English
食マネジメント学部  /
食マネジメント学科

 ヤマナカ   サチコ   (女)
 山中    祥子   助教
 SACHIKO   YAMANAKA

■出身大学院・出身大学他
1991/03  同志社大学  文学部  文化学科  卒業
2000/03  神戸松蔭女子学院短期大学  生活科学科  卒業
2008/03  神戸女学院大学院  人間科学研究科  人間科学専攻  修士課程  修了
2013/03  同志社大学 大学院  文学研究科  心理学専攻  博士課程後期課程  修了
■取得学位
修士(人間科学) (2008/03 神戸女学院大学大学院)   博士(心理学) (2013/03 同志社大学大学院)  
■職歴
2010/02/01-2012/03/31  池坊短期大学 文化芸術学科 講師
2011/04/01-  神戸松蔭女子学院大学人間科学部(非常勤講師)
2012/04/01-2019/03/31  池坊短期大学 環境文化学科 准教授
2016/04/01-2019/03/31  京都橘大学人間発達学部(非常勤講師)
2020/04/01-  立命館大学 食マネジメント学部 助教
■所属学会
日本心理学会  
日本社会心理学会  
日本行動科学学会  
■免許・資格
栄養士  (2000)    管理栄養士  (2002)   
■研究テーマ
食物(高脂肪食品・低脂肪食品)に対する潜在的態度および潜在的行動傾向の検討
身体動作(上腕筋)を利用した2種類の接近・回避行動による潜在的態度への影響
糖尿病患者に対する食器を用いた食事管理(plate method)のための介入研究
■研究概要
「がまんしようと思っていてもつい食べてしまう」といった食行動における衝動性のコントロールと潜在的認知過程の関係。 さらに「いかに意識せずに食行動を変えるか」に関しては、食器の大きさや配置など環境を利用した方法や、身体の動き(接近・回避)による食物に対する潜在的態度への影響、さらに食文化からの影響など。

 食行動を変えようという場合、何か特定の食べ物などをがまんさせることは、効果的でないどころか、逆にそれらの食物に対する欲求を高めてしまう可能性が高いにもかかわらず、最も一般的に用いられる方法である。このようにがまんさせることによる、いわゆる“皮肉効果”は“意識的に何かをがまんさせる”ことによって生じることから“意識しない”で効果的に行動を変える方法を模索している。
 つまり私の関心は意識できない潜在的な認知であるが、食行動における潜在的態度の研究において「よい-悪い」や「ポジティブ-ネガティブ」と言うヴェイレンス(感情価)が指標として用いられることが多い中で、食行動においてはヴェイレンス(感情価)よりも「接近・回避」といった行動傾向との結びつきの強さにより関心がある。
 また、最近では、「意識しない」コントロール方法としての環境要因の操作にも関心がある。私たちの食行動は、食器の大きさや盛り付け方はもちろん、食器の色や形、誰と、どこで、どのような状況で食べるのかといった、“環境の要因”から大きく影響を受けるためである。特に肥満や糖尿病などは、治療も大事であるが、その治療の効果を生かすかどうかは、日々の本人の食事に大きく影響されるため食事の自己管理が求められる。そのため、いかに無理なく継続可能な方法で適正な食事の質と量をコントロールしていくかが重要となる。そこで、アメリカで導入されているマイプレートのアイデアを利用し、仕切りのある皿を用い、たんぱく質源となる主菜、野菜を使った副菜、芋類や南瓜など糖質の多い野菜や豆類などを用いた副菜などの盛り付け位置を指定することで、盛り付け量が変化するかの検討や、同様に糖尿病患者が無理なく十分な量の野菜を摂取することを習慣化させることを目的としたこの食器を用いた介入などを行った。その結果、野菜の摂取量が増える傾向が示されたことから、引き続き検討を続ける予定である。
また上記研究のように、「決まった食材がこの場所にある」という、いわゆる食卓の風景といった食事に関する視覚的な刺激は、われわれが意識せずに使える「食品の位置関係を示すフレーム」ととらえることができる。例えば、日本では主菜、副菜、汁物などの配置場所が決まっているが、これらは日常の食事場面によって無意識に学習されるものである。つまりどのような「食卓の風景」を見てきたか、は実際の食事で、どのような食物をどのくらい食べるかに大きく影響すると考えられる。日々、どのような状況でどのような食材をどのように食べるかは、文化的な影響も大きいと考えられることから、今後は食文化の違いが食物に対する態度や食行動にどのように影響するかについても検討していく
■研究キーワード
食行動 潜在認知 社会心理学  
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
心理学からみた食べる行動  青山謙二郎、武藤 崇、畑 敏道、高木悠哉、残華雅子、福田実奈、山﨑真理子、小松さくら、大屋藍子、万福尚紀  北大路書房  104-119  2017/06  978-4-7628-2974-1
心理学概論 第2版  共著者:鈴木直人、内山伊一郎、畑利通、青山謙二郎、坂本敏郎、竹原卓真、上北朋子、田中あゆみ、田積徹、余語真夫他  ナカニシヤ出版   154-155  2014/04  978-4-7795-0830
一覧表示...

論文
だれかと食べるとたくさん食べる?だれかと食べるとおいしい?  山中祥子・長谷川智子・坂井信之  行動科学  54/ 2, 1−9  2016/03
チョコレートに対する自動的態度と摂食量について  山中祥子・余語真夫  行動科学  51/ 1, 7-16  2013/03
女子大学生における高脂肪食品に対する潜在的態度の検討  山中祥子・山 祐嗣・余語真夫  社会心理学研究  27/ 2, 101-108  2012/01
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
食べる楽しみ と 健康的な食事
 同志社大学文学部文化学科心理学専攻卒業後、一般企業へ就職。その後、神戸松蔭女子学院短期大学で2000年に栄養士免許を取得、さらに2年間の栄養士業務を経て2002年管理栄養士免許を取得。管理栄養士として栄養指導をするにあたり、食行動を変えることの難しさを痛感したことがきっかけで、神戸女学院人間科学部にて人間科学修士、同志社大学大学院にて2013年博士号(心理学)を取得池坊短期大学での勤務を経て本学へ。専門分野は食行動。特に潜在的な認知に着目し食行動の変容について研究しています。あたりまえのように思われる「食べる」ことは、実はとても複雑で、意識的にコントロールすることが案外難しい行動です。さらに今日では生きるためだけでなく、楽しみのために食べるということも重要な動機の一つとなっており、さらに複雑になっています。このような状況の中で、楽しく、おいしく、さらに健康的に食べるためにはどうすればよいのかという単純なようでとても複雑なテーマについて日々考えながら教育研究に取り組んでいます。
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
社会心理学
食生活学