English
総合心理学部  /
総合心理学科

 キタオカ   アキヨシ   (男)
 北岡    明佳   教授
 Akiyoshi   KITAOKA

■兼務所属(本学内)
文学研究科
衣笠総合研究機構   /
人間科学研究所
OIC総合研究機構   /
認知科学研究センター
■出身大学院・出身大学他
1984/03  筑波大学  第二学群  生物学類  卒業
1991/03  筑波大学大学院  心理学研究科  博士課程  修了
■取得学位
教育学博士 (1991/03 筑波大学)  
■職歴
1991/07/01-2001/03/31  (財)東京都神経科学総合研究所・主事研究員
2001/04/01-2006/03/31  立命館大学文学部・助教授
2006/04/01-  立命館大学文学部・教授
■委員歴
2007-2008  日本基礎心理学会・編集委員
2007/04-2011/03  日本基礎心理学会・理事
2005-  日本視覚学会・世話人
2009/07-  日本心理学会・地域別代議員(近畿)
2009/11-2013/10  日本心理学会・情報化委員
2011-  日本心理学会広報委員長
2008-  三次元映像のフォーラム・幹事
2009/04-2010/03  立命館大学文学部心理学専攻主任
2010/04-2012/03  立命館大学文学部副学部長
■所属学会
日本心理学会  
日本視覚学会  
日本基礎心理学会  
日本神経科学会  
日本アニメーション学会  
日本顔学会  
日本色彩学会  
三次元映像のフォーラム  
■研究テーマ
(5)静止画が動いて見える錯視の研究
(4)視覚的ファントムの研究
(3)錯視の現象学的・心理物理学的研究
(2)色の錯視の研究
(1)傾き錯視の研究
■研究概要
錯視の例
錯視の例

錯視・錯覚の心理学的研究と神経生理学的研究

 形の錯視(幾何学的錯視)、色の錯視、明るさの錯視、運動視の錯視などを実験心理学的あるいはfMRIを用いて神経生理学的に研究する。

【研究テーマ(1)概要】
ツェルナー錯視、フレーザー錯視、カフェウォール錯視、渦巻き錯視などのメカニズムを明らかにする。

【研究テーマ(2)概要】
色の錯視を現象的に分類する。

【研究テーマ(3)概要】
いろいろな錯視を実験心理学的に研究する。

【研究テーマ(4)概要】
視覚的ファントムを実験心理学的に研究する。

【研究テーマ(5)概要】
静止画が動いて見える錯視群を実験心理学的に、あるいは神経生理学的に研究する。
■研究キーワード
知覚心理学、実験心理学、神経生理学、アート&デザイン、幾何学的錯視、カフェウォール錯視、渦巻き錯視、色の錯視、明るさの錯視、静止画が動いて見える錯視、視覚的ファントム、視覚的補完、透明視、オオウチ錯視、踊るハート、最適化型フレーザー・ウィルコックス錯視、中心ドリフト錯視 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
基礎心理学実験法ハンドブック

(分担執筆部分のタイトル)錯視デザインからのアプローチ  北岡明佳(分担執筆)  朝倉書店  186-187  2018/06  978-4-254-52023-1
トリックアートハロウィーン  北岡明佳(監修)・グループ・コロンブス(構成・文)  あかね書房  2017/08  978-4-251-09787-3
The Oxford Compendium of Visual Illusions  Kitaoka, A.  Oxford University Press  500-511  2017/04  9780199794607
一覧表示...

論文
Blindness to curvature and blindness to illusory curvature  Bertamini, M. and Kitaoka, A.  i-Perception  9/ 3, 1-11  2018/05  10.1177/2041669518776986
Illusory motion reproduced by deep neural networks trained for prediction  Watanabe, E., Kitaoka, A., Sakamoto, K., Yasugi, M., and Tanaka, K.  Frontiers in Psychology  9/ 345, 1-12  2018/03  10.3389/fpsyg.2018.00345
連載 人生の智慧のための心理学 第4回 錯覚から世界を考える?  繁桝算男・北岡明佳  書斎の窓(有斐閣)  655/ 2018年1月号, 44-48  2018/01
一覧表示...

研究発表等
錯視アート体験で、クラクラしよう。  ワークショップ  2018/08/23
錯視の世界  NEXT VISION 講演  2018/08/06
縦断勾配錯視についての実験的研究  日本視覚学会2018年夏季大会  2018/08/03
一覧表示...

その他研究活動
錯視コンテストを主宰  授賞式を日本基礎心理学会大会内で開催。2015年度(第7回錯視コンテスト授賞式)は大阪樟蔭女子大学。  2009/12/07-2015/11/28
トリックアートと不思議な視覚展(2) 虎の尾 より回転して見えるように色の境界線を丸く  中日新聞(しずおか) 2015年7月24日(金) p.24  2015/07/24-2015/07/24
トリックアートと不思議な視覚展(1) ローラー 静止画なのに回って見える  中日新聞(しずおか) 2015年7月23日(木) p.21  2015/07/23-2015/07/23
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
Visiome プラットフォーム(PF) の継続開発・公開運用とコンテンツの収集・登録  理化学研究所との共同研究  2006  2010
一覧表示...

共同・受託研究実績
Visiome Platformの継続開発・運用とコンテンツ収集と登録  2006-2016/03  分担
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   基盤研究     「肌色」の知覚のメカニズムの研究:静脈の錯視からのアプローチ   代表   -   2015/04-2016/03   2015   1,500,000   
研究推進プログラム   科研費連動型     新しい錯視群の知覚・認知メカニズムと神経的基盤の解明   代表   -   2014/06-2015/03   2014   2,000,000   
研究の国際化推進プログラム   -     ベオグラード大学心理学研究室との錯視の実験美学的研究の協同の推進   代表   -   2014/04-2015/03   2014   1,000,000   
一覧表示...

受賞学術賞
日本認知心理学会  日本認知心理学会・第3回独創賞  2007/05/27
ロレアル アーツ アンド サイエンス ファンデーション  第9回 ロレアル 色の科学と芸術賞 金賞受賞  2006/12/01
今井賞選考委員会  第1回今井賞(錯視の館賞)  2005/11/22
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  後期課程 特別研究Ⅰ  演習
2017  専門演習Ⅰ  演習
2017  専門演習Ⅱ  演習
一覧表示...

教育活動
思議の世界へようこそ 錯視ワークショップ
第二早翠幼稚園(敦賀市)
http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/Tsuruga2018.html  2018/06-2018/06
ワークショップ 北岡明佳さんと錯視であそぼう! @福井県立こども歴史文化館・2階 交流ひろば  2017/09-2017/09
「だまし絵(錯視)体験」 サンケイリビング・子ども科学大学 @大阪いばらきキャンパス  2017/08-2017/08
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
私は錯視を研究してます。
 錯視とは、対象の物理的特性とは異なって見えた場合の視知覚のことである。具体的には、平行な線が平行でなく見えたり、直線が曲線に見えたり、同じ大きさのものの大きさが違って見えたりすることである。錯視は「おもしろい」という以外に、視覚(見るという仕組み)そのものが錯視的トリックを使って成立しているので、視覚の研究にも役立つ。私はさきほど例にあげた幾何学錯視以外にも、運動視の錯視、立体視の錯視、色の錯視など錯視をすべて研究対象としている。これらの成果をもとに、物体認知の研究も精力的に行なっている。私の研究のキーワードを3つ挙げるならば、錯視、透明視、視覚的補完である。
■関連URL
 北岡明佳の錯視のページ
■電話番号
075-466-3685
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
実験系心理学