English
総合心理学部  /
総合心理学科

 キタオカ   アキヨシ   (男)
 北岡    明佳   教授
 Akiyoshi   KITAOKA

■兼務所属(本学内)
文学研究科
OIC総合研究機構   /
認知科学研究センター
総合科学技術研究機構   /
システム視覚科学研究センター
■出身大学院・出身大学他
1984/03  筑波大学  第二学群  生物学類  卒業
1991/03  筑波大学大学院  心理学研究科  博士課程  修了
■取得学位
教育学博士 (1991/03 筑波大学)  
■職歴
1991/07/01-2001/03/31  (財)東京都神経科学総合研究所・主事研究員
2001/04/01-2006/03/31  立命館大学文学部・助教授
2006/04/01-  立命館大学文学部・教授
■委員歴
2007-2008  日本基礎心理学会  編集委員
2007/04-  日本基礎心理学会  理事
2005-  日本視覚学会  世話人
2009/07-  日本心理学会  地域別代議員(近畿)
2009/11-2013/10  日本心理学会  情報化委員
2011-2016  日本心理学会  広報委員長
2008-  三次元映像のフォーラム  幹事
2009/04-  立命館大学文学部心理学専攻  主任
2010/04-2012/03  立命館大学文学部  副学部長
2016/04-  立命館大学総合心理学部  副学部長
2018-  日本視覚学会  幹事
■所属学会
日本心理学会  
日本視覚学会  
日本基礎心理学会  
日本神経科学会  
日本アニメーション学会  
日本顔学会  
日本色彩学会  
三次元映像のフォーラム  
日本認知心理学会  
■研究テーマ
静止画が動いて見える錯視
視覚的ファントム
色の錯視
傾き錯視
坂道の錯視
明るさの錯視
■研究概要
イチゴの色の恒常性錯視 色依存のフレーザー・ウィルコックス錯視
イチゴの色の恒常性錯視 色依存のフレーザー・ウィルコックス錯視
「蛇の回転」 グレア効果
「蛇の回転」 グレア効果

錯視の実験心理学的研究

 形の錯視(幾何学的錯視)、色の錯視、明るさの錯視、運動視の錯視などを実験心理学的に、あるいはfMRIを用いて神経生理学的に研究する。

●静止画が動いて見える錯視のメカニズムを明らかにし、運動視のメカニズムの研究に貢献する。

●ツェルナー錯視、フレーザー錯視、カフェウォール錯視、渦巻き錯視などの幾何学的錯視のメカニズムを明らかにする。

●色の錯視・明るさの錯視を現象的に分類し、そのメカニズムを明らかにする。

●視覚的ファントムのメカニズムを明らかにし、視覚系は足りない情報をいかに補うかということについての洞察を深める。

●その他、いろいろな錯視を実験心理学的に研究する。
■研究キーワード
知覚心理学、実験心理学、錯視、アート&デザイン、幾何学的錯視、カフェウォール錯視、渦巻き錯視、色の錯視、明るさの錯視、静止画が動いて見える錯視、視覚的ファントム、視覚的補完、透明視、オオウチ錯視、踊るハート、最適化型フレーザー・ウィルコックス錯視、中心ドリフト錯視 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
世界一不思議な錯視アート  北岡明佳  カンゼン  2019/07  978-4-86255-508-3
トリックアート戦国時代 (トリックアートアドベンチャー)  北岡 明佳 (監修), グループコロンブス  あかね書房  2019/06  978-4251097880
Visual phantom illusion as an integrative product of early visual processing and higher-order perceptual organization. in James M. Brown (Ed.), Pioneer visual neuroscience: A Festschrift for Naomi Weisstein  Gyoba, J., Sakurai, K., and Kitaoka, A.  New York: Routledge  57-71  2019/01  978-1-138-04839-3
一覧表示...

論文
OICに日本心理学会がやってくる  北岡明佳  RADIANT(立命館大学研究部)  11, 27  2019/07
Reversed phi and the “phenomenal phenomena” revisited  Rogers, B., Anstis, S., Ashida, H., and Kitaoka, A.  i-Perception  10/ 4, 1-12  2019/07  10.1177/2041669519856906
Blindness to curvature and blindness to illusory curvature  Bertamini, M. and Kitaoka, A.  i-Perception  9/ 3, 1-11  2018/05  10.1177/2041669518776986
一覧表示...

研究発表等
おもしろアート講演会 目から見る不思議~錯視とアート~  子ども体験塾  2019/08/07
Gender Recognition Biased by Facial Beauty, Likability, and Attractiveness  15th Asia-Pacific Conference on Vision (APCV2019)  2019/07/31
The effect of color temperature on the color-dependent Fraser-Wilcox illusion  15th Asia-Pacific Conference on Vision (APCV2019)  2019/07/31
一覧表示...

その他研究活動
錯視コンテストを主宰  授賞式を日本基礎心理学会大会内で開催。2015年度(第7回錯視コンテスト授賞式)は大阪樟蔭女子大学。  2009/12/07-2018/12/02
錯視・錯聴コンテスト・10周年記念総合グランプリ決定コンテスト主催  明治大学中野キャンパス6階セミナー室3  2019/02/25-
トリックアートと不思議な視覚展(2) 虎の尾 より回転して見えるように色の境界線を丸く  中日新聞(しずおか) 2015年7月24日(金) p.24  2015/07/24-2015/07/24
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
Visiome プラットフォーム(PF) の継続開発・公開運用とコンテンツの収集・登録  理化学研究所との共同研究  2006  2010
一覧表示...

共同・受託研究実績
Visiome Platformの継続開発・運用とコンテンツ収集と登録  2006-2016/03  分担
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   基盤研究     「肌色」の知覚のメカニズムの研究:静脈の錯視からのアプローチ   代表   -   2015/04-2016/03   2015   1,500,000   
研究推進プログラム   科研費連動型     新しい錯視群の知覚・認知メカニズムと神経的基盤の解明   代表   -   2014/06-2015/03   2014   2,000,000   
研究の国際化推進プログラム   -     ベオグラード大学心理学研究室との錯視の実験美学的研究の協同の推進   代表   -   2014/04-2015/03   2014   1,000,000   
一覧表示...

受賞学術賞
日本認知心理学会  日本認知心理学会・第3回独創賞  2007/05/27
ロレアル アーツ アンド サイエンス ファンデーション  第9回 ロレアル 色の科学と芸術賞 金賞受賞  2006/12/01
今井賞選考委員会  第1回今井賞(錯視の館賞)  2005/11/22
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  後期課程 特別研究Ⅰ  演習
2017  専門演習Ⅰ  演習
2017  専門演習Ⅱ  演習
一覧表示...

教育活動
同志社中学校生徒さん訪問・錯視工作等(2019年7月13日(土))14:00~16:30  2019/07-2019/07
思議の世界へようこそ 錯視ワークショップ
第二早翠幼稚園(敦賀市)
http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/Tsuruga2018.html  2018/06-2018/06
ワークショップ 北岡明佳さんと錯視であそぼう! @福井県立こども歴史文化館・2階 交流ひろば  2017/09-2017/09
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
私は錯視を研究してます。
 錯視とは、対象の物理的特性とは異なって見えた場合の視知覚のことである。具体的には、平行な線が平行でなく見えたり、直線が曲線に見えたり、同じ大きさのものの大きさが違って見えたりすることである。錯視は「おもしろい」という以外に、視覚(見るという仕組み)そのものが錯視的トリックを使って成立しているので、視覚の研究にも役立つ。私はさきほど例にあげた幾何学錯視以外にも、運動視の錯視、立体視の錯視、色の錯視など錯視をすべて研究対象としている。これらの成果をもとに、物体認知の研究も精力的に行なっている。私の研究のキーワードを3つ挙げるならば、錯視、恒常性、視覚的補完である。
■関連URL
 北岡明佳の錯視のページ
 Akiyoshi's illusion pages
■電話番号
075-466-3685
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
実験系心理学