English
食マネジメント学部  /
食マネジメント学科

 キムラ   ヒロキ   (男)
 木村    裕樹   准教授
 HIROKI   KIMURA

■出身大学院・出身大学他
1995/03  立命館大学  文学部  地理学科  卒業
1998/09  立命館大学大学院  文学研究科  地理学専攻  博士課程前期課程  修了
2006/03  総合研究大学院大学  文化科学研究科  比較文化学専攻  博士課程後期課程  単位取得退学
■取得学位
博士(文学) (2010/09 総合研究大学院大学)  
■研究テーマ
日本の職人と民具の研究
地域伝統食文化の研究
■研究キーワード
民俗学、民具学、工業、職人、近代化、木地屋(師)、職祖伝承、轆轤、挽物、漆器、食器 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
民具学事典  日本民具学会編  丸善出版  302-303  2020/04  978-4-621-30465-5
甲賀市文化財報告書 第35集 信楽焼の製造技術 民俗文化財調査報告書  甲賀市教育委員会編  甲賀市教育委員会  42-44,57-59  2020/03
新鳥取県史 民俗2民具編  鳥取県立公文書館 県史編さん室編  鳥取県  244-251  2019/03
一覧表示...

論文
青年による副業品の研究:山形県新庄町の最上共生青年会を事例として  木村裕樹  昭和戦前期の青年層における民俗学の受容・活用についての研究(神奈川大学日本常民文化研究所調査報告 第28集)  59-104  2020/02
大日本聯合青年団郷土資料陳列所資料目録  木村裕樹  昭和戦前期の青年層における民俗学の受容・活用についての研究(神奈川大学日本常民文化研究所調査報告 第28集)  145-179  2020/02
炭と暮らし  木村裕樹  淡交別冊(『炭道具入門―炭斗に仕組む道具と灰器・灰匙など』)  74, 104-107  2018/11
一覧表示...

研究発表等
足踏み式ろくろの研究・その後:木工挽物業の振興と実業教育  第44回日本民具学会大会  2019/11/10
青年による副業の研究-郷土工芸を中心に  神奈川大学国際常民文化研究機構 第6回共同研究フォーラム 『青年と学問』の時代-昭和戦前期の郷土と民俗学-  2019/07/06
高橋文太郎の見た隠岐  神奈川大学国際常民文化研究機構 第3回共同研究フォーラム アチック・ミューゼアムにおける隠岐調査の軌跡  2018/02/17
一覧表示...

その他研究活動
ふるさと近江の食文化  あいこうか生涯カレッジ(講師)、於エポック立命21 K310  2018/10/20-
木でつくられる挽物:「木材の工芸的利用」の探究  ナレッジキャピタル「超」学校 連続講座「みんぱく×KNOWLEDGE CAPITAL ~世界の天然素材~」、会場:CAFE Lab. グランフロント大阪北館1F  2015/11/18-
アチックミューゼアムの民具コレクション  第314回みんぱくウィークエンド・サロン、於国立民族学博物館常設展示場  2013/09/22-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
文化人類学・民俗学