English
先端総合学術研究科

 タテイワ   シンヤ   (男)
 立岩    真也   教授
 Shinya   TATEIWA

■兼務所属(本学内)
衣笠総合研究機構   /
生存学研究センター
衣笠総合研究機構   /
人間科学研究所
■出身大学院・出身大学他
1983  東京大学  文学部  社会学
1990  東京大学大学院  社会学研究科  社会学  博士課程
■取得学位
社会学修士  
■所属学会
日本保健医療社会学会  
日本社会福祉学会  
日本生命倫理学会  
関東社会学会  
生命倫理研究会  
日本解放社会学会  
日本社会学会  
■研究テーマ
家族、ジェンダーに関する研究
障害者の自立生活に関する研究
生命倫理
■研究概要
近代社会論・所有論

 なぜ社会がこのようであるのか、またほかのありようはないのかできるだけ基本的なところから考えてみたいと思って、考えています。
■研究キーワード
社会学、生命倫理、生殖技術、障害者、福祉、差別、家族、ジェンダー、性別分業 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
『人間の条件――そんなものない 第2版』  立岩真也  新曜社  2018/04
『社会が現れるとき』  若林幹夫・立岩真也・佐藤俊樹  東京大学出版会  2018/02
『リハビリテーション/批判――多田富雄/上田敏/…』  立岩真也編  Kyoto Books  2017/07
一覧表示...

論文
「事実への信仰――ディテールで現実に抵抗する」  荻上チキ・立岩真也・岸政彦  『現代思想』  46  2018/02
「社会科学する(←星加良司『国家とは何か』の3――連載・142」  立岩真也  『現代思想』  46  2018/02
「星加良司『障害とは何か』の2――連載・141」  立岩真也  『現代思想』  46  2018/01
一覧表示...

研究発表等
PA (Personal Assistance): Acquiring Public Expense and Seeking Self Management  Conference on Multi-Disciplinary Research of Disability Policy in China, 於:China (中国)・Wuhan 武漢  2017/12/17
"Achieving Independent Lives for People with ALS Connected to Artificial Respirators through the Process of Accepting Care from Non-Family Members"  The 28th International Symposium on ALS/MND  2017/12/09
一つのための幾つか  第36回びわこ学園実践研究発表会全体講演  2016/12/03
一覧表示...

その他研究活動
震災関連情報提供開始他  2011/03/17-
神経難病者の現況 NHK和歌山支局によるインタビュー  2010/12/16-
筋ジストロフィーの人の所謂医療的ケアについてのコメント 「法律通りじゃ生きられない」(記者:奥迫 了平) 『ニュースの卵』  2010/08/10-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
意思決定支援研究 ―その現状を知り、可能性を探り、未来を展望する―  公益財団法人 明治安田こころの健康財団 2016年度研究助成  2016/09  2017/09  代表
『生存学』創成拠点  文部科学省・グローバルCOEプログラム  2007  2011
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究拠点形成支援プログラム   -     「生存学」創成拠点   代表   -   2017/04-2018/03   2017   15,000,000   
専門研究員プログラム(旧ポストドクトラルフェロープログラム)   -     トランスジェンダーとして生きるコスト―「セーフティーネットとしての学問」という観点から   代表   -   2017/04-2018/03   2017     
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     病者障害者運動史研究―生の現代から未来へ   代表   -   2016/06-2017/03   2016   500,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2016  プロジェクト演習  演習
2016  プロジェクト予備演習Ⅲ  演習
2016  応用講読演習Ⅰ  講義
一覧表示...

教育活動
プロジェクト演習・プロジェクト予備演習での院生の研究発表、研究科公募研究会や個別研究会にて指導し、『Core Ethics』『生存学センター研究報告』『生存学』その他の著書などの
諸論文として発表させている。  2003/04-2020/03
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
自由や平等、存在の承認(の困難)について
 ホームページwww.arsvi.comに私の書いた文章や提供している情報が掲載されています。それをみていただければ、なにをしているのかおわかりいただけると思います。ご覧ください。2003年の4月から新しい大学院の教員になる予定です。「公共」という主題・分野を担当することになります。このことについても関連情報を随時上記ホームページに掲載していきます。どうぞよろしく。
■関連URL
 http://www.arsvi.com/ts/0.htm
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
倫理学
社会学(含社会福祉関係)