English
総合心理学部  /
総合心理学科

 サトウ   タツヤ   (男)
 佐藤    達哉   教授
 Tatsuya   SATO

■兼務所属(本学内)
文学研究科
衣笠総合研究機構   /
人間科学研究所
衣笠総合研究機構   /
生存学研究所
立命館アジア・日本研究機構   /
アジア・日本研究所
OIC総合研究機構   /
稲盛経営哲学研究センター
衣笠総合研究機構   /
地域健康社会学研究センター
■出身大学院・出身大学他
1985/03  東京都立大学  人文学部  心理学  卒業
1987/03  東京都立大学大学院  人文科学研究科  心理学  修士課程  修了
1989/03  東京都立大学大学院  人文科学研究科  心理学  博士課程  中退
■取得学位
博士(文学) (2002/02 東北大学)   文学修士 (1987/03 東京都立大学)  
■職歴
2012/04/01-2013/03/31  衣笠総合研究機構長
2012/04/01-2016/03/31  研究部長
2012/04/01-2016/03/31  立命館グローバルイノベーション研究機構副機構長
2016/04/01-2021/03/31  学校法人立命館・総合企画室長/学園広報室長
■委員歴
2004/04-  日本質的心理学会 常任理事・事務局長
2019/04-2021/03  日本質的心理学会 理事長
2006/10-2009/09  日本性格心理学会 常任理事(広報・編集委員)
 法と心理学会 理事(編集委員)
2013/06-2015/06  日本心理学会  常務理事
■所属学会
関西心理学会  
日本心理学会  
日本教育心理学会  
日本行動分析学会  
日本社会心理学会  
日本発達心理学会  
日本性格心理学会  
法と心理学会  
日本質的心理学会  
対人援助学会  
■研究キーワード
社会心理学・心理学史, 実験系心理学, 教育・社会系心理学, 法, 心理学, 普及, 偏見 歴史 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
ワードマップ 質的研究法マッピング  サトウタツヤ・春日秀朗・神崎真実  新曜社  2019/09  9784788516472
Money for Ordinary Things—Clean or Dirty? Money:Ordinary Things but Deeply Culturally Embedded Phenomenon. In Giuseppina Marsico and Luca Tateo (Eds.) Ordinary Things and Their Extraordinary Meanings (Annals of Cultural Psychology) ,Chap 8.  Tatsuya Sato, Hideaki Kasuga, and Akinobu Nameda  Information Age Publishing  145-156  2019/06
時間と記号 木戸彩恵・サトウタツヤ(編)『文化心理学』  サトウタツヤ  ちとせプレス  41-51  2019/03
一覧表示...

論文
[心理学史 諸国探訪] タイ  サトウタツヤ  心理学ワールド  86, 29  2019/07
福島、ふくしま、Fukushima(5)
対人援助学&心理学の縦横無尽 (26)  サトウタツヤ  対人援助学マガジン  36, 86-96  2019/06
[心理学史 諸国探訪] イタリア   サトウタツヤ  心理学ワールド  85, 29  2019/04
一覧表示...

研究発表等
セクハラ的情動性が司法面接で聴取した耳撃証言に与える影響  法と心理学会第20回大会  2019/10/27
自動車・顧客を対象としたTEA(複線径路等至性アプローチ:Trajectory Equifinality Approach)の適用事例について  日本質的心理学会第16回大会  2019/09/21
ものづくりと質的研究方法論の再考~「ものづくり」に質的研究はどう貢献できるか?  日本質的心理学会第16回大会  2019/09/21
一覧表示...

その他研究活動
研究倫理について  中京学院大学学内研修会  2019/08/27-
TEAの社会実装  キャリアテックワーキンググループ  2019/07/19-
文書流言か 文化創造か? 万歳三唱令を考える  熊本日日新聞 文化面   2018/03/10-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
「病いとともに生きる」という生き方―生きることの楽しさを難病の患者さんから学ぶ  独立行政法人日本学術振興会・研究成果の社会還元・普及事業  2010  2010
三次元表現を用いた議論の可視化ツール  社会技術研究開発センター(RISTEX)科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』公募  2010  2010  代表
公共的コミュニケーションの可視化-複雑社会における政治的法的判断の構造  独立行政法人日本学術振興会・異分野融合による方法的革新を目指した人文・社会科学研究推進事業  2009  2011
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     ナラティブアプローチによる「社会生活・人間関係」ならびに「対人援助」の問題解決   代表   -   2017/04-2018/03   2017   380,000   
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     TEM(複線径路等至性モデリング)による「QOLを脅かす状況からの回復」の研究   代表   -   2017/04-2018/03   2017   400,000   
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     ナラティブ-概念と実践の再編成   代表   -   2016/09-2017/03   2016   400,000   
一覧表示...

受賞学術賞
日本質的心理学会  日本質的心理学会優秀フィールド論文賞  2016/09
日本質的心理学会  日本質的心理学会優秀フィールド論文賞  2013/09
日本質的心理学会  日本質的心理学会優秀理論論文賞  2009/09
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  専門演習Ⅰ  演習
2017  専門演習Ⅱ  演習
2017  卒業論文  演習
一覧表示...

教育活動
立命館慶祥高校「R-Navigation(高1・2対象学部ガイダンス)」を担当。  2015/12-2015/12
立命館慶祥高校「アカデミック・ナビゲーション・ディ」を担当。  2015/12-2015/12
市立西宮高校模擬講義 総合心理学入門  2015/09-2015/09
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
楽しく研究しよう。
 「アタマの良さはIQでわかる」などということが、単純に信じられていた時代がありました。なぜ、多くの人がそういうことを信じたのだろうか?そういう疑問から私の心理学史の研究はスタートしました。また、血液型性格判断についても同様です。今、多くの人が信じているけど、いつから、どのようにこうした考えが広まっていったのだろうか?こうなると歴史の研究であると同時に考え方の普及の研究になってきます。それで、うわさの研究などにも私は取り組んでいます。今では、CDが普及する過程の研究にも取り組むようにもなりました。ある歌手やグループがある歴史性をもって活動していくその過程を記述していくのが目的です。よく、次はどんな研究をするの?と聞かれたりしますが、「歴史」と「普及」をキーワードに楽しい研究をしたい、というのが答えです。
 研究を楽しくするには、新しい方法論が必要です。そこで、私は今、質的研究と呼ばれる分野の研究方法の開拓を行っています。最近では企業さんと一緒に「もの作りと心理学のための質的アナリスト育成」というプロジェクトを開始しました。
 また、立命館大学に着任以来、人間科学研究所で行われている対人援助学の研究に参加したり、GCOE生存学創成拠点に参加したりして、狭い意味での心理学にこだわらずに様々な現場における人間の活動 (Life=生・生活・人生・生存) に関する研究も行っています。前職が福島大学助教授だったので、福島の復興支援にもかかわっています。
 学部のゼミでは、法と心理学やフィールドワークを行う学生が多く、色々と刺激を受けています。
■関連URL
 立命館大学 総合心理学部
 「法と心理学」研究拠点の創成
 RGIRO 法心理・司法臨床センター
 複線径路等至性アプローチ
 Tatsuya Sato
 Trajectory Equifinality Approach (TEA); New Adventure for Qualitative Inquiry
 Ars Vivendi
■電話番号
072-665-2310
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
科学社会学・科学技術史
新領域法学
社会心理学
教育心理学