日本語
Graduate School of Science for Human Services

 (Female)
 Kuniko   MURAMOTO  Professor

■Concurrent affiliation
The Kinugasa Research Organization   /
Institute of Human Sciences
■Graduate school/University/other
03/1985  Kyoto University  Petagogy  Graduated
03/1987  Graduateschool of Kyoto University  "Graduate School, Division of Education"  Educational Methodology  Master's course  Completed
05/2001  [USA] Graduate School of The Union Institute  Doctoral course  Completed
■Academic degrees
Ph.D. Psychology and Womens Studies (05/2001 Graduate School of the Union Institute)  
■Career history
04/01/1987-03/31/1990  新石切りこころのクリニック・心理カウンセラー
10/01/1990-03/31/2014  女性ライフサイクル研究所所長
04/01/1992-03/31/1996  花園大学非常勤講師
04/01/1992-03/31/1996  花園大学学生相談カウンセラー
04/01/1993-03/31/1995  大阪府立看護短期大学非常勤講師
04/01/1994-03/31/2001  大阪市立大学非常勤講師
04/01/2001-  立命館大学・教授
04/01/2002-03/31/2004  英知大学非常勤講師
04/01/2005-  京都文教大学非常勤講師
■Committee history
09/2002-  特定非営利法人安心とつながりのコミュニティづくりネットワーク理事長
04/2004-03/2012  日本コミュニティ心理学会 理事
04/2012-03/2015  日本コミュニティ心理学会 常任理事
■Academic society memberships
The Association of Japanese Clinical Psychology  
Japanese Society Of Community Psychology  
The Japanese Association for Humanistic Psychology  
The Women's Studies Association of Japan  
International Society for Traumatic Stress Studies  
International Society for the Study of Dissociation  
Japanese Association of Qualitative Psychology  
Japanese Association of Victimology  
The Japanese Society of Studies on Addictive Behaviors  
Japan Feminist Counseling Society  
■Subject of research
Child Rearing Support and Prevention of Abuse
Clinical Psychological Support for Female and Child Victims of DV, Abuse, Sexual Harm, etc.
Prevention of Violence and Preventive Education
Intergenerational Chain of Trauma by Offense and Injury in War
Peace Education Using Drama Therapy
Theory of Female Life Cycle
■Research summary
Support of parenting, abuse prevention, support and prevention of women's trauma including DV, abuse and sex damage, generation-to-generation chain of trauma caused by being war offenders or victims, and peace education

 Effective support and prevention education will be developed and provided for women and children suffering from trauma caused by abuse, DV and other violence damages. I will study generation-to-generation chain of trauma caused by being war offenders or victims, including holocaust, and build peace psychology to overcome such trauma.
■Research keywords
clinical psychology, trauma psychology, women's studies, gender, community psychology, irenology child care support, abuse, domestic violence (DV), intergenerational trauma, war and trauma, life cycle for women 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
児童心理学の進化
(書評:山極寿一『家族進化論』)  稲垣佳代子・河合優都市・斉藤こずゑ・高橋恵子・高橋知音・山祐輔(編集)  金子書房  322-326  06/2016
子どもと離婚~合意解決と履行の支援  二宮周平・渡辺惺之編(第2章III-2「ドイツ・シュトゥットガルトにおける機関連携」・第3章I「複雑な家族問題のために子どもを中心にした解決を創造する」翻訳+補論)  信山社  193-196、215-227  04/2016
臨地の対人援助学~東日本大震災と復興の物語  村本邦子・中村正・荒木穂積  晃洋書房  1-8,43-51, 96-101, 134-154,161-169,199-200  08/2015
View details...

Papers
周辺からの記憶14:2014 年度 日本コミュニティ心理学会・むつ  村本邦子  対人援助学マガジン  7/ 4, 168-179  03/2017
境界を超える~場(トポス)への回帰  村本邦子  女性ライフサイクル研究  25, 4-12  02/2017
「女性活躍」を問う  村本邦子  国際社会福祉情報  第40号, 55-60  12/2016
View details...

Research presentations
Post Disaster Community Support with Family Manga Exhibition as a Tool for Intervention and Outreach: Reflection on the Past Five years from a Narrative Perspective  19th International Conference on Community Psychology and Mental health  05/04/2017
支援者支援でコミュニティの力(レジリエンス)を引き出す~「東日本・家族応援プロジェクトinむつ」の事例をもとに  対人援助学会  09/25/2016
「物語」を手掛かりにした東日本大震災後コミュニティ支援の実践
−−ホモ・ナラティビスト(物語る人間)と聴く人が出会う「復興の証人10年プロジェクト」から─  対人援助学会第8回大会  09/25/2016
View details...

Other research achievements
「性暴力被害女性が支援団体:苦しみ抜け出せる」コメント  南日本新聞  01/30/2017-
京都新聞現代の言葉「被災地をつなぐ」  京都新聞夕刊  06/20/2016-
京都新聞現代の言葉「ハワイアン主権回復運動に学ぶ」  京都新聞  04/22/2016-
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Competitive grants, etc. (exc. KAKENHI)
家族漫画を中核装置としたアクションリサーチによる「心の防災」の理論化の試み  公益財団法人JR西日本あんしん社会財団 平成27年度研究助成  04/2015  03/2016  Main representative
DVについて学び,安心の中でより豊かな子育てを!(NPO法人FLC安心とつながりのコミュニティづくりネットワーク)  NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド  2006  2006  Main representative
トラウマを受けた子どもへの予防的危機介入のためのプログラム作成および試行的実施プロジェクト―DV家庭に育った子ども支援プログラム作成の試み(NPO法人FLC安心とつながりのコミュニティづくりネットワーク)  三菱財団助成金事業  2003  2003  Main representative
View details...

Academic awards
日本コミュニティ心理学会  日本コミュニティ心理学会第19回大会優秀発表賞  06/2016
日本コミュニティ心理学会  日本コミュニティ心理学会第18回大会優秀発表賞  07/2015
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2016  Seminar in Science for Human Services Ⅱ  Seminar
2016  Research Methods in Science for Human Services Ⅱ  Seminar
2016  Thesis Seminar in Science for Human Services  Seminar
View details...

Teaching achievements
サービスラーニングのテキストとして、『臨地の対人援助学~東日本大震災と復興の物語』を出版(村本・中村・荒木の共編著)  08/2015-
『大学院におけるサービス・ラーニングを取り入れたプロジェクト型教育の試み ~「東日本・家族応援プロジェクト2011~2013」の成果と課題』として発行。  02/2015-
サービス・ラーニングとしての「東日本・家族応援プロジェクト」  06/2011-
View details...
■Message from researcher
女性と子どもにやさしい社会を目指して・・・
 精神科外来カウンセラーを経て、1990年、女性ライフサイクル研究所(http://www.flcflc.com/)を設立。2002年より、NPO法人安心とつながりのコミュニティづくりネットワーク(http://www.annshinn.com/)も主宰しています。子ども時代の虐待、性被害、女性への暴力などをテーマとし、治療的支援のほか、予防的活動を行ってきました。最近は、暴力の根底にある戦争によるトラウマの世代間連鎖の問題に取り組んでいます。芸術療法、アロマセラピー、ドラマセラピーなどホリスティックなアプローチにも興味を持っています。シェルターへのプログラム派遣などのボランティアや戦争とトラウマ関連の研究会などもやっていますから、関心があれば是非一緒にやりましょう。
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Clinical Psychology