English
経済学部  /
経済学科

 タナカ   ヒロシ   (男)
 田中    宏   教授
 Hiroshi   TANAKA

■兼務所属(本学内)
経済学研究科
■出身大学院・出身大学他
1976/03  大阪外国語大学  外国語学部  ロシア語
1983/03  京都大学大学院  経済学研究科  経済政策学  単位取得退学
■取得学位
博士(経済学) 論経博第327号 (2006/06 京都大学)  
■委員歴
1999-2006  比較経済体制学会 幹事
2000-2004  比較経営学会 理事
2002-2003  『比較経済体制学会年報』編集委員
2008-  比較経営学会 理事
2008-2009  比較経済体制学会 幹事
2009-  ロシア東欧学会理事
2010/04-2010/09  京都大学客員教授(京都大学経済研究所)
■所属学会
比較経済体制学会  
比較経営学会  
国際経済学会  
EU学会  
進化経済学会  
ロシア東欧学会  
■研究テーマ
現代世界経済と技術革新
ロシア-東欧諸国の市場経済への体制転換
ロシア・東欧諸国のEUへの統合
■研究概要
比較経済、移行経済期におけるロシア・東欧経済研究

 社会主義から資本主義への移行過程にあるロシア・東欧経済を世界経済の中で考察しながら、その移行経済の特徴を析出する。それによって比較経済体制論、比較経済学の新たな地平線を追求。
■研究キーワード
ロシア・東欧経済論&EU統合論, 比較経済体制論 経済統合論, 市場経済への転換理論, 世界経済論, 体制転換, 市場経済, ロシア・東欧, 世界経済, 技術革新, 技術移転 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
ポランニーは再び国境を越えることができたのか  田中宏  大阪市立大学経済学会『経済学雑誌』  5-23  2018/09
翻訳「ドロテー・ボーレ+ベーラ・グレシュコヴィッチ著『欧州周辺資本主義の多様性』」  堀林巧・田中宏・林裕明・柳原剛司・高田公共訳  ナカニシヤ出版  75-134  2017/01
EUのマクロリージョン戦略、八木紀一郎・清水耕一・徳丸宜穂編著『欧州統合と社会経済イノベーション』第7章  田中宏  日本経済評論社  263-303  2017/01
一覧表示...

論文
書評 Farkas Beata Models of Capitalism in the European Union, Post-crisis Perspective  田中宏  日本EU学会年報 第39号 2019年  39, 173-178  2019/06  1884-3123
”日本制造”和第四次工業革命  田中宏  立命館経済学  67/ 5-6, 216-229  2019/03
書評 荒木武司著『マルクス社会主義論の批判的研究」  田中宏  季論21 2018秋  42, 247-250  2018/10
一覧表示...

研究発表等
Japanese Monodzukuri and Industry 4.0  The 13rd International Conference on the " Regional Innovational Cooperation in Asia"(RICA)  2018/10/12
EUのこれまでとこれから  高知市民の大学第84期激動する世界情勢を読み解く  2018/09/28
欧州ポピュリズム対ハンガリーのポピュリズム  2018年比較経済体制研究会第37回夏期研究大会  2018/08/25
一覧表示...

その他研究活動
シンポジウム報告「外資系企業誘致による地方産業の展望」  社会システム研究  2017/09-
専門家解説「ハンガリーの自動車産業の動向について」  帝国書院地理・地図資料特別付録(教師用資料)  2016/12-
Marx's Capital and Emerging of Comparative Economic Studies  The Journal od Comparative Economic Studies  2011/03/01-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
JSPS特別研究員採択推進プログラム   -     世界経済危機時とその後の東アジア経済統合とリージョナリズムの展開   代表   -   2016/06-2017/03   2016     
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     地方・地域の社会技術の創造と欧州マクロ地域戦略   代表   -   2016/06-2017/03   2016   200,000   
学外研究制度   -     East European Open varieties of capitalism   -   国内   2013/04-2014/03   2013     日本 
一覧表示...

研究交流希望テーマ
ロシア東欧での日系企業の活動、ユーラシア大陸両端の地域統合
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  演習Ⅰ  演習
2017  演習Ⅱ  演習
2017  研究演習 Ⅰ  演習
一覧表示...

教育活動
学生の履修計画の参考となるよう科目「現代国際経済」「EU経済論」「比較経済論」「ロシア経済論」の「特長と手法の種類」を経済学部ホームページにて公開している。  2010/04-
科目「比較経済論」「ロシア経済論」「EU経済論」「現代国際経済」の成績分布を作成し、経済学部ホームページで公開した。  2006/04-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
移行経済の理論的・実証的な比較研究
  比較経済体制論を担当し、旧ソ連東欧の移行経済の比較研究を行っている。ベースとなる直接の研究領域はハンガリー。'76年大阪外国語大学を卒業後、京都大学大学院で旧ソ連研究を始める。'81~'82年ワルシャワ大学に留学。この時期に「世界経済諸関連の中でソ連東欧経済」を研究するという独自の方法論を確立、実証研究を現在まで続ける。'86~'87年ハンガリー科学アカデミー世界経済研究所、'91~'93年外務省専門調査員(ブダペスト在)を経て、ハンガリー研究にシフトした。ハンガリーの科学・技術開発、EU加盟、直接投資導入、移行経済政策、機械工業、労働市場、移行の類型論、南東欧の戦後復興、東欧の地域構造等の分析研究がある。現在、制度学派の成果をとり入れつつ、体制転換論とEU拡大論を軸にしてハンガリー移行経済論をまとめるのが目標。高知大学人文学部教授を経て、'00年4月に本学に。
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
経済理論
経済政策(含経済事情)