教育活動
公開件数:12件
No. 活動名 活動期間
1 学部「税法」の授業における双方向の取組みとして、授業中に事例を解答する時間をとり、TAとともに個別学生からの質問に個別に対応し、受講生の理解度アップに努めた。
2018/04-2018/07
2 税務弘報66巻2号(2018)で「私の租税教育論29」を公表した。
2018/02-2018/02
3 大学院前期課程の「応用経済研究(リスクと課税)」の講義において、東日本大震災研究プロジェクトのメンバー、研究者をゲスト・スピーカーとして招聘し、最新の研究成果の一部を教学に反映させる取り組みを行った。
2017/04-2017/07
4 学部の税法の講義における双方向の取組みとして、manaba+Rで提出された課題(4回)に対して授業内でコメントし、受講生の理解度アップに努めた。
2016/09-2017/01
5 学部「卒業研究」及び大学院の税理財務コースの修士論文の作成過程において、コピーペルナーを利用して、論文の引用方法などの指導を行い、経済学部FD委員会(2014年1月21日)にてその取り組みを報告した。
2014/01-2014/01
6 大学院前期課程の「応用経済研究(リスクと課税)」の講義において、東日本大震災研究プロジェクトのメンバーをゲスト・スピーカーとして招聘し、最新の研究成果の一部を教学に反映させる取り組みを行った。
2013/09-2014/01
7 学部の税法の講義における双方向の取組みとして、manaba+Rで提出された課題(4回)に対してコメントし、受講生の理解度アップに努めた。
2013/04-2013/07
8 学部の税法の講義における双方向の取組みとして、コースツールで提出された課題(4回)に対してコメントし、受講生の理解度アップに努めた。
2012/04-2012/07
9 学部の税法の講義における双方向の取組みとして、コースツールで提出された課題(4回)に対してコメントし、受講生の理解度アップに努めた。
2011/04-2011/07
10 和歌山県立桐蔭高等学校が開催する桐蔭総合大学にて「少子高齢化・グローバル化・税」をテーマに模擬授業を行った(2011年3月15日)。
2011/03-2011/03
11 学部の税法の講義で実務家を講師に招いて、共同テーマで講義を行う取り組みをし、学生にコミュニケーションペーパーで意見を聞いた。
2010/05-2010/05
12 学生の履修計画の参考となるよう科目「税法」の「特長と手法の種類」を経済学部ホームページにて公開している。
2010/04-