English
顔写真
国際関係学部  /
国際関係学科

 ナカガワ   リョウジ   (男)
 中川    涼司   教授
 Ryoji   NAKAGAWA

■兼務所属(本学内)
国際関係研究科
衣笠総合研究機構   /
国際地域研究所
立命館アジア・日本研究機構   /
アジア・日本研究所
■出身大学院・出身大学他
1982/03  高知大学  人文学部  経済学科  卒業
1987/03  大阪市立大学大学院  経営学研究科  博士課程  単位取得退学
■取得学位
経営学修士 (1984/03 大阪市立大学)   博士(国際関係学) (2007/12 立命館大学)  
■職歴
1987/04/01-1993/03/31  鹿児島経済大学(現鹿児島国際大学)
1993/04/01-2000/03/31  阪南大学
2000/04/01-  立命館大学国際関係学部教授
■委員歴
2003/04-2004/03  国際関係学部  学生主事
2004/04-2005/03  国際関係学部  企画委員長
2006/04-2007/03  国際関係研究科  主事
2007/04-2008/03  国際関係研究科  副主事
2008/04-2009/03  国際部  副部長・衣笠国際センター長
2009/04-2010/03  国際部  国際教育推進機構担当部長
2010/04-2012/03  国際関係研究科  副主事
2013/04-2014/03  国際関係研究科  副主事
2014/04-2016/03  国際関係学部  副学部長(教学担当)
2018/04-2019/03  国際関係学部  副学部長(教学担当)
2019/04-  国際部  部長
2006/04-2007/03  国際貿易投資研究所  「平成18年度 第11次五カ年計画期の中国の産業発展と技術進歩に関する調査研究会」(代表丸山伸郎・拓殖大学教授) メンバー
2006/04-2007/03  国際貿易投資研究所  「平成18年度 中国企業の多国籍企業化研究会」(代表丸川知雄・東京大学教授)メンバー
2007/04-  日中経済協会  『日中経済交流』/『日中経済産業白書』執筆協力者
2008/04-2009/03  価値総合研究所  機械振興協会調査研究報告書 価値総合研究所『中国の技術標準及び流通構造の変化が日系電機メーカーに与える影響』報告書、委員長
2011/07-2013/03  Center for Strategic International Studies (CSIS)/日本経団連21世紀政策研究所(21PPI)  「中国の経済競争力と日米関係」commissioner
2012/04-2013/03  日本経済研究センター中国研究会  「中国の産業力 その実力と課題」(座長:北原基彦・日本経済研究センター中国研究室長兼主任研究員)メンバー
■所属学会
日本経営学会  
アジア経営学会
2004年9月~2006年9月 評議員,
2009年9月~2015年9月 理事
2015年9月~2018年9月 評議員
2018年9月~      理事  
日本国際経済学会  
(旧)中国経営管理学会
2006年5月~2009年5月 常務理事(総務)
2009年5月~2012年6月 理事
2012年6月~2013年6月 監事  
(旧)中国経済学会  
日本現代中国学会
2018年10月~ 理事(関西部会代表)  
中国経済経営学会
2014年11月~2018年11月 理事 (2016~2018年『中国経済経営研究』編集委員長)  
アジア政経学会  
■研究テーマ
東北アジアの地域経済協力
中国のIT産業
中国多国籍企業
■研究概要
中国経済、とくに中国IT産業。中国企業の多国籍企業化。

 中国経済とくに中国コンピュータ産業、電気通信業を中心に研究を行っている。
また、中国企業の多国籍企業化に関しては産業を問わずに、研究を行っている。
■研究キーワード
開発経済論、アジア経済論、中国経済、IT産業、東北アジア、地域、経済協力、中国企業の多国籍化 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
「ゴジラと日本映画産業」(池田淑子編著『アメリカ人の見たゴジラ、日本人の見たゴジラ』所収)  池田淑子編著『アメリカ人の見たゴジラ、日本人の見たゴジラーNuclear Monsters Transcending Borders』所収  大阪大学出版会  120-149  2019/03
「東アジアにおける企業経営の展望」(中川涼司・高久保豊編『現代アジアの企業経営』所収)  ミネルヴァ書房  267-273  2017/09  978-4-623-08078-6
「CIO:中国における展開と課題」(中川涼司・高久保豊編『現代アジアの企業経営』所収)  李東  ミネルヴァ書房  228-243  2017/09  978-4-623-08078-6
一覧表示...

論文
「第十九回党大会と中国経済政策」  中川涼司  『東亜』  606, 2-3  2017/12
「中国企業多国籍企業化の進展とその意味ー中所得国多国籍企業論の提唱ー」  中川涼司  龍谷大学『経営学論集』  57/ 1, 33-44  2017/10  0918-3434
「拡張重視から安定性重視に変わる中国対外経済政策」  中川涼司  『東亜』  603, 2-3  2017/09  978-4-904493-97-7
一覧表示...

研究発表等
中国製造業の到達点と米中摩擦ー『中国製造2025』、華為などからー  関西日中関係学会  2019/05/18
中国企業多国籍企業化の進展とその意味―中所得国多国籍企業論の提起  日本現代中国学会第67回全国学術大会  2017/10/29
Rethinking of “the state advances, the private sector retreats” phenomenon in China  The 12th Conference of IFEAMA at Hanoi  2014/08/23
一覧表示...

その他研究活動
私論公論 「TPP交渉参加 構造的変化とらえ議論を」  京都新聞 朝刊  2011/11/25-2011/11/25
「ワールドインパクト-中国の産業 パソコン」  日本国際貿易促進協会『国際貿易』2008年9月2日、第3面  2008/09/02-2008/09/02
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究所重点研究プログラム   -     中国「強国化」の諸相(国際地域研究所)   代表   -   2017/04-2018/03   2017   2,000,000   
研究所重点研究プログラム   -     中国「強国化」の諸相(国際地域研究所)   代表   -   2016/04-2017/03   2016   2,000,000   
研究所重点研究プログラム   -     中国企業システム研究会(国際地域研究所)   代表   -   2015/04-2016/03   2015   750,000   
一覧表示...

研究交流希望テーマ
東アジアIT産業の総合研究
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  国際関係学Ⅰ  講義
2017  開発経済論研究  講義
2017  グローバル・シミュレーション・ゲーミング  講義
一覧表示...

教育活動
 開発経済論では、双方向授業であることを心がけている。週2回の授業でかなりハードであるが、出された質問はすべて文書で回答し配布している。また、レポートを2回課し、また、最終授業では学生による発表を実施。  2000/04-
専門演習では、毎年、海外へのゼミ研修旅行を実施している。観光にとどまらず、在外日系企業や在外機関などを訪問し、授業での学習をよりリアルに感じられるよう心がけている。  2000/04-
特別演習  2016/09-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
中国に魅せられて
  1987年大阪市立大学大学院経営学研究科後期博士課程単位取得後、鹿児島経済大学(現鹿児島国際大学)、阪南大学を経て、2000年度から本学国際関係学部に奉職。研究は中国経済とくに中国コンピュータ産業、電気通信業の研究を中心に行なってきた。これらの成果は拙著『国際経営戦略』ミネルヴァ書房、2000年、『中国のIT産業』ミネルヴァ書部、2007年に集約されている。東アジア・東南アジア全体の経済発展および企業経営についての共同研究も行っており、高久保豊先生との共編著『東アジアの企業経営』ミネルヴァ書房、2009年、『現代アジアの企業経営』ミネルヴァ書房、2017年もある。近年は中国企業の多国籍企業化に関しても研究を進めており、2008年に当該分野の先駆的業績である丸川知雄先生との共編著『中国発・多国籍企業』同友館を出版したほか、科研費などを得て、東南アジアなどへの進出をウォッチしている。家族は(中国人である)妻と長男(1999年生まれ)次男(2001年生まれ)。趣味は映画鑑賞(とくに京都関連)と(下手の横好き)ソフトテニス。研究と私生活の両面で中国に浸る毎日を送っている。
 
■電話番号
075-465-1211
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
経済政策(含経済事情)
応用経済学