English
産業社会学部  /
現代社会学科

 マエダ   ノブヒコ   (男)
 前田    信彦   教授
 Nobuhiko   MAEDA

■兼務所属(本学内)
社会学研究科
■出身大学院・出身大学他
1985  上智大学  卒業
1992  上智大学大学院  文学研究科  社会学専攻  博士課程  修了
■取得学位
博士 (上智大学)  
■職歴
1990-1992  日本学術振興会特別研究員
1992-2001  日本労働研究機構研究員
1997-1998  エラスムス大学(オランダ)客員研究員
2001-2005  立命館大学産業社会学部 助教授
2005-  立命館大学産業社会学部 教授
■委員歴
2003-  参議院「国民生活・経済に関する調査会」参考人
2004-  厚生労働省「職業生活活性化のための年単位の長期休暇制度等に関する研究会」委員
2006-2007  大阪労働局「仕事と生活の調和推進会議」委員
2011/04-2015/03  国立教育政策研究所 研究委員
2015/04-2017/03  国立教育政策研究所 フェロー
2005-2006  日本社会学会 専門委員
2009-2010  家族社会学会 編集委員
2007/04-2009/03  立命館大学産業社会学部副学部長
2010/04-2014/03  立命館大学キャリアセンター部長
2015/04-2016/03  大学基準協会大学評価委員会分科会委員
2015/04-2017/03  立命館大学キャリア教育センター長
■研究概要
これまでの研究プロジェクト(指導可能な研究領域)

 1 教育・職業キャリアに関する研究
   仕事とキャリア
   大学から職業生活への移行
   高等教育におけるキャリア教育
   職業キャリアと社会的公正・シチズンシップ

2 ワーク・ライフ・バランスに関する研究
   仕事と家庭生活
   働き方と生活の質
   
3 エイジングとライフコースに関する研究
   高齢期のキャリアと定年退職後の社会参加
   老いと成熟に関する質的研究
   アクティブエイジングと生活の質

現在指導中の院生テーマ
・北京市における高齢期のボランティア活動に関する研究
・日本におけるシルバー人材センターに関する研究
■研究キーワード
職業生活/ 職業キャリア/ ワーク・ライフ・バランス/ ライフコースとエイジング 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
仕事と家庭生活の調和-日本・オランダ・アメリカの国際比較  日本労働研究機構  2000/12
アクティブ・エイジングの社会学-高齢者・仕事・ネットワーク  ミネルヴァ書房  2006/05
仕事と生活-労働社会の変容  ミネルヴァ書房  2010/12
一覧表示...

論文
「中高年キャリアにおける成人力と公共的関与─ キャリアと公共性に関する試論─」  『立命館産業社会論集』  53/ 3, 27-42  2017/12
「国際成人力調査(PIAAC)における成人力(Adult Competencies)の概念と測定─ 「職業能力」と「学習能力」─」  『立命館産業社会論集』  53/ 3, 83-95  2017/12
「立命館大学におけるキャリア教育の成果と課題」  『立命館高等教育研究』  17, 1-18  2017/03
一覧表示...

研究発表等
Career Decidedness of University Graduates and their Effect on Initial Job Attainment  International Association for Educational and Vocational guidance(IAEVG),Tsukuba,Japan  2015/09/21
大学院での学び直しと成人力 -PIAACデータを用いた分析-  文科省国立教育政策研究所 PIAACシンポジウム2015   2015/02/05
日本における内発的エイジング・コミュニティの可能性-高齢期における利他的行為と職業経験・能力の分析-  中国社会科学研究院日本研究所「中日韓における人口問題と社会発展」国際シンポジュウム  2011/09/24
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     中高齢期のリカレント学習を通した実践的能力形成とセカンドキャリア構築に関する研究   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
学外研究制度   -     雇用と社会保障に関する研究   -   国内   2014/04-2015/03   2014     日本 
研究推進プログラム   政策的重点研究     高齢化社会における「ヒューマンセイフティ」のモデル構築と検証   代表   国内   2010/04-2011/03   2010   1,300,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  プロジェクトスタディⅠA  演習
2017  専門演習  演習
2017  卒業研究  演習
一覧表示...

教育活動
産業社会学部「キャリア形成特殊講義」において、学部と民間企業の産学連携型PBL(Project based Learning)の手法を授業の中に積極的に取り入れて、学生が実社会の課題解決を目指す授業を展開し、実践的職業能力を育成した。  2015/09-2016/03
産業社会学部「キャリア形成特殊講義」において、学部と民間企業の産学連携型PBL(Project based Learning)の手法を授業の中に積極的に取り入れて、学生が実社会の課題解決を目指す授業を展開し、実践的職業能力を育成した。  2013/04-2013/09
産業社会学部 「3回生専門演習」にて、他ゼミとの合同発表会を企画および実施し、ゼミ間交流、異なったテーマの学生同士の対話を促進した。  2010/10-2010/12
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
研究紹介
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
社会学