English
顔写真
情報理工学部  /
情報理工学科

 シマカワ   ヒロミツ   (男)
 島川    博光   教授
 Hiromitsu   SHIMAKAWA

■兼務所属(本学内)
総合科学技術研究機構   /
防災フロンティア研究センター
情報理工学研究科
総合科学技術研究機構   /
琵琶湖Σ研究センター
OIC総合研究機構   /
認知科学研究センター
衣笠総合研究機構   /
アート・リサーチセンター
■出身大学院・出身大学他
1984  京都大学  工学部  情報工学  卒業
1999  京都大学大学院  工学研究科  情報工学  博士課程  修了
■取得学位
工学博士 (京都大学)  
■職歴
1986-2002  三菱電機株式会社(1994-2002 産業システム研究所)
1993-1994  米国マサチューセッツ大学計算機科学科に派遣
2000-2001  大阪電機通信大学電子工学科 非常勤講師
2002/04-  立命館大学理工学部情報学科 教授
(2004年4月より 情報理工学部情報システム学科 教授 現在に至る)
■委員歴
2006-2009  立命館大学情報理工学部 副学部長
■所属学会
情報処理学会  
The Americal Computing Machinary  
Tne Institute of Electrical and Electronics Engineers  
システム/制御/情報  
■研究テーマ
データウェアハウスを用いたモデルとデータの融合
■研究概要
Data Warehouseを用いたモデルとデータの融合

 ラフなモデリングを施した操作対象から大量のデータを収集する.このデータをData Warehouseで多次元分析し,対象のモデリングの精度を高める.
■研究キーワード
データ工学、リアルタイムシステム、社会システム、計算機ソフトウェア、情報システム、データベース、データウェアハウス、時系列データ、制御モデル 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
線形代数学に基づくデータ分析法  原田史子,島川博光  共立出版  2016/09  978-4-320-11145-5
プログラミングのための計算機科学入門Ⅱ―巣立つための体系的知識―  島川博光 編、高田秀志、毛利公一、横田裕介、桑原寛明 共著  株式会社昭晃堂  2009/09
プログラミングのための計算機科学入門Ⅰ―始めるための基本事項―  島川博光 編著、島川博光、高田秀志、原田史子、山本哲男、糸賀裕也 共著  株式会社昭晃堂  2009/04
一覧表示...

論文
生活意欲低下検知のための1クラスSVMを用いた掃除の丁寧さ判別  島吉翔太, 梶原祐輔, 島川博光  電気学会論文誌C  137/ 5, 768-769  2017/05
Assessing Posture and Movement of Beginner Farmer with Wearable Sensors  Riki tatsuta, Dinh Thi Dong Phuong, Yusuke Kajiwara, Hiromitsu Shimakawa  International Journal of Latest Research in Engineering & Technology, (IJLRET)  Vol.3/ No.2, 1-13  2017/02
Recommendation of Tour Route from Tourist Motivation Improving Serendipity Occurrence  Momoko Kato, HiromitsuShimakawa  International Journal of Latest Research in Engineering & Technology, (IJLRET)  3/ 2, 26-36  2017/02
一覧表示...

研究発表等
Guidance of Farming Works to Improve Efficiency Considering Physical Behavior  International Conference on Machine Learning and Computing(ICMLC)  2017/02/25
Estimating Working Stressor Based on Pulse Wave  Proc. of International Conference on Machine Learning and Computing(ICMLC)  2017/02/25
Extracting Foreigner Interest for Japanese Culture from Interactive Digital Contents  Proc. of 6th International Conference on Information and Electronics Engineering (ICIEE 2017)  2017/02/23
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

共同・受託研究実績
危機管理システム  2010/07-2011/03  共同研究
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究の国際化推進プログラム   -     農業の6次産業化のための IoTとセキュアな情報通信によるサイバー・フィジカル・システム   代表   -   2015/04-2016/03   2015   1,500,000   
一覧表示...

受賞学術賞
 FIT論文賞  2010/09
 Best Paper Award UBICOMM 2008  2008
 システム制御情報学会 論文賞  1998
一覧表示...

知的財産権
時系列計算装置  第3114273号
プラント保守支援システム  第3190492号
プラント運転支援装置  第3187188号
一覧表示...

研究交流希望テーマ
人間の興味ベクトル表現  人間の興味ベクトル表現  技術相談,受託研究,共同研究
高齢者支援  高齢者支援  技術相談,受託研究,共同研究
プログラミング教育  プログラミング教育  技術相談,受託研究,共同研究
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2016  データマイニング  講義
2016  ヒューマンコンピュータインタラクション  講義
2016  プログラミング演習1  演習
一覧表示...

教育活動
立命館守山高校「理系デモンストレーションデイ」を担当した。  2015/11-2015/11
プログラミング演習における受講生の特性の分析

Web教材を用いて各受講生の特性をサーバの使用状況より収集した。データ分析により、特性ごとに最適な指導法を探索している。  2010/04-2015/03
Webによるプログラミング演習用e-learning環境の構築(実授業に適用中)  2009/04-2015/03
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
データ工学の産業,教育への展開
 我々の身の回りにある問題を,データの観点から見直すことを考えたい.なぜ,水道料金は安くならないのか,高速道路は盆暮れには渋滞するのはなぜか.浄水場や道路からの収集データを分析し,これらの問題の解決策を考える.また,工場の生産ラインの作業員は,工程の上流や下流の状況をまったく知らない.もし携帯式コンピュータを使って,作業員どうしがデータを交換し連携すれば、より効率的な作業が実現できる。このようなデータを中心とした研究を計画している.応用分野としては,産業分野に拘らず,教育も範疇に入れたい。幼児へのコンピュータ教育、大学生へのプログラミング教育など、どのような教育を行えば,どのような効果が得られるかを実データをもとに解明したいと考えている.
■関連URL
 データ工学研究室
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
メディア情報学・データベース