English
理工学部  /
環境都市工学科

 ハセガワ   トモコ  
 長谷川    知子   准教授
 TOMOKO   HASEGAWA

■兼務所属(本学内)
総合科学技術研究機構
■出身大学院・出身大学他
2006/03  大阪市立大学  工学部  環境都市工学科  卒業
2008/03  京都大学大学院  地球環境学舎  環境マネジメント専攻  修士課程  修了
2011/03  京都大学大学院  工学研究科  都市環境工学専攻  博士課程  修了
■取得学位
博士(工) (2011/03 京都大学)  
■職歴
2011/04/01-2014/03/31  国立研究開発法人国立環境研究所 社会環境システム研究センター 統合評価モデリング研究室 JSPSフェロー
2014/04/01-2016/03/31  国立研究開発法人国立環境研究所  社会環境システム研究センター 統合評価モデリング研究室 NIESポスドクフェロー
2016/04/01-2019/03/31  国立研究開発法人国立環境研究所 社会環境システム研究センター環境社会イノベーション研究室 研究テーマ付研究員
2016/09/01-2019/03/31  国際応用システム研究所 生態系システム管理グループ 客員研究員
■委員歴
2015/04-  土木学会  地球環境委員会 幹事
2015/04-  土木学会  地球環境委員会 地球環境研究論文集編集小委員会委員
2019/04-2022  IPCC  国内連絡会及び第三作業部会幹事会委員
■所属学会
土木学会  
■研究テーマ
気候変動による影響、適応策・緩和策の効果、農業・土地利用変化由来の温室効果ガスの排出とその削減効果、食料需給システム、バイオエネルギー、食料安全保障に関する統合評価モデリング。
■研究概要
世界・アジアの持続可能な社会の実現に向けた政策の評価・支援

 気候変動問題、食料問題、エネルギー問題にまたがる政策的課題に着目し、世界・アジアを対象に国、地域レベルで解決に向けた政策提言につながる研究を行っている。エネルギー、経済、農業、土地利用、水利用などを統合的に解析するコンピューターシミュレーションモデル、いわゆる統合評価モデル、を用いて、気候変動問題を中心とした地球環境問題に関連して研究を行っている。気候変動に関する研究の中でも、将来の温室効果ガスの排出量見通し、その削減方策の検討、気候変動影響の経済的分析を中心とする。さらに持続可能な発展に関連する事象や政策についての解析も行う。対象地域は日本、アジア全域、世界全体といったマルチスケールを対象とし、対象期間は現在から今世紀末までの短中長期としている。
■研究キーワード
気候変動影響評価, 統合評価モデル, 気候変動緩和策, 応用一般均衡モデル, 土地利用モデル 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
CHAPTER 8: Global Assessment of Agricultural Adaptation to Climate Change using CGE Model. In The WSPC Reference on Natural Resources and Environmental Policy in the Era of Global Change Volume 3: Computable General Equilibrium Models.  Hasegawa T., Fujimori S., Shin Y., Takahashi K., Masui T., Tanaka A.  World Scientific Publishing Co Pte Ltd  438-445  2017
AIM/CGE V2.0: Basic Feature of the Model. In: Fujimori S., Kainuma M., Masui T.ed., Post-2020 Climate Action: Global and Asian Perspective.  Fujimori S., Hasegawa T., Masui T.  Springer  305-328  2017
An Assessment of Indonesia's Intended Nationally Determined Contributions. In: Fujimori S., Kainuma M., Masui T.ed., Post-2020 Climate Action: Global and Asian Perspective.  Fujimori S., Siagian U. W. R., Hasegawa T., Yuwono B. B., Boer R. , Immanuel G., Masui T.  Springer  125-142  2017
一覧表示...

論文
Historical and future anthropogenic warming effects on droughts, fires and fire emissions of CO2 and PM2.5 in equatorial Asia when 2015-like El Niño events occur  Hideo Shiogama, Ryuichi Hirata, Tomoko Hasegawa, Shinichiro Fujimori, Noriko N. Ishizaki, Satoru Chatani, Masahiro Watanabe, Daniel Mitchell, and Y. T. Eunice Lo  Earth Syst. Dynam  2/ 11, 435-445  2020  10.5194/esd-11-435-2020
Reply to: An appeal to cost undermines food security risks of delayed mitigation  • Tomoko Hasegawa, Shinichiro Fujimori, Petr Havlík, Hugo Valin, Benjamin Leon Bodirsky, Jonathan C. Doelman, Thomas Fellmann, Page Kyle, Jason F. L. Koopman, Hermann Lotze-Campen, Daniel Mason-D’Croz, Christoph Müller, Yuki Ochi, Ignacio Pérez Domínguez, Elke Stehfest, Timothy B. Sulser, Andrzej Tabeau, Kiyoshi Takahashi, Jun’ya Takakura, Hans van Meijl, Willem-Jan van Zeist, Keith Wiebe & Peter Witzke  Nature Climate Change  10, 420-421  2020  10.1038/s41558-020-0767-3
Global trends in biodiversity and ecosystem services from 1900 to 2050  • Henrique M. Pereira,Isabel M.D. Rosa, Inês S. Martins, HyeJin Kim, Paul Leadley,Alexander Popp, Detlef P. van Vuuren, George Hurtt,Peter Anthoni,Almut Arneth, Daniele Baisero, Rebecca Chaplin-Kramer, Louise Chini, Fulvio Di Fulvio, Moreno Di Marco,Simon Ferrier, Shinichiro Fujimori, Carlos A. Guerra, Michael Harfoot, Thomas D. Harwood, Tomoko Hasegawa, Vanessa Haverd, Petr Havlík, Stefanie Hellweg, Jelle P. Hilbers, Samantha L. L. Hill, Akiko Hirata, Andrew J. Hoskins, Florian Humpenöder, Jan H. Janse,Walter Jetz, Justin A. Johnson, Andreas Krause,David Leclère,Tetsuya Matsui, Johan R. Meijer, Cory Merow, Michael Obsersteiner, Haruka Ohashi, Benjamin Poulter, Andy Purvis,Benjamin Quesada, Carlo Rondinini, Aafke M. Schipper, Josef Settele, Richard Sharp, Elke Stehfest,Bernardo B. N. Strassburg,Kiyoshi Takahashi, Matthew V. Talluto, Wilfried Thuiller, Nicolas Titeux, Piero Visconti, Christopher Ware, Florian Wolf, Rob Alkemade  bioRxiv  2020  10.1101/2020.04.14.031716
一覧表示...

研究発表等
Global advanced bioenergy potential under environmental protection policies and societal transformation measures  Workshop on Global Modelling of Biodiversity and Ecosystem Services  2019/06
Multiple economic modelling analysis of climate change and mitigation impacts on food security  AgMIP global & regional economics groups joint workshop  2018/02
Land use in AIM-Health-CGE: global food, agriculture and land use in AIM  The Food and Land-Use Coalition Work Stream 1: Food Agriculture, Biodiversity, Land and Energy (FABLE) Pathways First meeting of the country teams  2017
一覧表示...

その他研究活動
TWI2050 - The World in 2050. Transformations to Achieve the Sustainable Development Goals. Report prepared by the World in 2050 initiative.  International Institute for Applied Systems Analysis (IIASA), Laxenburg, Austria  2018-
Towards pathways bending the curve terrestrial biodiversity trends within the 21st century  International Institute for Applied Systems Analysis (IIASA), Laxenburg, Austria  2018-
Climate change and food systems: global assessments and implications for food security and trade  The role of international trade under a changing climate: Insights from global economic modelling, pp.294-309.,Food Agriculture Organization of the United Nations (FAO)  2015-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
アジアにおける温室効果ガス排出削減の深掘りとその支援による日本への裨益に関する研究  環境研究総合推進費  2019/04  2022/03  分担
気候変動影響・適応評価のための日本版社会経済シナリオの構築  環境研究総合推進費  2018/04  2023/03  分担
パリ協定気候目標と持続可能開発目標の同時実現に向けた気候政策の統合分析  環境研究総合推進費  2017/04  2020/03  分担
一覧表示...

受賞学術賞
Clarivate Analytics  高被引用論文著者  2019/11
Emerald Publishing Limited  Excellence 2017  2017
The Second Global Conference on Theory and Appications of OR/OM for Sustainability  Best Paper Award  2017/09
一覧表示...