研究発表等
公開件数:218件
No. 発表題名 発表会議名(発表誌等の媒体名) 発表年月日
1 Fifteen years of Trajectory Equifinality Approach
The 1st Transnational Meeting on Trajectory Equifinality Approach
2019/03/02
2 Dialogue with "Voices of the Analysis" in Transition :The Perspective from Multi-voicedness
The 1st Transnational Meeting on Trajectory Equifinality Approach
2019/03/02
3 避難区域外での行動選択と支援に関する研究ー福島県の住民の語りからー
日本質的心理学会第15回大会
2018/11/23
4 自傷行為を行う生徒と関わる担任教師に対する支援のあり方ー複線径路・等至性モデリング(TEM)による分析
日本質的心理学会第15回大会
2018/11/23
5 大学生のやる気はなぜなくなるのか?どのようにしてなくならないようにできるのか? ――TEAによる検討――
日本質的心理学会第15回大会
2018/11/23
6 「大学生のやる気はなぜなくなるのか?」複線径路等至性モデリング(TEM)による検討 ――マツダ株式会社・立命館大学による共同研究「質的研究アナリスト体験型育成プログラムの開発」によるTEM院生版PBL(A班)からの学び――
日本質的心理学会第15回大会
2018/11/23
7 TEMが拓く保育者の子ども理解と専門家としての育ち合い―「協働型」園内研修をデザインする
日本発達心理学会第29回大会
2018/03/24
8 健康生成論と「一貫性の感覚」の重要性  被災地の復興の人生径路を考えてみる
日本発達心理学会第29回大会
2018/03/23
9 「TEA(複線径路等至性アプローチ)の理論と実際」 (講義及び事例発表とコメント)
沖縄心理学会
2018/03/17
10 ナラティブの意義と可能性
第4回言語文化教育研究学会
2018/03/10
11 心理学における共感研究の復興 -アメリカにおける心理学,文化人類学との関連-
日本心理学会第81回大会
2017/09/22
12 病名と症例からみるアルコール依存症に対するイメージ
日本心理学会第81回大会
2017/09/21
13 チュートリアル TEA(複線径路等至性アプローチ)
日本心理学会第81回大会
2017/09/20
14 「TEMで広がる社会実装」の可能性
日本質的心理学会第14回大会
2017/09/10
15 「TEM図の描き合い」による「転機」経験の反省的考察
日本質的心理学会第14回大会
2017/09/10
16 当事者と倫理と研究者:医療分野における質的研究の貢献
日本質的心理学会第14回大会
2017/09/09
17 不登校者の身体表現と教師による呼応―不登校経験者受け入れ校におけるフィールドワーク
日本質的心理学会第14回大会
2017/09/09
18 許容できない事象に対する共感の構造―コフート理論からみた「死にたい」に対する考察
日本質的心理学会第14回大会
2017/09/09
19 許容できない事象に対する共感の構造—ロジャーズの共感理論からみた「死にたい」に対する共感の困難さ—
日本パーソナリティ心理学会第26回大会
2017/09/08
20 進学校教師の職業アイデンティティをめぐる語り―所属組織における葛藤と役割の模索―
日本パーソナリティ心理学会第26回大会
2017/09/08
21 New perspective for cultural psychology: Object, Body and Self
The 17th Biennial Conference of The International Society of Theoretical Psychology
2017/08/25
22 The lay theory of medical therapy and psychotherapy for treatment of depression in Japanese university students
15th European Congress of Psychology (ECP)
2017/07/14
23 How business philosophy affects creative activities: The Inamori management case.
15th European Congress of Psychology (ECP)
2017/07/12
24 発達心理学と生涯発達心理学の断絶を超えて -質的心理学は何ができるか? 理論・方法論・歴史の立場から
日本発達心理学会第28回大会
2017/03/27
25 質的研究がめざすもの -TEA(複線径路等至性アプローチ)とその実習も交えて-
日本青年心理学会第24回大会
2016/11/26
26 Sign and culture psychology for multicultural dispute prevention
the 18th Norwayan Conference on Social and Community Psychology
2016/11/17
27 Self dialogue of Fukushima evacuator, to go home or not that is a question.
In occasion of the 8th Volume of Yearbook of Idiographic Science; Conference; IDIOGRAPHIC APPROACH TO HEALTH
2016/10/27
28 複線径路等至性アプローチ(TEA) ー分岐点分析の新手法としてのクローバー分析ー
第13回日本質的心理学会
2016/09/24
29 歴史の中のパーソナリティ:WWⅡ終了まで
第25回日本パーソナリティ心理学会
2016/09/15
30 The experience of Bifurcation Point; Where DS and TEA meets
The 9th International Conference on the Dialogical Self
2016/09/09
31 Development of qualitative psychology in Japan: Trajectory Equifinality Approach (TEA)
31st International Congress of Psychology
2016/07/27
32 日本独自の取調べ録画映像提示方式は自白の任意性に影響を与えるか? ― 画面との比較から―
法と心理学会第16回大会
2015/10/25
33 Ethnography of Temporally Housing in Fukushima Prefecture: Aim to Construct Resilient Society.
The 9th East Asian Law and Psychology Conference
2015/10/18
34 How should be video-record of police investigations? : Focus On Camera perspective and presentation style
The 9th East Asian Law and Psychology Conference
2015/10/18
35 Consideration of discussion pattern in Japanese citizen judge system; integration of qualitative and quantitative analysis
The 9th East Asian Law and Psychology Conference
2015/10/17
36 Are probationers/parolees really different from non-probationers/non-parolees after reintegration?: An analysis of employer interviews by applying the Trajectory Equifinality Model
The 9th East Asian Law and Psychology Conference
2015/10/17
37 3D Visualization of the "Free Conviction": The Decisions of the Nabari Case.
The 9th East Asian Law and Psychology Conference
2015/10/17
38 心理調査士の現状と展望;学際から学融へ
日本心理学会第79回大会
2015/09/24
39 社会問題解決型心理学の可能性;学際から学融へ
日本心理学会第79回大会
2015/09/24
40 Career Identity Work - Visualization of the process of students’ career development in school-to-work transition -
IAEVG International Conference Tsukuba
2015/09/21
41 The learning process of university students both in lectures and in extracurricular activities : From the interview with senior students
7th European Conference on Developmental Psychology(Braga, Portugal)
2015/09/11
42 Cultural Transition of Chinese Students in Japan: Understanding the Process of Value Transformation by Using Trajectory Equifinality Approach.
7th European Conference on Developmental Psychology(Braga, Portugal)
2015/09/11
43 Understanding the development of students who had experienced school nonattendance.
7th European Conference on Developmental Psychology(Braga, Portugal)
2015/09/09
44 Potentials of trajectory equifinality approach in Developmental Psychology.
7th European Conference on Developmental Psychology(Braga, Portugal)
2015/09/09
45 Efforts to promote and maintain employment of probationers/parolees by cooperative employers.
European Association of Psychology and Law + WORLD Conference 2015 (Nurumberg, Germany)
2015/08/15
46 Proposal of discussion pattern in Japanese lay judge system by qualitative analysis method.
European Association of Psychology and Law + WORLD Conference 2015(Nurumberg, Germany)
2015/08/05
47 The effect of presentation of video-taped investigation on jury decision making
European Association of Psychology and Law + WORLD Conference 2015(Nurumberg, Germany)
2015/08/05
48 The history of Forensic psychology research in Japan :1900-1945. , China University of Political Science and Law, China, 18th, OCT., 2014
8th East Asian Law and Psychology Conference
2014/10/18
49 The effect of defendant's nationality on july decision making: A comparison of the crime
The European Association of Psychology and Law 2013
2013/09/04
50 Possibilities of narrative visualization: Case studies of lesson-learned-oriented archiving for natural disaster.
Digital Humanities 2013.
2013/07/17
51 Trajectory Equifinality Approach: Toward a Generalization and methodology in economic psychology.
The workshop on Idiographic Science: 'Methods of Psychological Intervention'
2013/05/24
52 Tend?ncias hist?ricas e contempor?neas no campo da Psicologia Jur?dica no Jap?o。(In English)
Os Programas de P?s-Gradua??o em Sa?de Coletiva e em Psicologia da UFBA
2012/03/01
53 Towards Social Application and Sustainability of Digital Archives: The Case Study of 3D Visualization of Large-scale Documents of the Great Hanshin-Awaji Earthquake
The 3rd International Conference of Digital Archives and Digital Humanities Conference Taipei, Taiwan.
2011/12/01
54 "Visualizing and Analyzing Cultural Voices in Computer-Mediated Communication through Social Gaming Simulation
The Second International Conference on Culture and Computing.
2011/10/21
55 Three modes of viewing the culture in the Psyche:How can we conceive the culture in psychology for an integrative theory?
The 12th European Congress of Psychology
2011/07/07
56 The Real Futures of sign and promoter sign; What Trajectory Equifinality Model (TEM) implies for cultural psychology
The 12th European Congress of Psychology
2011/07/06
57 Chronogenesis; Zone of finality and promoter sign create chronotope
The 6th International Conference on THE DIALOGICAL SELF. Athens, Greece.
2010/10
58 Quality of Life In Persons with Muscular Dystrophy: the Example of Constructs of Individual QoL.
6th International Conference on the Dialogical Self,
2010/09/30
59 Presenting Change of Confession over Time:How 3D Viewer System Assists the Lay Judge and/or Juror.
The 2010 Annual Meeting of the Law and Society Association
2010/05/27
60 時間的類型化:人間理解への方法論的提案――個別性と普遍性の間
日本心理学会 第73回大会
2009/08
61 "Ethnography of communication support for ALS patients." , p141.
Fifth International Congress of Qualitative Inquiry
2009/05
62 SEIQoL-DWから捉えた個人のQoL(1)―SEIQoL-DWを用いた調査法の検討―
第5回日本質的心理学会
2008/11
63 SEIQoL-DWから捉えた個人のQoL(2)―成人筋ジストロフィー患者を対象とした継続的調査―
第5回日本質的心理学会
2008/11
64 SEIQoL-DWから捉えた個人のQoL(3)―筋ジストロフィー患者の生活の語り―
第5回日本質的心理学会
2008/11
65 あるゲイ男性における自らの存在意義をめぐる語り~「ゲイ」と「ノンケ」の境界を行き来する当事者のあり方~
第17回日本パーソナリティ心理学会
2008/11
66 SEIQoLと構成主義-G.A.Kellyのパーソナル・コンストラクト理論を参照して-
第17回 日本パーソナリティ心理学会
2008/11
67 地方裁判所・模擬裁判員裁判の評議データ析の試み 報告①
法と心理学会第9回大会
2008/10
68 地方裁判所・模擬裁判員裁判の評議データ分析の試み 報告②
法と心理学会第9回大会
2008/10
69 説得におけるチャンネルの違いが受け手の判断や態度に及ぼす影響-裁判員制度導入に向けた模擬裁判員実験-
法と心理学会第9回大会
2008/10
70 就職活動中の青年の将来展望と語り方:語りの通時的変化に着目して
日本心理学会第72回大会
2008/09
71 一般色覚者と色弱者における色知覚体験の違いについて~環境と行動の視点から~
日本心理学会第72回大会
2008/09
72 公判前報道に対する理論的説示が判断に与える影響
日本心理学会第72回大会
2008/09
73 医療・健康・美容についてのうわさとおしゃべり おしゃべりがうわさになる/ならない時の発生モデルの可能性
日本心理学会第72回大会
2008/09
74 SEIQoL-DWから捉えた個人のQoL-筋ジストロフィー患者の生活の語り-
第13回日本難病看護学会
2008/08
75 2008 FOUNDATIONS OF DIALOGICAL SELF: TENSION BETWEEN POTENTIALS OF THE FUTURE AND THE UNITY OF THE PAST
The Fifth International Conference on the Dialogical Self
2008/08/26
76 2008 History of social psychology in Japan
The ⅩⅩⅨ International Conference on Psychology
2008/07
77 (企画者・司会者)『質的心理学研究』の良さを考える
日本発達心理学会第13回大会 自主シンポジウム
2002
78 (企画者・司会者)状況を考慮に入れる心理学(2)
日本発達心理学会第13回大会 ラウンドテーブル
2002
79 (話題提供者)子どもとお金
日本発達心理学会第13回大会 ラウンドテーブル
2002
80 (企画者・司会者)状況を考慮に入れる心理学
日本発達心理学会第12回大会 ランドテーブル
2001
81 (話題提供者)発達心理学の表現法
日本発達心理学会第12回大会 自主シンポジウム
2001
82 (指定討論者)マインド・コントロールと法
法と心理学会第2回大会 ワークショップ
2001
83 (指定討論者)フィールド研究における様々な節目
日本心理学会第65回大会 ワークショップ
2001
84 (企画者)フィールドにおける関係性
日本心理学会第65回大会 ワークショップ
2001
85 質的研究への批判:理論的検討と儀中的工夫
日本発達心理学会第13回大会発表論文集
2001
86 精神分析の日本への導入とClark大学(第2報):蛎瀬彦蔵と精神分析
精神医学史学会第5回大会発表論文集
2001
87 普及過程としてのCD売上げ数:記述的研究
関西心理学会第113回大会発表論文集
2001
88 ドアのエスノグラフィー -定性的研究の実際(84)
日本心理学会第65回大会発表論文集
2001
89 The Netherlands' early influence on the establishment of modern psychology in Japan
The 20th European Society for the History of the Human Sciences.
2001
90 精神分析の日本への導入とClark大学(第1報):神田左京
精神医学史学会第5回大会発表論文集
2001
91 (話題提供者)今あるような心理学はなぜそのようにあるのか
日本理論心理学会第46回大会 シンポジウム
2000
92 (話題提供者)教育心理学における方法論の展開
日本教育心理学会第42回大会 準備委員会企画シンポジウム
2000
93 (企画者・話題提供者)教育心理学における研究成果の一般化の問題
日本教育心理学会第42回大会 自主シンポジウム
2000
94 (指定討論者)しつけ言葉
日本教育心理学会第42回大会 自主シンポジウム
2000
95 (話題提供者)心理学の定義
日本心理学会第64回大会 ワークショップ
2000
96 (企画者)フィールドから表現へ -形の冒険
日本心理学会第64回大会 ワークショップ
2000
97 (企画者)フィールド研究における様々な節目
日本心理学会第64回大会 ワークショップ
2000
98 (話題提供者)基礎心理学における応用性:新たな連携に向けて
日本基礎心理学会第 回大会
2000
99 Yuzero Motora, as the first Japanese psychologist: Psychophysics, Educational Psychology, and Zen
The 27th International Conference of Psychology
2000
100 会話におけるモードチェンジ -敬語とタメ語から見る人間関係--定性的研究の実際(72)
日本心理学会第64回大会発表論文集
2000
101 日本における法と心理学の展開;明治・大正期
法と心理学会第1回大会
2000
102 Studying abroad in Europe and the USA: Influences on Japanese Psychology 1868-1945
The 27th International Conference of Psychology
2000
103 Predecessors brought modern psychology as an experimental science in Japan
The 27th International Conference of Psychology
2000
104 異年齢集団におけるオモチャの取り合いの解決 -定性的研究の実際(59)
日本心理学会第64回大会発表論文集
2000
105 「怪談」の魅力はどこにあるのか -都市伝説としての構造を中心に -定性的研究の実際(70)
日本心理学会第64回大会発表論文集
2000
106 (共同企画者・司会者)日本心理学史の展開
日本心理学会第63回大会 ラウンドテーブル
1999
107 (話題提供者)成功する心理学者
日本心理学会第63回大会 ラウンドテーブル
1999
108 (指定討論者)プロファイリングってなに?
日本犯罪心理学会第37回大会 ラウンドテーブル
1999
109 スクール・ハラスメントの感受概念化
日本心理学会第63回大会論文集
1999
110 (企画者)教育心理学における知識生産活動を考える - モード論的アプローチ
日本教育心理学会第40回総会 自主シンポジウム
1998
111 (指定討論者)わが国における心理学研究の独創性を求めて
日本心理学会第62回大会 シンポジウム
1998
112 (指定討論者)性格測定の到達点と課題
日本心理学会第62回大会 シンポジウム
1998
113 (共同企画者)心理学史研究の重要性
日本心理学会第62回大会 ラウンドテーブル
1998
114 (共同企画者)ルポルタージュとエスノグラフィ
日本心理学会第62回大会 ラウンドテーブル
1998
115 ストレス状況での耳撃証言
日本心理学会第62回大会論文集
1998
116 ネガティブ・カテゴリー化としての不快な決めつけ -あるいは違和感分析の展開 -定性的研究の実際(15)
日本心理学会第61回大会論文集
1997
117 明治期における教育と教育の心理学
日本教育心理学会第39回大会発表論文集
1997
118 (話題提供者)一般教育としての心理学
日本心理学会第61回大会 ラウンドテーブル
1997
119 (共同企画者)フィールドワークの実際
日本心理学会第61回大会  ラウンドテーブル
1997
120 (共同企画者・司会者)社会心理学研究方法としてのフィールドワーク
日本性格心理学会第38回大会 シンポジウム
1997
121 Japanese blood-typing as biased stereotype
The 2nd Conference of The Asian Association of Social Psychology
1997
122 福島から被災地支援に行った人びと-あるいは違和感分析の発想 -定性的研究の実際(15)
日本心理学会第60回大会論文集
1996
123 当たり屋情報についての探索的検討
日本社会心理学会第37回大会発表論文集
1996
124 行動主義的認識論から性格概念を再構成する
日本行動分析学会第14回大会発表論文集
1996
125 心理学の領域における近年の日本の英語論文量の推移 -文献データベースPsylitを用いた研究-
日本心理学会第60回大会論文集
1996
126 (世話人・司会者)震災と発達心理学
日本発達心理学会第7回大会 ラウンドテーブル
1996
127 (企画協力者・話題提供者)人間行動遺伝学の問題・方法・思想
日本発達心理学会第7回大会 ラウンドテーブル
1996
128 (司会者)行動分析学と姥捨山問題
日本行動分析学会第14回大会 自主企画
1996
129 (指定討論者)状況研究の諸相と性格心理学
日本性格心理学会第5回大会 シンポジウム
1996
130 (話題提供者)行動遺伝学の展開
日本心理学会第60回大会 シンポジウム
1996
131 (話題提供者)学会誌審査のあり方を巡って
日本教育心理学会第38回総会 自主シンポジウム
1996
132 血液型気質相関説の創始者・古川竹二の生育歴と業績(2)-日本における性格心理学の歴史を考える(4)
日本性格心理学会第4回大会発表論文集
1995
133 流言の対応としての地震への備え -想定震源地からの距離と年齢に着目して 定性的研究の実際(11)
日本心理学会第59回大会論文集
1995
134 心理検査のまなざし -一望展装置としての知能検査
日本社会心理学会第37回大会発表論文集
1995
135 血液型性格関連説についての検討(6) -ブラハラの社会的・認知敵形成要因を探る
日本社会心理学会第36回大会発表論文集
1995
136 ビッグファイブは何の構造か
日本心理学会第59回大会論文集
1995
137 「心の射程」から見る短大への移行家庭 -定性的研究の実際(12)-
日本心理学会第59回大会論文集
1995
138 (企画協力者・司会者)発達心理学における実践的研究法のてい立を目指して 
日本発達心理学会第6回大会 ミニシンポジウム
1995
139 (企画者)フィールドワークの実際
日本心理学会第59回大会ワークショップ
1995
140 Y市電話育児相談(1973-1933年)における育児の悩み
日本発達心理学会第6回大会論文集
1995
141 (企画者・話題提供者)信じる心
日本社会心理学会第35回大会 自主企画
1994
142 (指定討論者)心理学の方法論の見直し
日本心理学会第58回大会シンポジウム
1994
143 (企画者・司会者)心理学史の現状と未来
日本心理学会第58回大会ワークショップ
1994
144 (話題提供者)新しいデータ表現をめぐるバズ・セッション
日本心理学会第58回大会ワークショップ
1994
145 血液型気質相関説の創始者・古川竹二の生育歴と業績 -日本における性格心理学の歴史を考える(3)
日本性格心理学会第3回大会発表論文集
1994
146 定性的研究の実際(7) -血液型の当てっこの会話から血液型性格関連説の内容を促えたい-
日本心理学会第58回大会論文集
1994
147 血液型性格関連説についての検討(5) -私達を包む『血液型』なるもの
日本社会心理学会第35回大会発表論文集
1994
148 『よい性格』と『悪い性格』-性格について価値判断することをどう考えるのか-
日本性格心理学会第3回大会発表論文集
1994
149 集団サイズがもたらす認知的アドバイスに関する研究 -大集団への肯定的評価と召集団への否定的評価について-
日本心理学会第58回大会論文集
1994
150 日本心理学史の現状と意義
日本心理学会第58回大会論文集
1994
151 集団サイズがもたらす認知的アドバイスに関する研究Ⅱ -相対的な集団サイズの効果-
日本社会心理学会第35回大会発表論文集
1994
152 否定表現:母親にとって(2歳)の否定行動とは -日誌法の多変量解析による整理-
日本発達心理学会第4回大会発表論文集 
1993
153 (企画者・司会者)行動分析の最前線 -刺激等価値-
日本心理学会第57回大会ワークショップ
1993
154 (企画者・司会者)信じる心 
日本社会心理学会第34回大会 自主企画
1993
155 血液型気質相関説の成立を巡って
日本心理学会第57回大会論文集 
1993
156 戦前期における個性とその評価:個性評価軸の多様化ではなく個人内個性の評価を考える -日本における性格心理学の歴史を考える(2)
日本性格心理学会第2回大会発表論文集
1993
157 血液型性格関連説についての検討(4)
日本社会心理学会第34回大会発表論文集
1993
158 青少年と生活の価値観1 研究の目的と方法
日本心理学会第57回大会論文集 
1993
159 青少年と生活の価値観3 遊び場所と問題行動の年代比較
日本心理学会第57回大会論文集 
1993
160 青少年と生活の価値観4 所属意識の高い仲間の学年比較
日本心理学会第57回大会論文集 
1993
161 青少年と生活の価値観5 ソーシャルサポートに関する横断的研究
日本心理学会第57回大会論文集
1993
162 青少年と生活の価値観6 道徳性及び社会性といじめ
日本心理学会第57回大会論文集 
1993
163 青年期及び青年期以降の双生児の人間関係について
日本性格心理学会第2回大会発表論文集
1993
164 育児相談場面における育児の悩み
日本発達心理学会第3回大会論文集
1992
165 血液型性格関連説について(2)
日本社会心理学会第33回大会発表論文集 
1992
166 幼児期の愛着に及ぼす要因の検討 -養育条件と性差に注目して-
日本発達心理学会第3回大会論文集
1992
167 エスノメソッドとしての“性格”概念
日本心理学会第56回大会論文集
1992
168 日本における性格心理学の歴史を考える
日本性格心理学会第1回大会発表論文集
1992
169 日本における性格心理学の歴史を考える
日本性格心理学会第1回大会発表論文集
1992
170 パーソナリティの一貫性をめぐる視点の問題
日本心理学会第56回大会論文集
1992
171 パーソナリティの一貫性と予測の問題
日本心理学会第56回大会論文集 
1992
172 How do mothers perceive personality difference between their twins?
7th International congress on TWIN studies
1992
173 A study on human relations among adolescent Twins
7th International congress on TWIN studies
1992
174 (話題提供者) エスノな発達研究の可能性 (話題提供)血液型性格論をエスノメソッドとして考える
日本発達心理学会第3回大会ラウンドテーブル
1992
175 (企画・話題提供者) 俗信・偏見
日本発達心理学会第33回大会 自主企画
1992
176 (話題提供者) 今、再び性格心理学:因果関係研究の可能性と限界 (提供話題) 内弁慶な子はどこにいるか?人間の性格を状況と共に考えよう
日本心理学会第56回大会ワークショップ
1992
177 (企画者)行動分析の考え方 -その自己点検と継承にむけて
日本行動分析学会第10回大会公開シンポジウム
1992
178 血液型性格関連説について
日本社会心理学会第32回大会論文集
1991
179 文化とパーソナリティ
日本社会心理学会第32回大会論文集
1991
180 役割演技による経験と気づき
日本心理学会第55回大会論文集 
1991
181 育児関連ストレスに関する日米比較
日本発達心理学会第2回大会論文集 
1991
182 性格表現用語が抱える問題点と今後の展望
日本社会心理学会第32回大会論文集
1991
183 妊娠出産と母子精神衛生17 18ヶ月時の母親の養育行動傾向
日本心理学会第55回大会論文集
1991
184 乳児期の行動特徴と母親が抱くFeeling of goodness of fitとの関連
日本心理学会第55回大会論文集
1991
185 (企画者) 文化とパーソナリティ
日本社会心理学会第32回大会自主シンポジウム 
1991
186 これまでのパーソナリティ概念に関するいくつかの疑問
日本心理学会第54回大会論文集
1990
187 内弁慶は内的性格特性か パーソナリティ概念やその尺度を再考しよう
日本発達心理学会第1回大会論文集
1990
188 エスノメソッドとしてのパーソナリティ
日本社会心理学会第31回大会論文集
1990
189 心理学実習におけるパーソナリティ尺度 MPIの日本語版と英語版を使用した発見学習の試み
日本教育心理学会第32回大会論文集
1990
190 パーソナリティについて考える Radical Behaviorismとの接点はあるか
行動分析学会第8回大会論文集
1990
191 妊娠出産と母子精神衛生16 母親自身の親子関係と母性意識
日本心理学会第54回大会論文集 
1990
192 子どもへの性役割期待に関する日米比較 日本の親は過剰期待かもしれない
日本発達心理学会第1回大会論文集 
1990
193 パーソナリティ理論の実証的再構成にむけて(終)内的実体論から相互作用論へ、結果の記述から原因の探求へ
日本社会心理学会第30回大会論文集
1990
194 (話題提供者)パーソナリティ心理学の現状と未来 (提供話題)これまでのパーソナリティ概念に関するいくつかの疑問
日本心理学会第54回大会シンポジウム 
1990
195 妊娠出産と母子精神衛生15 産後6ヵ月から18ヶ月にかけての母性意識の変化
日本心理学会第53回大会論文集 
1989
196 乳児の気質的特徴に関する縦断的研究
日本教育心理学会第31回大会論文集
1989
197 パーソナリティ理論の実証的再構成にむけて2 パーソナリティ研究の方法論的諸問題
日本社会心理学会第30回大会論文集
1989
198 育児関連ストレスについての経時的検討の試み
日本教育心理学会第31回大会論文集
1989
199 幼少期離別体験と育児関連ストレス
日本社会心理学会第30回大会論文集
1989
200 育児関連ストレスについての概念的問題
日本心理学会第53回大会論文集
1989
201 マタニティーブルーズ -発生率に関するいくつかの問題提起
母子精神保健研究会第6回大会論文集
1989
202 妊娠出産と母子精神衛生12 6ヵ月時母親の育児関連ストレスと関連要因
日本心理学会第52回大会論文集 
1988
203 母親の育児意識に関する横断的研究4 育児関連ストレスと抑うつ度の関連についての検討
日本教育心理学会第30回大会論文集 
1988
204 パーソナリティ理論の実証的再構成にむけて1 パーソナリティの素朴実在論をこえて
日本社会心理学会第29回大会論文集 
1988
205 妊娠出産と母子精神衛生13 産後6ヵ月の母性意識とその先行要因
日本心理学会第52回大会論文集 
1988
206 母親の育児意識に関する横断的研究1 発達期待における諸側面の重要度
日本教育心理学会第30回大会論文集 
1988
207 母親の育児意識に関する横断的研究2 母親が抱く我が子が子のパーソナリティ・イメージ
日本教育心理学会第30回大会論文集 
1988
208 母親の育児意識に関する横断的研究3 子どもの性別による母親の養育態度のちがい
日本教育心理学会第30回大会論文集 
1988
209 妊娠出産と母子精神衛生6 妊娠とRDC精神障害
日本心理学会第51回大会論文集 
1987
210 妊娠出産と母子精神衛生7 出産とRDC精神障害
日本心理学会第51回大会論文集 
1987
211 妊娠出産と母子精神衛生8 性格特性との関連
日本心理学会第51回大会論文集 
1987
212 妊娠出産と母子精神衛生10 産後5日目の母親の心理
日本心理学会第51回大会論文集 
1987
213 妊娠出産と母子精神衛生11 乳児期における気質的特徴の構造
日本心理学会第52回大会論文集 
1987
214 妊娠出産と母子精神衛生5 産後6ヵ月における育児の悩みとの関連
日本心理学会第50回大会論文集 
1986
215 妊娠出産と母子衛生1 研究の目的と方法
日本心理学会第50回大会論文集 
1986
216 妊娠出産と母子精神衛生2 産後精神障害の発生率と背景要因1
日本心理学会第50回大会論文集 
1986
217 妊娠出産と母子精神衛生3 産後精神障害の発生率と背景要因
日本心理学会第50回大会論文集 
1986
218 妊娠出産と母子精神衛生4 母性意識および子供要因との関連
日本心理学会第50回大会論文集 
1986