English
情報理工学部  /
情報理工学科

 オヤナギ   シゲル   (男)
 小柳    滋   教授
 Shigeru   OYANAGI

■兼務所属(本学内)
総合科学技術研究機構   /
VLSIセンター
情報理工学研究科
■出身大学院・出身大学他
1972  京都大学  数理工学  卒業
1977  京都大学大学院  工学研究科  数理工学  博士課程
■取得学位
工学博士 (京都大学)  
■職歴
2004/04/01-  立命館大学情報理工学部・教授
2002/04/01-2004/03/31  立命館大学理工学部・教授
1977/04/01-2002/03/31  (株)東芝 研究開発センター
2000/04/01-2002/03/31  北陸先端大学院大学・客員教授
■委員歴
1979/04-1981/03  情報処理学会 会誌編集委員
1991/04-1996/03  情報処理学会 計算機アーキテクチャ研究会 連絡委員
1988/04-1990/03  電子情報通信学会 会誌編集委員
1995/04-  電子情報通信学会 英文論文誌編集委員
1993/04-1995/03  電子情報通信学会 コンピュータシステム専門委員会幹事
1995/04-1997/03  電子情報通信学会 コンピュータシステム専門委員会副委員長
1997/03-1999/03  電子情報通信学会 情報システムソサイェティ副会長
1995/10-2000/03  並列分散処理コンソーシアム(PDC)特許部会長
1998/06-2000/03  (財)INTAPレジデンシャルゲートウェイ調査委員会委員
■所属学会
情報処理学会  
電子情報通信学会  
ACM  
IEEE  
■研究テーマ
コンピュータ・アーキテクチャ
■研究概要
大規模データを扱うコンピュータシステム技術

 ネットワークの進展により、データの増加速度はプロセッサの性能向上速度を大幅に上回っている。このような情報爆発時代に対処するためのコンピュータシステム技術をハードウェアからソフトウェアまで幅広く研究する。
■研究キーワード
コンピュータ・アーキテクチャ、並列処理、データマイニング、WWW検索、セキュリティ 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
コンピュータアーキテクチャ(改訂2版)  小柳 滋、内田啓一郎  オーム社  1-97, 119-179,192-218  2019/10  978-4-274-22467-6
計算科学のための並列計算  石井克哉、平野靖、永井亨、津田知子、小柳滋、三浦謙一  共立出版  129-158  2014/07  978-4-320-12269-7
論理回路 -基礎と演習ー  房岡 璋、小柳 滋  昭晃堂  82-172  2009/10  9784785612269
一覧表示...

論文
Evaluation of Load Value Predictor to Utilize Prediction Miss Bias  Lin Meng, Nobuhiro Moriwaki, Yoshiyuki Fujikawa, Shigeru Oyanagi  IAENG transactions on Engineering Sciences,
Special Issue for the International Association of Engineers Conferences 2015  191-204  2016
ハブ空間上でのクラスタリングとマッチングによる甲骨文字の認識  孟 林、泉 知倫、小柳 滋  画像電子学会論文誌  44/ 4, 627-636  2015/09
An optimal scheduling for using chain technique on superscalar processor  Lin Meng, Nobuhiro Moriwaki, Shigeru Oyanagi  International Journal of Advanced Mechatronic System  2015-6/ 5, 211-219  2015/08
一覧表示...

研究発表等
The Development of Underwater-Drone equipped with 360-degree Panorama in Opensource Hardware  2017 International Conference on Identification, Information & Knowledge in the Internet of Things, (IIKI2017)  2017/10
Extraction of User Context for Recommendation from Access History  IAENG International Conference on Internet Computing and Web Services ( ICICWS )  2015/03
Load Value Prediction Method to Utilize Prediction Miss Bias  IAENG International Conference on Computer Science ( ICCS )  2015/03
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
ハイブリッド型違法情報フィルタリング手法の提案  A-STEP 研究成果最適展開支援プログラム  2011  2011  代表
個人領域の特定によるネットパトロール支援に関する研究  A-STEP  2010  2010  代表
文書間の類似性に基づく柔軟な情報検索システムの開発  シーズ発掘試験研究  2007  2007  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費連動型     ビッグデータのリアルタイム処理計算基盤   代表   -   2014/06-2015/03   2014   500,000   
研究推進プログラム   科研費連動型     組込みシステム向けネットワークオンチップの研究   代表   -   2012/07-2013/03   2012   500,000   
一覧表示...

知的財産権
密度が高い部分行列データをコンピュータによって抽出する方法、そのコンピュータシステム及びコンピュータプログラム  2004-330340
一覧表示...

研究交流希望テーマ
WWW検索技術  データマイニング技術を応用して高度な検索を実現する
(キーワード)アクセスログのマイニング、リンクのマイニング、コンテンツのマイニング  技術相談,受託研究,共同研究
データマイニング
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  情報システム学実験2  実験・実習・実技
2017  情報システム学実験3  実験・実習・実技
2017  (教)情報システム演習  講義
一覧表示...

教育活動
学科専門科目「計算機システム」における毎回の「確認テスト」の実施  2008/04-2010/07
「情報システム学実験Ⅱ」における実験機器の開発、カリキュラムの開発、および実験用テキストの開発  2008/04-2009/08
共通専門科目「論理回路」における毎週の「確認テスト」の実施とコミュニケーション欄を活用した授業改善。  2005/04-2011/01
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
WWWマイニング技術
 膨大なデータから有用な知識を抽出する技術がデータマイニングである。WWWをベースとしたデータマイニングはデータマイニングのキラーアプリとして期待されている。WWWのアクセスログ、リンク、コンテンツの内容などを総合してリアルタイムに分析することにより、WWW上でのマーケティングやe-Learningなどの新しい応用分野の開拓が期待される。
■関連URL
 コンピュータシステム研究室
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
計算機システム・ネットワーク