English
立命館グローバル・イノベーション研究機構

 オオタニ   アキノリ  
 大谷    彬矩   専門研究員
 AKINORI   OTANI

■取得学位
博士(法学) (九州大学)  
■職歴
2017/04-2018/03  九州大学大学院法学研究院
2018/04-2019/03  九州大学大学院法学研究院
■委員歴
2018/01-2020/10  日本犯罪社会学会  研究委員会委員
■所属学会
日本司法福祉学会  
日本犯罪社会学会  
日本刑法学会  
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
刑罰制度改革の前に考えておくべきこと  本庄武=武内謙治編著  日本評論社  2017/12  4535522944
一覧表示...

論文
行刑における『処遇』の変遷 法制審議会監獄法改正部会の議論を素材として  大谷 彬矩  龍谷大学矯正・保護総合センター研究年報  8, 153-166  2019/02
ヘッセン州行刑法 : Hessisches Strafvollzugsgesetz (HStVollzG) vom 28. Juni 2010  九州刑事政策研究会  法政研究  85/ 2, 209-266  2018/10/15  0387-2882
監獄法改正要綱案作成過程における審議の性格  大谷 彬矩  NCCD Japan : 全国犯罪・非行協議会機関誌  56, 3-18  2018/05  1341-6308
一覧表示...

研究発表等
刑務所の中の生活を考えることの意味-犯罪者処遇のあるべき姿を求めて  第43回修復的司法セミナー  2019/05/20
高齢者と刑事施設―「高齢受刑者」の何が問題か?―  刑法理論研究会  2019/03/25
若手研究者の研究とキャリアを考える 刑事法学の若手研究者の立場から  犯罪・非行を研究する若手研究者ネットワーク キックオフ・ミーティング  2019/03/24
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
精神障害者処遇における再犯防止概念に関する理論的・比較法的研究  科学研究費補助金 若手研究  2019/04  2022/03
刑事施設における処遇の位置づけに着目した社会復帰理念の具体化に関する研究  第47回(平成30年度)三菱財団人文科学研究助成  2018/10  2019/09
一覧表示...