波大学社会貢献プロジェクト「定住外国人児童に対する『職育』プログラム」、フォーラム「多様性の時代のキャリア形成と異文化コミュニケーション」   2017-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

受賞学術賞
日本小児科学会  Young Investigator Award  2008/04
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2018  英語P1〜P4  演習
2018  英語 S1〜2  演習
2018  専門英語(Applied Psychology)  演習
一覧表示...
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
カウンセリング心理学