English
先端総合学術研究科

 タテイワ   シンヤ   (男)
 立岩    真也   教授
 Shinya   TATEIWA

■兼務所属(本学内)
衣笠総合研究機構   /
生存学研究センター
衣笠総合研究機構   /
人間科学研究所
■出身大学院・出身大学他
1983  東京大学  文学部  社会学
1990  東京大学大学院  社会学研究科  社会学  博士課程
■取得学位
社会学修士  
■所属学会
日本保健医療社会学会  
日本社会福祉学会  
日本生命倫理学会  
関東社会学会  
生命倫理研究会  
日本解放社会学会  
日本社会学会  
■研究テーマ
家族、ジェンダーに関する研究
障害者の自立生活に関する研究
生命倫理
■研究概要
近代社会論・所有論

 なぜ社会がこのようであるのか、またほかのありようはないのかできるだけ基本的なところから考えてみたいと思って、考えています。
■研究キーワード
社会学、生命倫理、生殖技術、障害者、福祉、差別、家族、ジェンダー、性別分業 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
ひとびとの精神史5『万博と沖縄返還――一九七〇前後』「横塚晃一――障害者は主張する」  吉見俊哉編  岩波書店  257-284  2015/11
『精神病院体制の終わり――認知症の時代に』  立岩真也  青土社  2015/11
『わらじ医者の来た道――民主的医療現代史』  早川 一光・西沢 いづみ  青土社  59-193,227-230  2015/10  978-4791768790
一覧表示...

論文
「生の現代のために・9――連載 118」  立岩真也  『現代思想』  43/ 16, 8-19  2015/12
「生の現代のために・8――連載 117」  立岩真也  『現代思想』  43/ 15, 8-19  2015/11
「生の現代のために・7――連載 116」  立岩真也  『現代思想』  43/ 14, 8-19  2015/10
一覧表示...

研究発表等
病・障害の諸相、そしてなおすこと・補うこと・委ねること  障害学国際セミナー 2014  2014/11/20
本人が第一等と誰もが言うことについて  質的心理学会研究員会主催研修会  2011/02/05
市民としての発想法  大阪ボランティア協会  2011/01/15
一覧表示...

その他研究活動
震災関連情報提供開始他  2011/03/17-
神経難病者の現況 NHK和歌山支局によるインタビュー  2010/12/16-
筋ジストロフィーの人の所謂医療的ケアについてのコメント 「法律通りじゃ生きられない」(記者:奥迫 了平) 『ニュースの卵』  2010/08/10-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
『生存学』創成拠点  文部科学省・グローバルCOEプログラム  2007  2011
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究の国際化推進プログラム   -     日本・韓国・中国における障害当事者中心の社会サービス構築にむけて   代表   -   2015/10-2016/03   2015   1,000,000   
研究拠点形成支援プログラム   -     「生存学」創成拠点   代表   -   2015/04-2016/03   2015   15,000,000   
専門研究員プログラム(旧ポストドクトラルフェロープログラム)   -     自殺にかんする責任帰属過程を解明しうる質的な社会学の方法論確立と、その応用・実践   代表   -   2015/04-2016/03   2015     
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2014  プロジェクト演習  演習
2014  プロジェクト予備演習Ⅲ  演習
2014  応用講読演習Ⅰ  講義
一覧表示...

教育活動
プロジェクト演習・プロジェクト予備演習での院生の研究発表、研究科公募研究会や個別研究会にて指導し、『Core Ethics』『生存学センター研究報告』『生存学』その他の著書などの
諸論文として発表させている。  2003/04-2020/03
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
自由や平等、存在の承認(の困難)について
 ホームページwww.arsvi.comに私の書いた文章や提供している情報が掲載されています。それをみていただければ、なにをしているのかおわかりいただけると思います。ご覧ください。2003年の4月から新しい大学院の教員になる予定です。「公共」という主題・分野を担当することになります。このことについても関連情報を随時上記ホームページに掲載していきます。どうぞよろしく。
■関連URL
 http://www.arsvi.com/ts/0.htm
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
倫理学
社会学(含社会福祉関係)