English
情報理工学部  /
情報理工学科

 ターウォンマット   ラック   (男)
 THAWONMAS    Ruck   教授
 Ruck   THAWONMAS

■兼務所属(本学内)
情報理工学研究科
衣笠総合研究機構   /
ゲーム研究センター
衣笠総合研究機構   /
アート・リサーチセンター
■出身大学院・出身大学他
1994  東北大学大学院  工学研究科  情報工学  博士課程  修了
■取得学位
工学博士 (東北大学)  
■委員歴
1999/05-  IEEE シニア会員
2014/04-2017/12  Associate Editor: IEEE Transactions on Computational Intelligence and AI
2014/04-  Editorial Board Member: Games for Health Journal
2018/01-  Associate Editor: IEEE Transactions on Games
■所属学会
ゲーム学会  
IGDA(国際ゲーム開発者協会)  
日本バーチャルリアリティ学会  
情報処理学会  
人工知能学会  
ACM  
IEEE  
電子情報通信学会  
■研究テーマ
インタラクティブドラマ
仮想コミュニティ形成型ゲームマイニングの基盤技術
■研究概要
ゲームマイニング、インタラクティブドラマ

 1) ゲームマイニング
オンラインゲームでプレーヤーの挙動・会話を解析し、結果をより魅力的なコンテンツ作りへ反映させる

2) インタラクティブドラマ
アニメに人工知能を持たせて自発的にドラマを演じさせる
■研究キーワード
人工知能、エンターテインメントコンピューティング、コンピュータゲーム、デジタル・ヒューマニティーズ、オンラインゲーム、仮想空間、プレイヤー挙動分析、プレイヤー間話題・特定,評判システム、コミュニティ解析、データマイニング、物語り自動生成、双方向物語り、知的エージェント、サスペンスの定量化、ゲームエンジン 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
Content-Based Recommendation for Stacked-Graph Navigation  Alejandro Toledo, Kingkarn Sookhanaphibarn, Ruck Thawonmas, Frank Rinaldo  Springer  99-114  2013/05
デジタル・ヒューマニティーズ研究とWeb技術(シリーズ日本文化デジタル・ヒューマニティーズ)"3Dメタバースを用いた日本語・日本文化学習環境の構築"  玉井未知留・稲葉光行・細井浩一・Ruck Thawonmas・上村雅之・中村彰憲  ナカニシヤ出版  109-126  2012/05
デジタル・ヒューマニティーズ研究とWeb技術(シリーズ日本文化デジタル・ヒューマニティーズ)"仮想環境での鑑賞者の観覧行動に対する視覚的分析ツール: Second Lifeにおける仮想展示の事例研究"  Kingkarn Sookhanaphibarn・Ruck Thawonmas・稲葉光行  ナカニシヤ出版  158-174  2012/05
一覧表示...

論文
TGIF!:
Selecting the Most Healing TNT by Optical Flow  Changeun Yang, Pujana Paliyawan, Ruck Thawonmas, and Tomohiro Harada  The AAAI 2019 Spring Symposium on Interpretable AI for Well-Being: Understanding Cognitive Bias and Social Embeddedness, Stanford University, Palo Alto, California USA, Mar. 25-27, 2019 . (accepted for presentation)  2019/03
Blow Up Depression with In-Game TNTs  Changeun Yang, Pujana Paliyawan, Tomohiro Harada, and Ruck Thawonmas  Proc. of the 7th IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2018)  786-787  2018/10
An Analysis of Fighting Game AIs Having a Persona  Ryota Ishii, Suguru Ito, Ruck Thawonmas and Tomohiro Harada  Proc. of the 7th IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2018)  558-559  2018/10
一覧表示...

研究発表等
モーションゲームのためのユニバーサルスケルトン構築  平成30年度情報処理学会関西支部大会  2018/09/30
キュリオシティドリブンを用いた格闘ゲームAIの提案  平成30年度情報処理学会関西支部大会  2018/09/30
ローリングホライゾン進化的アルゴリズムを用いたペルソナ格闘ゲームAI  平成30年度情報処理学会関西支部大会  2018/09/30
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

共同・受託研究実績
質問応答システムII  2000-
質問応答システム-I  1999-
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     観戦者の嗜好に基づいたゲームプレイの自動生成及び情報推薦   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
研究の国際化推進プログラム   -     Proposal for the Ritsumeikan Information Science and Engineering (RISE)Workshop   代表   -   2014/04-2015/03   2014   1,500,000   
研究専念教員制度   -     日本文化デジタル・ヒューマニティーズ   -   国内   2008/04-2011/03   2008     文部科学省グローバルCOEプログラム 
一覧表示...

受賞学術賞
2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics  IEEE GCCE 2017 Outstanding Demo! Award  2017/10
2015 IEEE 4th Global Conference on Consumer Electronics  IEEE GCCE 2015 Outstanding Student Paper Award  2015/10
IEEE Japan Council Women In Engineering  IEEE Japan Council Women In Engineering Best Paper Award  2015/10
一覧表示...

知的財産権
Text Mining Method and Apparatus for Extracting Features of Documents  6882747  USA
データ解析方法及びその装置ならびにコンピュータ・プログラム  2001-22219  3572020
テキストマイニングにおける文書の特徴量抽出方法及びその装置  2001-22219  3524846
一覧表示...

研究交流希望テーマ
ゲームマイニング
インタラクティブドラマ
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  情報理工学特殊研究1  演習
2017  情報理工学特殊研究2  演習
2017  情報理工学特殊研究3  演習
一覧表示...

教育活動
専門科目「知能情報システム創成1」にてGame Makerテーマを設定し、TAを活用して受講者に短期間でゲーム作品を作成してもらった後、受講者同士によるゲーム作品のコンテストを実施した。  2004/10-2005/01
専門科目「知能情報システム創成1」にてGame Makerテーマを設定し、TAを活用して受講者に短期間でゲーム作品を作成してもらった後、受講者同士によるゲーム作品のコンテストを実施した。  2005/10-2006/01
専門科目「知能情報システム創成1」にてGame Makerテーマを設定し、TAを活用して受講者に短期間でゲーム作品を作成してもらった後、受講者同士によるゲーム作品のコンテストを実施した。  2006/10-2007/01
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
多数の高度研究教育機関を経験した後、立命館大学に着任致しました。
 詳細はhttp://www.ice.ci.ritsumei.ac.jp/~ruck/にてご参考下さい.
■関連URL
 Ruck Thawonmas's Homepage
 知能エンターテイメント研究室
 IEEE CIG 2009 ソフトウェアエージェントMs. Pacman大会優勝について
 IEEE CEC 2009 ソフトウェアエージェントMs. Pacman大会優勝について
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
知能情報学