日本語
College of Comprehensive Psychology  /
Department of Comprehensive Psychology

 (Male)
 Tatsuya   SATO  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Letters
The Kinugasa Research Organization   /
Institute of Human Sciences
The Kinugasa Research Organization   /
Institute of Ars Vivendi
Ritsumeikan Asia-Japan Research Organization   /
Asia-Japan Research Institute
Research Organization of Open Innovation & Collaboration   /
Ritsumeikan Inamori Philosophy Research Center
The Kinugasa Research Organization   /
Research Center for Social Studies of Health and Community
Research Organization of Open Innovation & Collaboration   /
Center for MONODZUKURI Qualitative Research
■Graduate school/University/other
03/1985  Tokyo Metropolitan University  Faculty of Humanities  Psychology  Graduated
03/1987  Tokyo Metropolitan University  "Graduate School, Division of Humanities"  Psychology   Master's course  Completed
03/1989  Tokyo Metropolitan University  "Graduate School, Division of Humanities"  Psychology   Doctoral course  Withdrawal
■Academic degrees
Ph.D (02/2002 Tohoku University)   M.A. (03/1987 Tokyo Metropolitan University)  
■Career history
04/01/2012-03/31/2013  衣笠総合研究機構長
04/01/2012-03/31/2016  研究部長
04/01/2012-03/31/2016  立命館グローバルイノベーション研究機構副機構長
04/01/2016-03/31/2021  学校法人立命館・総合企画室長/学園広報室長
■Committee history
04/2004-  日本質的心理学会 常任理事・事務局長
04/2019-03/2021  日本質的心理学会 理事長
10/2006-09/2009  日本性格心理学会 常任理事(広報・編集委員)
 法と心理学会 理事(編集委員)
06/2013-06/2015  日本心理学会  常務理事
■Academic society memberships
Kansai Psychological Association  
The Japanese Psychological Association  
The Japanese Association of Educational Psychology  
The Japanese Association for Behavior Analysis  
The Japanese Society of Social Psychology  
Japan Society of Developmental Psychology  
Japan Society of Personality Psychology  
Japanese Society for Law and Psychology  
Japanese Association of Qualitative Psychology  
Japanese Association of Science for Human Services  
■Research keywords
Cultural psychology, Law and psychology and Medical psychology 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
Birth of Trajectory Equifinality Approach (TEA) and the Pocket Money Project: Effort to Theorize the Flow of Time. In Takahashi and Yamamoto (Eds.) Children and Money
Cultural Developmental Psychology of Pocket Money  Tatsuya Sato  Information Age Publishing  159-170  03/2020  978-1-64113-955-7
Introduction to Psychology  渡邊芳之  有斐閣  1-18, 21-46, 91-126,194-212  12/2019  978-4-641-22138-3
法と心理学への招待  サトウタツヤ・若林宏輔・指宿信・松本克美・廣井亮一  有斐閣  12/2019  9784641174504
View details...

Papers
Situational Experience around the World:A Replication and Extension in 62 Countries  Daniel I. Lee,Gwendolyn Gardiner, Erica Baranski, Erica Baranski, Members of the International Situations Project and Funder,D.C.  Journal of Personality  2020
サトウタツヤ・上村晃弘・卒田卓也・田中千尋・土元哲平・伴野崇生・宮下太陽・横山直子・木戸彩恵  サトウタツヤ  対人援助学マガジン  41, 93-104  06/2020
盛和塾企業における稲盛経営哲学の浸透  サトウタツヤ・澤野美智子  立命館大学稲盛経営哲学研究センター研究成果報告集2015年度-2019年度  1, 24-27  03/2020
View details...

Research presentations
Auto-TEM for Understanding Career Support in Transition  The 3rd Transnational Meeting on Trajectory Equifinality Approach  03/24/2020
セクハラ的情動性が司法面接で聴取した耳撃証言に与える影響  法と心理学会第20回大会  10/27/2019
自動車・顧客を対象としたTEA(複線径路等至性アプローチ:Trajectory Equifinality Approach)の適用事例について  日本質的心理学会第16回大会  09/21/2019
View details...

Other research achievements
デマ拡散どう防ぐ 立命館大、サトウタツヤ教授「一歩立ち止まって」  産経新聞  03/06/2020-
「当たり屋グループが来ている」危険伝えたい善意連鎖  東奥日報  03/05/2020-
研究倫理について  中京学院大学学内研修会  08/27/2019-
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Competitive grants, etc. (exc. KAKENHI)
「病いとともに生きる」という生き方―生きることの楽しさを難病の患者さんから学ぶ  独立行政法人日本学術振興会・研究成果の社会還元・普及事業  2010  2010
三次元表現を用いた議論の可視化ツール  社会技術研究開発センター(RISTEX)科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』公募  2010  2010  Main representative
公共的コミュニケーションの可視化-複雑社会における政治的法的判断の構造  独立行政法人日本学術振興会・異分野融合による方法的革新を目指した人文・社会科学研究推進事業  2009  2011
View details...

Academic awards
日本質的心理学会  日本質的心理学会優秀フィールド論文賞  09/2016
日本質的心理学会  日本質的心理学会優秀フィールド論文賞  09/2013
日本質的心理学会  日本質的心理学会優秀理論論文賞  09/2009
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Seminar 1  Seminar
2017  Seminar 2  Seminar
2017  Graduation Thesis  Seminar
View details...

Teaching achievements
立命館慶祥高校「R-Navigation(高1・2対象学部ガイダンス)」を担当。  12/2015-12/2015
立命館慶祥高校「アカデミック・ナビゲーション・ディ」を担当。  12/2015-12/2015
市立西宮高校模擬講義 総合心理学入門  09/2015-09/2015
View details...
■Message from researcher
楽しく研究しよう。
 「アタマの良さはIQでわかる」などということが、単純に信じられていた時代がありました。なぜ、多くの人がそういうことを信じたのだろうか?そういう疑問から私の心理学史の研究はスタートしました。また、血液型性格判断についても同様です。今、多くの人が信じているけど、いつから、どのようにこうした考えが広まっていったのだろうか?こうなると歴史の研究であると同時に考え方の普及の研究になってきます。それで、うわさの研究などにも私は取り組んでいます。今では、CDが普及する過程の研究にも取り組むようにもなりました。ある歌手やグループがある歴史性をもって活動していくその過程を記述していくのが目的です。よく、次はどんな研究をするの?と聞かれたりしますが、「歴史」と「普及」をキーワードに楽しい研究をしたい、というのが答えです。
 研究を楽しくするには、新しい方法論が必要です。そこで、私は今、質的研究と呼ばれる分野の研究方法の開拓を行っています。最近では企業さんと一緒に「もの作りと心理学のための質的アナリスト育成」というプロジェクトを開始しました。
 また、立命館大学に着任以来、人間科学研究所で行われている対人援助学の研究に参加したり、GCOE生存学創成拠点に参加したりして、狭い意味での心理学にこだわらずに様々な現場における人間の活動 (Life=生・生活・人生・生存) に関する研究も行っています。前職が福島大学助教授だったので、福島の復興支援にもかかわっています。
 学部のゼミでは、法と心理学やフィールドワークを行う学生が多く、色々と刺激を受けています。
■URL
 http://www.ritsumei.ac.jp/psy/
 http://www.ritsumei.ac.jp/research/mdz/
 https://sites.google.com/site/rgiro2lawpsyc/
 http://www.ritsumei.ac.jp/research/riprc/
 Tatsuya Sato
 Trajectory Equifinality Approach (TEA); New Adventure for Qualitative Inquiry
 Ars Vivendi
 http://www.ritsumei.ac.jp/research/health-c/
■E-mail
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Sociology/History of Science and Technology
New fields of law
Social Psychology
Educational Psychology