論文
公開件数:284件
No. 発表論文の標題 著者名等 掲載誌名 巻/号,頁 出版年月 ISSN DOI URL
1 立体映像による複数物体追跡課題の生理・心理効果
佐竹秀一、萩原 啓
モバイル学会誌
6/ 1, 23-29
2016



2 課題間の注意機能差異および二重課題の過負荷が脳内血行動態と呼吸数、心拍変動に与える影響
長澤大志、萩原 啓
モバイル学会誌
6/ 1, 31-38
2016



3 Effect of Time Pressure on Work Efficiency and Cognitive Judgment
Jyunpei Yabuki, Hiroshi Hagiwara
Proceedings of the 7th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics
293-302
2016



4 Psycho-Physiological Response in 3D multiple object tracking
Shuichi Satake, Hiroshi Hagiwara
Proceedings of The 16th IEEE International Conference on BioInformatics and BioEngineering
254-257
2016



5 Effects of Individualized Respiratory Cycle-Based Vibration Stimuli on Nervous System after Mental or Physical Load
Naoto Iwamoto, Hiroshi Hagiwara
Proceedings of The 16th IEEE International Conference on BioInformatics and BioEngineering
258-261
2016



6 Workload induces changes in hemodynamics, respiratory rate and heart rate variability
Taishi Nagasawa, Hiroshi Hagiwara
Proceedings of The 16th IEEE International Conference on BioInformatics and BioEngineering
176-181
2016



7 体感振動刺激が及ぼす生体反応と単調作業課題への影響
小西建斗、萩原 啓
モバイル学会誌
5/ 2, 49-55
2015



8 Psycho-Physiological Response by 3D Image and Sound
Shuichi Satake, Hiroshi Hagiwara
Proceedings of the 6th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics AHFE 2015
6171-6178
2015



9 Availability of Body Motion and Facial Information for Evaluating Visual and Auditory Attention
Taishi Nagasawa, Hiroshi Hagiwara
Proceedings of the 6th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics AHFE 2015
4649-4656
2015



10 Induction of a Relaxed State Using a Vibration Stimulus Based on the Respiratory Cycle
Naoto Iwamoto, Hiroshi Hagiwara
Proceedings of the 17th International Conference on Human-Computer Interaction HCI 2015
386-395
2015



11 Influence of Monotonous Work and Body Sensory Vibration Stimulus on Physiological Responses
Kento Konishi, Hiroshi Hagiwara
Proceedings of The 15th IEEE International Conference on BioInformatics and BioEngineering (IEEE BIBE2015)
7-9-1-SM/ 7-9-1-SM, 6pages
2015



12 生体情報によるドライバ特性評価の試み
萩原 啓
自動車技術
68/ 3, 97-100
2014/03



13 手掌への振動刺激による脳内血行動態と心拍変動への影響
杉本潤哉、萩原 啓
モバイル学会誌
4/ 1, 9-14
2014



14 計測部位の違いによる睡眠時体動の特徴抽出
加藤雅也、萩原 啓
生体医工学
52/ 4, 175-180
2014



15 温度刺激とマッサージ刺激による同時刺激が皮膚温度・血流へ与える影響
井上裕貴、萩原 啓
ヒューマンインタフェース学会誌
16/ 1, 1-6
2014/02



16 Effect of fNIRS on Physiological Index and Performance Under Vibratory Stimulus
Junya Sugimoto, Hiroshi Hagiwara
Proceedings of the 5th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics
2350-2356
2014



17 Brain Activity During a Visual Stimulation Task Performed Alone and with an Auditory Task
Noritaka Komiyama, Hiroshi Hagiwara
Proceedings of the 5th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics
2357-2364
2014



18 Physiological and psychological changes during breathing control using illuminance changes with different cycles
K.Moriura, H.Hagiwara
Proceedings of The 14th IEEE International Conference on BioInformatics and BioEngineering (IEEE BIBE2014)
111-114
2014



19 Facial self-massage that changes cerebral blood flow improves the mental state, cognitive function, and quality of life in the elderly
Sachi Kawaguchiya, Kenta Shingaki, Hiromi Yamashita, Hiroyuki Inoue, Hirotaka Inoue, Hiroshi Hagiwara, Minoru Ito, Kosuke Torii
Proceedings of The 28th International Federation of Societies of Cosmetic Chemists (IFSCC2014)
1page
2014



20 Influence on Skin Temperature and Blood Flow of Thermal and Massage Stimuli
H.Inoue, H.Hagiwara
Proceedings of The 13th IEEE International Conference on BioInformatics and BioEngineering (IEEE BIBE2013)
33, 4pages
2013



21 20年間に異なる体形変化をした国内女性の生活習慣差異
久米真也、徳光奈美子、阪本紗央里、萩原 啓
生体医工学会誌
50/ 2, 210-218
2012



22 体動の出現頻度を用いた睡眠周期推定の試み
神林優太、萩原 啓
生体医工学会誌
50/ 1, 99-104
2012



23 他動揺動運動刺激の変化による脳内血行動態への影響
人見崇寛、萩原 啓
バイオフィードバック研究
39/ 1, 3-10
2012



24 ユーザビリティ評価におけるfNIRSの有用性
岩崎浩暁、萩原 啓
モバイル学会誌
2/ 1, 1-7
2012



25 Availability and future prospects of functional near-infrared spectroscopy (fNIRS) in usability evaluation
Hiroaki Iwasaki, Hiroshi Hagiwara
Applied Human Factors and Ergonomics 2012
6368-6377
2012



26 Brain activation pattern during passive exercise with and without active exercise
Takahiro Hitomi, Hiroshi Hagiwara
Applied Human Factors and Ergonomics 2012
5522-5531
2012



27 Estimating Sleep Cycle Using Body Movement Density
Y. Kambayashi,H. Hagiwara
2012 5th International Conference on BioMedical Engineering and Informatics (BMEI 2012)
1029-1033
2012



28 ローレンツプロットの定量評価による睡眠推移の推定
坪井宏祐、出口明広、萩原 啓
ヒューマンインタフェース学会誌
13/ 2, 127-134
2011



29 運動および睡眠状態の心拍変動の特徴を持つ音刺激の生理的影響
山田絵理香、萩原 啓
バイオフィードバック研究
38/ 1, 35-41
2011



30 NIRSを用いたひらめき時の脳内変化の特徴抽出
寺西慶祐、萩原 啓
モバイル学会誌
1/ 1, 41-46
2011



31 Circadian Rest-Activity Rhythm for Maintenance of Body Shape
S.Kume, N.Tokumitsu, S.Sakamoto, and H.Hagiwara
33rd Annual International Conference of the IEEE EMBS
822-825
2011



32 Relationship between Heart Rate Variability using Lorenz Plot and Sleep Level
K.Tsuboi, A.Deguchi, H.Hagiwara
32nd Annual International Conference of the IEEE EMBS
5294-5297
2010



33 Characteristic Changes in Oxygenated Hemoglobin Levels Measured by Near-Infrared Spectroscopy (NIRS) During “Aha” Experiences
K.Teranishi, H.Hagiwara
Advances in Understanding Human Performance ? Neuroergonomics, Human Factors Design, and Special Populations
241-250
2010



34 Influence of circadian rhythm on maintenance of body shape
S.Kume, H.Hagiwara, N.Tokumitsu, S.Sakamoto
Proceedings of the 9th Pan-Pacific Conference on Ergonomics 09-2-B: Physical Ergonomics & Biomechanics (II)
7pages
2010



35 呼吸波形に基づいた接触振動圧刺激が心身に及ぼす影響
高野佑樹、萩原 啓
バイオフィードバック研究
37/ 1, 45-52
2010



36 α波を生理指標とした覚醒度と身体動揺との関係
金倉智行、稲本辰巳、萩原 啓
生体医工学会誌
48/ 1, 93-97
2010



37 眠気とリラックス状態の差異明確化のための生理指標の検討 -異なる照度刺激を用いて-
芝垣佑美、小川 梢、萩原 啓
計測自動制御学会論文集
46/ 1, 65-71
2010



38 Estimation of Sleep Stage in the Falling Asleep Period Using a Lorenz Plot of ECG RR Intervals
H.Hagiwara
31st Annual International Conference of the IEEE EMBS
2510-2513
2009



39 Relationship between Arousal Level and Posture Sway during the Eyes-Closed Condition
T.Kanakura, T.Inamoto, H.Hagiwara
Proceedings of the 12th International Conference, HCI International 2009
235-239
2009



40 Physiological Effects of Horseback-Riding Simulator for the Elderly Determined Using Near-Infrared Spectroscopy
A.Fukao, T.Nakano, B.Imai, A.Michimori, H.Hagiwara
Proceedings of the 12th International Conference, HCI International 2009
216-220
2009



41 心拍動間隔の変動を用いた音刺激が人の心拍動間隔の変動に与える影響
小川 梢、芝垣佑美、萩原 啓
日本人間工学会誌
44/ 6, 334-340
2008



42 赤外線モーションセンサを用いた睡眠時体動の評価
城 和男、萩原 啓
生体医工学会誌
47/ 1, 7-14
2009



43 接触振動圧刺激が心身の生理・心理機能に及ぼす影響
山口和彦、豊福史、萩原啓
ヒューマンインタフェース学会誌
9/ 4, 115-124
2007



44 心電図 RR間隔のローレンツプロットによる副交感神経活動の簡易推定法の開発
豊福史、山口和彦、萩原啓
日本人間工学会誌
43/ 4, 185-192
2007



45 心拍RRIのローレンツプロット情報に着目した入眠移行期の簡易推定法
谷田陽介、萩原啓
生体医工学会誌
44/ 1, 156-162
2006



46 脳機能生理指標の計測
萩原啓
ヒューマンインタフェース学会誌
7/ 3, 45-50
2005/05



47 単調作業の疲労に対するアクティブレスト効果
荒巻公亮、萩原 啓
平成28年度日本人間工学会関西支部大会論文集
62-63
2016



48 安静閉眼持と課題遂行時における脳波α波の特徴抽出
中畑雄斗、萩原 啓
平成28年度日本人間工学会関西支部大会論文集
86-87
2016



49 難易度の異なる3次元複数物体追跡課題遂行時における生理反応
佐竹秀一、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2016論文集
718-719
2016



50 心拍間隔に基づく音刺激のリズム変化と振動刺激の有無による生理・心理効果
竹内宏輔、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2016論文集
716-717
2016



51 単調作業時の疲労に対する能動運動を用いたアクティブレスト効果
荒巻公亮、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2016論文集
714-715
2016



52 安静および音声2-back課題時における脳波の特徴抽出
中畑雄斗、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2016論文集
712-713
2016



53 呈示方法の異なる聴覚的な時間的負荷が生理・心理状態に及ぼす影響
薮亀順平、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2016論文集
709-711
2016



54 視覚・聴覚の二重課題が及ぼす脳内血行動態の特徴変化
長澤大志、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2016論文集
707-708
2016



55 疲労緩和手法としての呼吸統制の有用性
岩本直人、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2016論文集
705-706
2016



56 Relationship between EEG alpha wave pattern and heart rate variability in rest and alertness state
Y.Nakahata, H.Hagiwara
ライフエンジニアリングシンポジウム2016論文集
40-43
2016



57 Active rest effect of walking to mental fatigue
K.Aramaki, H.Hagiwara
ライフエンジニアリングシンポジウム2016論文集
253-256
2016



58 Physiological and Psychological Effects by Difference of Sound Stimulus Rhythm in Complex Stimulus of Sound and Vibration
K.Takeuchi, H.Hagiwara
ライフエンジニアリングシンポジウム2016論文集
34-35
2016



59 Psychophysiological effect of time pressure by auditory stimulus of different method
J.Yabiki, H.Hagiwara
ライフエンジニアリングシンポジウム2016論文集
30-33
2016



60 3次元複数物体追跡課題が脳内血行動態、心拍および主観評価に与える影響
佐竹秀一、萩原 啓
生体医工学シンポジウム2016講演予稿・抄録集
172
2016



61 周期の異なる呼吸統制が疲労状態に与える生理・心理的変化
岩本直人、萩原 啓
生体医工学シンポジウム2016講演予稿・抄録集
171
2016



62 二重課題差異がメンタルワークロードと生理信号に与える影響
長澤大志、萩原 啓
生体医工学シンポジウム2016講演予稿・抄録集
118
2016



63 傾聴リズム変化と振動刺激の複合刺激による生理的・心理的効果
竹内宏輔、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2016論文集
79-82
2016



64 異なる周期での呼吸統制が疲労状態後に与える生理・心理効果
岩本直人、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2016論文集
65-68
2016



65 精神疲労に対する運動強度が異なるアクティブレストの効果
荒巻公亮、萩原 啓
人間工学
52/ Supplement, 236-237
2016



66 休息および活性状態における脳波α波帯域含有量と心拍のゆらぎの関係
中畑雄斗、萩原 啓
第44回日本バイオフィードバック学会学術総会抄録集
25
2016



67 聴覚的な時間圧迫が生理・心理状態に及ぼす影響
薮亀順平、萩原 啓
シンポジウム「モバイル’16」研究論文集
101-106
2016



68 注意機能の差異および二重課題の過負荷が脳内血行動態と呼吸数、心拍変動に与える影響
長澤大志、萩原 啓
シンポジウム「モバイル’16」研究論文集
95-100
2016



69 立体映像による複数物体追跡課題の生理・心理効果
佐竹秀一、萩原 啓
シンポジウム「モバイル’16」研究論文集
89-94
2016



70 立位状態での身体動作、顔情報を用いた注意資源配分の推定
長澤大志、萩原 啓
シンポジウム「モバイル’15」研究論文集
33-36
2015



71 立体映像・音響刺激呈示によるfNIRSを用いた脳内血行動態の特徴抽出
佐竹秀一、萩原 啓
シンポジウム「モバイル’15」研究論文集
29-32
2015



72 個人由来の呼吸周期に基づいた呼吸統制による生理・心理効果
岩本直人、萩原 啓
シンポジウム「モバイル’15」研究論文集
17-20
2015



73 体感振動刺激が及ぼす生体反応と単調作業課題への影響
小西建斗、萩原 啓
シンポジウム「モバイル’15」研究論文集
11-16
2015



74 生体由来リズムを有する音刺激と振動刺激による生理的・心理的効果
竹内宏輔、萩原 啓
シンポジウム「モバイル’15」研究論文集
7-10
2015



75 タイムプレッシャーが単調作業、認知判断作業時の生理的変化に及ぼす影響
薮亀順平、萩原 啓
シンポジウム「モバイル’15」研究論文集
1-6
2015



76 立体映像による複数オブジェクト追跡課題遂行時の生理的変化
佐竹秀一、萩原 啓
平成27年度日本人間工学会関西支部大会論文集
94-95
2015



77 脳波,タスク難易度および種類の変化による注意資源配分の差異と簡易指標の調査
長澤大志、萩原 啓
平成27年度日本人間工学会関西支部大会論文集
93-94
2015



78 聴覚を用いた呈示方法の異なる時間的圧迫が及ぼす影響
薮亀順平、萩原 啓
平成27年度日本人間工学会関西支部大会論文集
91-92
2015



79 脳波,心拍,呼吸の生体ゆらぎにおける相関関係の抽出
中畑雄斗、萩原 啓
平成27年度日本人間工学会関西支部大会論文集
39-40
2015



80 精神的疲労に対する能動的運動を用いたアクティブレスト効果
荒巻公亮、萩原 啓
平成27年度日本人間工学会関西支部大会論文集
37-38
2015



81 音刺激のリズム変化と振動刺激の複合刺激による生理的・心理的効果
竹内宏輔、萩原 啓
平成27年度日本人間工学会関西支部大会論文集
35-36
2015



82 異なる負荷課題後の呼吸統制による生理的・心理的効果
岩本直人、萩原 啓
平成27年度日本人間工学会関西支部大会論文集
33-34
2015



83 時間的負荷が作業効率や認知判断作業時の生理的変化に及ぼす影響
薮亀順平、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2015論文集
1017-1020
2015



84 注意喚起手法としての生理、行動評価による体感振動刺激の有用性
小西建斗、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2015論文集
1015-1016
2015



85 複合的感覚刺激による生理的相乗効果の季節変動性の検証
畠中智加、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2015論文集
1006-1010
2015



86 季節変動における複合感覚刺激による生理的相乗効果の特徴抽出
畠中智加、萩原 啓
第43回日本バイオフィードバック学会学術総会抄録集
26
2015



87 生体由来リズムを有する音刺激と振動刺激による引き込み効果
竹内宏輔、萩原啓
第43回日本バイオフィードバック学会学術総会抄録集
25
2015



88 個人由来の異なる呼吸周期での呼吸統制が生理・心理に与える影響
岩本直人、萩原啓
第43回日本バイオフィードバック学会学術総会抄録集
24
2015



89 立体映像・音響視聴による生理・心理効果
佐竹秀一、萩原 啓
平成26年度日本人間工学会中国・四国支部、関西支部合同大会講演論文集
164-165
2014



90 時間的圧迫感が単調作業、認知判断能力に及ぼす影響と生理変化の特徴抽出
薮亀順平、萩原 啓
平成26年度日本人間工学会中国・四国支部、関西支部合同大会講演論文集
160-161
2014



91 生体由来リズムを有する音刺激と振動刺激の複合刺激による生理的効果
竹内宏輔、萩原 啓
平成26年度日本人間工学会中国・四国支部、関西支部合同大会講演論文集
108-109
2014



92 注意資源量配分の違いにおける身体動作および顔情報の特徴差異
長澤大志、萩原 啓
平成26年度日本人間工学会中国・四国支部、関西支部合同大会講演論文集
106-107
2014



93 個人由来の呼吸周期に基づいた呼吸統制によるリラックス状態への誘導
岩本直人、萩原 啓
平成26年度日本人間工学会中国・四国支部、関西支部合同大会講演論文集
104-105
2014



94 写真・文字認識時における脳内血行動態の比較
小宮山敬貴、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014論文集
712-713
2014



95 呼吸周期由来の照度変化を用いた呼吸統制時の生理的・心理的変化
森浦一真、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014論文集
708-711
2014



96 季節変動における複合感覚刺激による血流および皮膚温度への影響
畠中智加、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014論文集
704-707
2014



97 身体部位別体動特徴による睡眠判定精度の向上
加藤雅也、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014論文集
702-703
2014



98 振動刺激時間及び間隔が脳内血行動態と心拍変動に与える影響
杉本潤哉、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014論文集
700-701
2014



99 パフォーマンステストと生体反応における体感振動刺激の影響
小西建斗、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014論文集
694-695
2014



100 単調作業課題と生体反応における体感振動刺激の影響
小西建斗、萩原 啓
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム「立命館大学がめざす先端ICTメディカル・ヘルスケア」
88-89
2014



101 振動刺激時間及び間隔が脳内血行動態と心拍変動に与える影響
杉本潤哉、萩原 啓
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム「立命館大学がめざす先端ICTメディカル・ヘルスケア」
86-87
2014



102 視覚・聴覚に関する二重課題が脳活動に与える影響 -fNIRS測定-
小宮山敬貴、萩原 啓
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム「立命館大学がめざす先端ICTメディカル・ヘルスケア」
84-85
2014



103 複合感覚刺激が血流および皮膚温度に及ぼす影響
畠中智加、萩原 啓
生体医工学シンポジウム2014講演予稿集
96
2014



104 体感振動刺激呈示による生理変化とパフォーマンス変化の特徴抽出
小西建斗、萩原 啓
生体医工学シンポジウム2014講演予稿集
66
2014



105 Influence of vibratory stimulus time and interval to physiological index
J.Sugimoto, H.Hagiwara
ライフエンジニアリングシンポジウム2014論文集
386-387
2014



106 Differences of brain activity in interference between visual sense and auditory sense by NIRS
N.Komiyama, H.Hagiwara
ライフエンジニアリングシンポジウム2014論文集
85-86
2014



107 睡眠時体動の身体部位による特徴抽出
加藤雅也、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2014論文集
119-122
2014



108 呼吸周期由来の照度変化を用いた呼吸統制時の生理的変化の特徴抽出
森浦一真、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2014論文集
115-118
2014



109 振動と温度による複合感覚刺激が血流と皮膚温度に及ぼす影響
畠中智加、萩原 啓
第42回日本バイオフィードバック学会学術総会抄録集
52
2014



110 体感振動刺激呈示による生体反応とパフォーマンス差異
小西建斗、萩原 啓
第42回日本バイオフィードバック学会学術総会抄録集
46
2014



111 振動・温熱刺激が血流および皮膚温度に及ぼす影響
畠中智加、萩原 啓
人間工学
50/ Supplement, 398-399
2014



112 単調作業課題と認知判断課題における体感振動刺激の有用性
小西建斗、萩原 啓
人間工学
50/ Supplement, 396-397
2014



113 異なる視覚刺激条件における脳活動の比較
小宮山敬貴、萩原 啓
シンポジウム「モバイル’14」研究論文集
97-98
2014



114 複合感覚刺激による生理的相乗効果の特徴抽出
畠中智加、萩原 啓
シンポジウム「モバイル’14」研究論文集
35-38
2014



115 体感振動刺激呈示によるfNIRSを用いた脳内血行動態の特徴抽出
小西建斗、萩原 啓
シンポジウム「モバイル’14」研究論文集
29-34
2014



116 体感振動刺激呈示による脳内酸素化ヘモグロビン濃度変化の特徴抽出
小西建斗、萩原 啓
平成25年度日本人間工学会関西支部大会論文集
63-66
2013



117 身体部位による睡眠時体動の特徴抽出
加藤雅也、萩原 啓
第22回日本睡眠環境学会学術大会論文集
16
2013



118 睡眠時における身体部位別体動発生の特徴
加藤雅也、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013論文集
961-964
2013



119 睡眠状態の変化に伴う心拍および脳波変化の時系列的差異
江井大輔、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013論文集
957-960
2013



120 マッサージ刺激と温熱・冷却刺激の同時刺激が身体に与える影響
井上裕貴、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013論文集
953-956
2013



121 呼吸周期由来の光刺激を用いた呼吸統制の生理・心理状態の変化
森浦一真、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013論文集
931-934
2013



122 振動刺激を用いた呼吸統制による身体への影響
井上寛之、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013論文集
927-930
2013



123 手掌への振動刺激呈示が生理指標に与える影響
杉本潤哉、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013論文集
923-926
2013



124 注意資源量の異なる視覚関連タスクによる脳内血行動態の特徴抽出
小宮山敬貴、萩原 啓
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013論文集
919-922
2013



125 振動刺激の周波数の違いによる脳内血行動態の特徴抽出
杉本潤哉、萩原 啓
生体医工学シンポジウム2013講演予稿集
357
2013



126 センシング手法の違いによる睡眠時体動の特徴抽出
加藤雅也、萩原 啓
生体医工学シンポジウム2013講演予稿集
260
2013



127 Characteristics extraction of OxyHb by the difference of distribution of attentional resource
N.Komiyama, H.Hagiwara
ライフエンジニアリングシンポジウム2013論文集
427-430
2013



128 Physiological and psychological effects of respiratory control using illuminance change based on biological signal
K.Moriura, H.Hagiwara
ライフエンジニアリングシンポジウム2013論文集
199-202
2013



129 段階的な温度刺激上昇に伴う皮膚温度・血流の変化
井上裕貴、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2013論文集
759-762
2013



130 振動刺激を用いた異なる周期の呼吸統制による生理的変化の特徴抽出
井上寛之、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2013論文集
755-758
2013



131 睡眠時における脳波および心拍変化の時系列的差異
江井大輔、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2013論文集
751-754
2013



132 異なる呼吸パターン由来の照度変化による呼吸統制の生理的・心理的効果
森浦一真、萩原 啓
第41回日本バイオフィードバック学会学術総会抄録集
36
2013



133 照度変化と同期させた呼吸統制の生理・心理効果
森浦一真、萩原 啓
人間工学
49(Supplement), 382-383
2013



134 Characteristics of Body Movement During Sleep Revealed Using Different Techniques
M. Kato, H. Hagiwara
Proceedings of The Sixth Asian Joint Workshop on Information Technologies

2013



135 fNIRSによる注意集中状態と注意散漫状態の定量評価
小宮山敬貴、萩原 啓
シンポジウム「モバイル13」
93-96
2013



136 振動刺激呈示時の脳内血行動態の特徴抽出
杉本潤哉、萩原 啓
シンポジウム「モバイル13」
77-82
2013



137 睡眠時体動の計測手法の違いによる特徴抽出
加藤雅也、萩原 啓
平成24年度日本人間工学会関西支部大会論文集
103-106
2012



138 体性感覚刺激における活性度の変化:fNIRS研究
杉本潤哉、萩原 啓
平成24年度日本人間工学会関西支部大会論文集
79-82
2012



139 生理信号を用いた注意集中状態と注意散漫状態の定量評価
小宮山敬貴、萩原 啓
平成24年度日本人間工学会関西支部大会論文集
41-44
2012



140 脳内酸素化ヘモグロビン濃度変化を指標とした短期記憶課題と認知課題における生理変化の特徴比較
中嶋恭兵、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2012論文集
94-97
2012



141 局所的な温熱・冷却マッサージ刺激が皮膚温度と血流へ及ぼす影響
Hirotaka Inoue, Hiroshi Hagiwara
第27回生体・生理工学シンポジウム論文集
451-454
2012



142 受動運動時の運動スピード変化による脳内血行動態への影響
T. Hitomi, H. Hagiwara
第27回生体・生理工学シンポジウム論文集
328-331
2012



143 体動データを用いた睡眠状態の二値推定
Y. Kambayashi, H. Hagiwara
第27回生体・生理工学シンポジウム論文集
309-312
2012



144 睡眠時における心拍および呼吸変動と脳波変化の時系列的差異
D.Ei, Y.Kambayashi, H.Hagiwara
第27回生体・生理工学シンポジウム論文集
305-308
2012



145 認知・判断タスクの難易度変化によるメンタルワークロードと生理変化の特徴比較
中嶋恭兵、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2012論文集
531-534
2012



146 振動刺激を用いた呼吸統制時の生理的変化の特徴抽出
井上寛之、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2012論文集
527-530
2012



147 認知干渉下における標的追従パフォーマンステストの生理的影響: fNIRS 研究
岩﨑浩暁、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2012論文集
523-526
2012



148 心拍および呼吸変動と睡眠状態の変化の時系列的差異
江井大輔、神林優太、萩原 啓
第21回日本睡眠環境学会学術大会論文集
12
2012



149 呼吸統制の違いによる生理的変化の特徴抽出
井上寛之、萩原 啓
第40回日本バイオフィードバック学会学術総会抄録集
31
2012



150 局所的な温熱マッサージ刺激が皮膚温度・血流に及ぼす影響
井上裕貴、萩原 啓
人間工学
48, 376-377
2012



151 ESTIMATION OF SLEEP LEVEL TRANSITION USING LORENZ PLOT OF ECG RR INTERVALS
Hiroshi Hagiwara, Kosuke Tsuboi
The 7th Asian Sleep Research Society Congress
S20-2
2012



152 睡眠時における自律神経系および中枢神経系の生理指標の時系列的相互関係
江井大輔、出口明広、神林優太、萩原 啓
平成23年度日本人間工学会関西支部大会論文集
115-118
2011



153 温熱マッサージによる刺激が心身に与える影響
井上裕貴、乾 景太、筒井慎治、萩原 啓
平成23年度日本人間工学会関西支部大会論文集
61-64
2011



154 短期記憶課題の難易度変化によるメンタルワークロードと生理変化の関係
中嶋恭兵、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2011
423-426
2011



155 ユーザビリティの差異による生理変化と主観の関係
杉谷直哉、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2011
419-422
2011



156 日常生活における生活の質とサーカディアンリズムの関係
久米真也、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2011
415-418
2011



157 前頭連合野における運動負荷と脳内血行動態の関係
人見崇寛、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2011
411-414
2011



158 体動密度を用いた睡眠周期の推定
神林優太、萩原 啓
生体医工学シンポジウム2011
2-8-1
2011



159 Influence on heart rate variability of sound stimulus with characteristic of heart rate variability in exercise state and sleep state
Erika Yamada, Hiroshi Hagiwara
第26回生体生理工学シンポジウム論文集
685-688
2011



160 瞬間的学習時の脳内血行動態の計測と特徴抽出
寺西慶祐、萩原 啓
第26回生体生理工学シンポジウム論文集
520-525
2011



161 他動揺動運動による脳内血行動態の特徴抽出
人見崇寛、萩原 啓
第26回生体生理工学シンポジウム論文集
230-233
2011



162 呼吸波形による終夜の睡眠段階の推定
出口明広、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集
195-198
2011



163 追従および認知・判断タスクにおけるメンタルワークロードと生理変化の特徴比較
中嶋恭兵、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集
191-194
2011



164 不慣れな動作が脳活動に及ぼす影響の評価
長崎 健、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集
183-186
2011



165 事象関連電位を指標とした注意力と重心動揺との関係
松岡 孝、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集
175-178
2011



166 前頭皮質の血行動態変動に着目した作業円滑性の評価
岩崎浩暁、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集
133-136
2011



167 機能的近赤外分光法を用いた単調ストレスの生理評価
岩崎浩暁、萩原 啓
第11回モバイル学会研究報告集
7, 1-4
2011



168 他動揺動運動による脳内血行動態の変化
人見崇寛、萩原 啓
人間工学
47, 316-317
2011



169 Assessment of Sleep Cycle Based Body Movement
Yuta Kambayashi, Hiroshi Hagiwara
生体医工学 特別号
49, 97
2011



170 ESTIMATING SLEEP CYCLE USING OCCURRENCE RATE OF BODY MOVEMENTS
Y.KAMBAYASHI, H.HAGIWARA
Sleep and Biological Rhythms
380
2011



171 EVALUATION OF HEART RATE VARIABILITY AND RESPIRATORY VARIABILITY DURING SLEEP USING A LORENZ PLOT
A.DEGUCHI, H.HAGIWARA
Sleep and Biological Rhythms
366
2011



172 精神的負荷作業時における情動反応計測の試み -不快情動と脳内血中酸素化ヘモグロビン濃度との関係-
岩崎浩暁、萩原 啓
平成22年度日本人間工学会関西支部大会論文集
177-180
2010



173 体動データによる徐波睡眠推定法
神林優太、坪井宏祐、出口明広、萩原 啓
平成22年度日本人間工学会関西支部大会論文集
171-174
2010



174 Estimation of Sleep Levels Using Lorenz Plot of Heart Rate Variability
K.Tuboi, A.Deguchi, H.Hagiwara
11th Japanese-Polish Seminar on Biomedical Technologies in the Time of Population Aging
53-54
2010



175 難易度が異なる追従および認知・判断における脳内血中ヘモグロビン濃度変化の特徴抽出
佐藤健二、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2010
2G1-3, 4p
2010



176 NIRS を用いたひらめきに付随する脳内活動の計測
寺西慶祐、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2010
2G1-2, 4p
2010



177 非日常的動作時の脳活動状態の測定
長崎 健、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2010
2G1-1, 4p
2010



178 異なるユーザビリティにおけるパフォーマンスと生理変化の関係
杉谷直哉、萩原 啓
日本生理人類学会第63回大会要旨集
58-59
2010



179 終夜睡眠の呼吸間隔変動及び心拍間隔変動による睡眠段階の推定
出口明広、萩原 啓
日本生理人類学会第63回大会要旨集
26-27
2010



180 呼吸変動に基づく振動刺激が心身に与える効果
高野佑樹、萩原 啓
第25回生体生理工学シンポジウムronnbunnsyuu
97-98
2010



181 呼吸情報と心拍情報を指標とした睡眠状態の推定
出口明広、萩原 啓
第25回生体生理工学シンポジウムronnbunnsyuu
93-96
2010



182 Effect of working memory task and cognitive judgment task on the P300 component of Event Related brain Potential
T.Matsuoka, H.Hagiwara
Proceedings of The Third Asian Joint Workshop on Information Technologies
96
2010



183 Relationship Between Heart Rate Variability Using Lorenz Plot and Sleep Levels
K.Tuboi, A.Deguchi, H.Hagiwara
Proceedings of The Third Asian Joint Workshop on Information Technologies
95
2010



184 体型変化の異なる人の日常生活における活動量の差異評価
久米真也、徳光奈美子、阪本沙央理、萩原 啓
生体医工学シンポジウム2010
394-402
2010



185 生体信号の特徴を有する音刺激の心拍変動への影響
山田絵里香、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2010
825-828
2010



186 日常生活と異なる動作時における脳活性状態の測定
長崎 健、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2010
15-18
2010



187 異なるユーザビリティにおけるパフォーマンスと脳内酸素化ヘモグロビン濃度の関係
杉谷直哉、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2010
5-8
2010



188 ローレンツプロットの定量評価による睡眠状態推移の検出
坪井宏祐、出口明広、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2010
1-4
2010



189 運動および睡眠状態の心拍変動の特徴を持つ音刺激の生理的影響
山田絵里香、萩原 啓
第38回日本バイオフィードバック学会学術総会抄録集
27
2010



190 終夜における呼吸間隔変動と睡眠状態の関係
出口明広、萩原 啓、坪井宏祐
日本睡眠学会第35回定期学術集会抄録集
35, 198
2010



191 Physiological effect of sound stimulus with feature of heart rate fluctuation
山田絵里香、萩原 啓
第49回日本生体医工学会大会論文集
48, 201
2010



192 体型変化の異なる人のサーカディアンリズムに着目した日常生活評価
久米真也、萩原 啓、徳光美奈子、阪本沙央里
平成22年度日本人間工学会大会 人間工学 Vol.46 特別号
46, 320-321
2010



193 短期記憶課題および認知判断課題が事象関連電位P300に及ぼす影響
松岡 孝、萩原 啓
モバイル研究会
6, 9-12
2010



194 ユーザビリティの質の違いによる脳内血中酸素化ヘモグロビン濃度変化の特徴変化の比較
杉谷直哉、萩原 啓
シンポジウム「モバイル10」
117-120
2010



195 NIRSによるひらめき時の脳内血中酸素化ヘモグロビン濃度変化の特徴抽出
寺西慶祐、萩原 啓
シンポジウム「モバイル10」
113-116
2010



196 Effect of working memory task and a cognitive judgment task onP300 component of event-related brain potentials
T.Matsuoka, H.Hagiwara
10th International Congress of Physiological Anthropology (ICPA2010)
70
2010



197 事象関連電位を用いた集中力変化の特徴抽出
松岡 孝、萩原 啓
平成21年度日本人間工学会関西支部大会論文集
61-64
2009



198 NIRSを用いたひらめき時の脳内ヘモグロビン濃度の変化の特徴抽出
寺西慶祐、萩原 啓
平成21年度日本人間工学会関西支部大会論文集
57-60
2009



199 日常生活と異なる動作が及ぼす脳機能の活性効果
長崎 健、深尾 歩、萩原 啓
平成21年度日本人間工学会関西支部大会論文集
53-56
2009



200 ユーザビリティの質が及ぼす脳内酸素化ヘモグロビン濃度変化の特徴比較
杉谷直哉、萩原 啓
平成21年度日本人間工学会関西支部大会論文集
49-52
2009



201 活動状態から睡眠状態にわたる心拍と呼吸変動の特徴抽出
伊藤民子、高野佑樹、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2009
101-104
2009



202 ストループ課題及びオドボール課題中における覚醒度変化とα波成分変化との関係
稲本辰巳、金倉智行、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2009
97-100
2009



203 睡眠時体動計測による睡眠状態の評価
城 和男、萩原 啓
第24回生体生理工学シンポジウムronnbunnsyuu
421-424
2009



204 NIRS計測を用いた他動揺動運動の生理効果の定量的評価
深尾 歩、中野紀夫、今井文吾、道盛章弘、萩原 啓
第24回生体生理工学シンポジウムronnbunnsyuu
137-140
2009



205 α波を生理指標とした覚醒度と身体動揺との関係
金倉智行、稲本辰巳、萩原 啓
生体医工学シンポジウム2009
504-512
2009



206 ローレンツプロットを用いた心拍変動と睡眠状態との関係
坪井宏祐、城 和男、萩原 啓
生体医工学シンポジウム2009
489-503
2009



207 呼吸波形の特徴に基づいた振動刺激が生理・心理状態に与える影響
高野佑樹、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2009
935-940
2009



208 追従および認知・判断タスクにおける反応時間の違いと脳内血中Hb濃度変化との関係
佐藤健二、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2009
911-916
2009



209 呼吸波形に基づいた接触振動圧刺激が心身に及ぼす影響
高野佑樹、萩原 啓
第37回日本バイオフィードバック学会学術総会プログラム・抄録集
34
2009



210 α波構成要素の変動と覚醒度との関係
稲本辰巳、金倉智行、萩原 啓
平成21年度日本人間工学会大会 人間工学 Vol.45 特別号
478-479
2009



211 活動および休息状態における心拍と呼吸リズムの特徴解析
伊藤民子、萩原 啓
平成21年度日本人間工学会大会 人間工学 Vol.45 特別号
476-477
2009



212 ローレンツプロットを用いた心拍変動解析による睡眠状態の推定
坪井宏祐、萩原 啓
第48回日本生体医工学会大会論文集
644
2009



213 NIRSを用いた追従および認知・判断タスク中の生理変化の特徴抽出
佐藤健二、中村美穂、萩原 啓
シンポジウム「モバイル09」
103-108
2009



214 CEREBRAL HEMODYNAMICS DURING EXERCISE ON HORSE-BACK RIDING SIMULATOR BY NEAR-INFRARED SPECTROSCOPY AND COGNITIVE FUNCTION
T.Nakano, A.Fukao, H.Hagiwara, B.Imai, A.Michimori
IUPS2009

2009



215 追従および認知・判断タスク中の脳内酸素化ヘモグロビン濃度変化の特徴比較
佐藤健二、中村美穂、萩原 啓
平成20年度日本人間工学会関西支部大会
73-76
2008



216 異なる活動状態における心拍および呼吸変動の特徴抽出
高野佑樹、伊藤民子、小川 梢、萩原 啓
平成20年度日本人間工学会関西支部大会
53-56
2008



217 終夜における心拍変動と睡眠状態の関係
坪井宏祐、八木勇樹、城 和男、萩原 啓
平成20年度日本人間工学会関西支部大会
49-52
2008



218 睡眠時体動計測による睡眠状態の簡易モニタリング
萩原 啓、城 和男
第2回横幹連合総合シンポジウム予稿集
51-52
2008



219 活動および休息状態における心拍変動と呼吸変動の特徴抽出
伊藤民子、小川 梢、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2008
543-548
2008



220 覚醒度推移時におけるα波成分の詳細解析
稲本辰巳、金倉智行、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2008
315-318
2008



221 立位閉眼時の覚醒変動が身体の動揺に及ぼす影響
金倉智行、稲本辰巳、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2008
311-314
2008



222 照度の違いによる認知判断パフォーマンステスト中の生理・心理・行動能力の変化
芝垣佑美、小川 梢、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2008
53-58
2008



223 ストループテストを用いた他動揺動運動の生理的効果の定量評価
深尾 歩、中野紀夫、萩原 啓
第23回生体生理工学シンポジウム
335-338
2008



224 活性度変化と脳内血中酸素化Hb濃度の時系列相関分析
中村美穂、橋崎将典、萩原 啓
第23回生体生理工学シンポジウム
221-224
2008



225 種々のセンシング手段を用いた睡眠時体動の特徴抽出
城 和男、萩原 啓
生体医工学シンポジウム2008
107-133
2008



226 心拍ゆらぎを用いた音刺激による引き込み現象の特徴
小川 梢、芝垣佑美、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2008
93-98
2008



227 脳内酸素化ヘモグロビン濃度変化によるパフォーマンスの推定
橋崎将典、中村美穂、萩原 啓
シンポジウム「モバイル08」
91-96
2008



228 ストループテストを用いた他動揺動運動の生体作用評価
深尾 歩、中野紀夫、萩原 啓
平成20年度日本人間工学会大会
44, 236-237
2008



229 歩行感に優れる靴下に関する研究
松井まり子、石丸園子、萩原 啓
平成19年度日本人間工学会関西支部大会
49-50
2007



230 脳波を生理指標とする覚醒度変化と重心動揺との関係
金倉智行、稲本辰巳、萩原 啓
平成19年度日本人間工学会関西支部大会
151-154
2007



231 種々のセンシング手段による睡眠時体動の特徴の明確化
城 和男、緒方康博、小西謙作、若林春樹、萩原 啓
平成19年度日本人間工学会関西支部大会
147-150
2007



232 α波成分の周波数推移による覚醒度評価の検討
稲本辰巳、金倉智行、萩原 啓
平成19年度日本人間工学会関西支部大会
143-146
2007



233 NIRS計測による追従反応課題時の脳内反応の定量化
中村美穂、橋崎将典、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2007
387-392
2007



234 照度の差異による認知判断作業中の生理・心理・行動の変化及びパフォーマンスの推定
芝垣佑美、小川 梢、萩原 啓
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2007
381-386
2007



235 脳内血中酸素化ヘモグロビン濃度と認知判断パフォーマンスとの関係
橋崎将典、中村美穂、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2007
1013-1018
2007



236 心拍ゆらぎの特徴を用いた音刺激による生理的影響の評価
小川 梢、芝垣佑美、萩原 啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム2007
1001-1006
2007



237 認知パフォーマンスと脳内血中酸素化ヘモグロビン濃度変化との関係
橋崎将典、中村美穂、萩原 啓
シンポジウム「モバイル2007」
123-126
2007



238 NIRS計測を用いた追従反応課題時における生理変化の定量化
中村美穂、橋崎将典、萩原 啓
シンポジウム「モバイル2007」
11-14
2007



239 活性状態の違いにおける脳内血中Hb濃度変化とパフォーマンスとの関係
中村美穂、橋崎将典、野田晃平、萩原啓
第3回モバイル研究会
5-8
2007



240 NIRS計測を用いた注意状態の定量化
橋崎将典、上田真樹、中村美穂、山田隆登、萩原啓
第3回モバイル研究会
1-4
2007



241 睡眠・覚醒研究における生体生理の計測評価とその応用
萩原啓
静岡大学生物産業創出推進拠点第13回研究会
13, 6-7
2006



242 睡眠のものさしづくり
萩原啓
日本睡眠学会第31回定期学術集会抄録集
31, 72
2006



243 心理状態と生理計測値との対応関係について -疲労および爽快-
原田弘孝、石丸園子、萩原啓
第55回生理人類学会

2006



244 心拍ゆらぎを用いた音刺激による生理的影響の評価
小川梢、芝垣佑美、三田裕亮、萩原啓
平成18年度日本人間工学会関西支部大会
159-162
2006



245 活性状態の違いにおけるパフォーマンス及び生理状態の差異検討
中村美穂、橋崎将典、野田晃平、萩原啓
平成18年度日本人間工学会関西支部大会
103-106
2006



246 脳内ヘモグロビン濃度変化による注意状態の定量化
橋崎将典、上田真樹、中村美穂、山田隆登、萩原啓
平成18年度日本人間工学会関西支部大会
89-92
2006



247 心電図RR間隔のローレンツプロットによる自律神経活動の簡易推定法の開発
豊福史、山口和彦、萩原啓
第21回生体生理工学シンポジウム
21, 431-434
2006



248 センシング手法の違いによる睡眠時体動の特徴抽出
若林春樹、池田典央、竹内謙志、谷田陽介、萩原啓
第21回生体生理工学シンポジウム
21, 89-92
2006



249 接触振動圧刺激のリズムが心身の諸生理・心理機能に及ぼす影響
山口和彦、豊福史、萩原啓
第21回生体生理工学シンポジウム
21, 81-84
2006



250 心拍変動を用いた入眠状態の簡易推定法
谷田陽介、萩原啓
ヒューマンインタフェースシンポジウム 2006
229-234
2006



251 脳内血液中酸素化ヘモグロビン計測による追従反応課題時の生理的特徴評価
野田晃平、萩原啓
生体医工学シンポジウム2006
185-192
2006



252 Simplified method for estimating parasympathetic nerves activity by Lorenz plot of ECG RR intervals
F.Toyofuku, K.Yamaguchi, H.Hagiwara
The 9th Korea-Japan Joint Symposium on Ergonomics
512-515
2006



253 眠る技術・目覚める技術
萩原啓
人間生活工学
7/ 4, 1
2006



254 心電図RR間隔のローレンツプロットによる副交感神経活動の簡易推定法の開発
豊福史、山口和彦、萩原啓
第20回生体生理工学シンポジウム
20, 301-304
2005



255 心拍RRIのローレンツプロット情報に着目した入眠移行期の簡易推定法
谷田陽介、萩原啓
生体医工学シンポジウム2005
161-182
2005



256 追従反応課題時における脳内Hb(ヘモグロビン)濃度計測による活性度定量化
野田晃平、多田圭宏、福永みどり、萩原啓
平成17年度日本人間工学会関西支部大会
69-72
2005



257 接触圧刺激による強度変化と心理評価の関係
山口和彦、豊福史、三田祐亮、高橋裕司、萩原啓
平成17年度日本人間工学会関西支部大会
61-64
2005



258 睡眠時体動のセンシング手法の違いによる特徴抽出
若林春樹、堺夏葵、福井貴行、谷田陽介、萩原啓
平成17年度日本人間工学会関西支部大会
51-54
2005



259 衣服圧による交感神経活動促進効果の検討
身深暢子、石丸園子、萩原啓
平成16年度日本人間工学会関西支部大会
80-83
2004



260 マッサージチェアのモードの違いによる心身の諸生理機能に及ぼす影響
山口和彦、豊福史、萩原 啓
平成16年度日本人間工学会関西支部大会
210-213
2004



261 脳内Hb(ヘモグロビン)濃度計測による他動揺動運動の生理的効果
荻野嘉之、伊藤久泰、萩原啓
平成16年度日本人間工学会関西支部大会
206-209
2004



262 生理指標による入眠移行期評価手法の開発
谷田陽介、藤本智子、萩原啓
平成16年度日本人間工学会関西支部大会
178-181
2004



263 睡眠・覚醒度の定量測定とその応用
萩原啓
システム制御情報セミナー2003
7-12
2003



264 心拍変動解析による睡眠モニタリングシステム
道盛章弘、福島薫、萩原啓
松下電工技報ISSN 0285-5054
73, 29-33
2003



265 高齢者施設における睡眠の質の評価:赤外線センサの応用
中野紀夫、小山恵美、萩原啓、中村俊幸、伊藤武夫、田村孝司
ヒューマンインタフェース学会誌
5/ 4, 87-93
2003/11



266 Measurement of Human Behavior in a Daily Life Based on the Understanding of Biological Rhythm
H.Hagiwara, T.Nakano, K.Yoshida, K.Fukuyori, A.Michimori, E.Koyama
The Society of Instrument and Control Engineers (SICE) Annual Conference 2002
851-855
2002



267 睡眠状態の簡易モニタリングシステムの構築
道盛章弘、福頼薫、萩原啓
SICEシステムインテグレーション部門講演会
429-430
2002



268 Nineteen-hour variation of postural sway, alertness and rectal temperature during sleep deprivation
T.Nakano, K.Araki, A.Michimori, H.Inbe, H.Hagiwara, E.Koyama
Psychiatry and Clinical Neurosciences
55/ 3, 277-278
2001



269 生理指標による断眠時パフォーマンスレベルの推定
中野紀夫、荒木和典、道盛章弘、井邊浩行、萩原啓、小山恵美
ヒューマンインタフェース学会誌
3/ 2, 57-64
2001/05



270 ヒューマンインタフェースのための生体計測技術
萩原啓
ヒューマンインタフェース学会誌
3/ 2, 45-49
2001/05



271 Temporal order of sleepiness, performance and physiological indices during 19-h sleep deprivation
T.Nakano, K.Araki, A.Michimori, H.Inbe, H.Hagiwara, E.Koyama
Psychiatry and Clinical Neurosciences 54
54/ 3, 280-282
2000



272 現代社会における生体ダイナミズム研究の動向
萩原啓、荒木和典、道盛章弘
松下電工技報
72, 4-9
2000



273 覚醒度の定量解析とパフォーマンス推定
道盛章弘、中野紀夫、荒木和典、井邊浩行、萩原啓
松下電工技報
72, 10-14
2000



274 快適生活環境づくりのためのヒューマンテクノロジー
萩原啓、道盛章弘、荒木和典、井邊浩行
日本ME学会雑誌BME
13/ 7, 23-28
1999



275 覚醒度の定量的評価方法とその応用に関する研究
萩原 啓、荒木和典、道盛章弘、斎藤正己
精神神経学雑誌
99/ 1, 23-34
1997



276 Circadian Rhythm Estimation by the Core Body Temperature Filtered with Simultaneously Recorded Physiological Data
T.Nakano, E.Koyama, T.Imai, H.Hagiwara
Methods of Information in Medicine
36, 306-310
1997



277 脳波を用いた覚醒度定量化の試みとその応用
萩原啓、荒木和典、道盛章弘、斎藤正己
日本ME学会雑誌BME
11/ 1, 86-92
1997



278 A Quantitative Evaluation Method for Alertness Levels - Alpha Attenuation Test (AAT)
萩原啓
HQL QUARTERLY
7, 4-6
1997



279 Effects Of Illuminance Level On Alertness Levels And Sympathetic Activities
A.Michimori, K.Araki, H.Hagiwara
the 11th Annual Meeting of the Association of Professional Sleep Societies(APSS)
366, 183
1997



280 脳波による覚醒度定量化の試み
斎藤正己、萩原啓、荒木和典、道盛章弘
検査と技術
25/ 11, 984-988
1997



281 Effects of periodic morning light stimulation on periodicity and stability of rectal temperature rhythm and on subjective sleep ratings in ordinary life
E.Koyama, T.Nakano, T.Imai, H.Hagiwara
Psychiatry and Clinical Neurosciences
50, 11
1996



282 Circadian Rhythm Estimation by the Core Body Temperature Filtered with Simultaneously Recorded Physiological Data
T.Nakano, E.Koyama, T.Imai, H.Hagiwara
Proceedings of the 2ND IMIA-IFMBE INTERNATIONAL WORKSHOP ON BIOSIGNAL INTERPRETATION
131-134
1996



283 Effects of morning light stimulation on phase of rectal temperature rhythm and subjective sleep ratings in ordinary life
T.Nakano, E.Koyama, T.Imai, H.Hagiwara
Psychiatry and Clinical Neurosciences
50, 11-12
1996



284 生体の活性度評価とその応用
萩原啓、荒木和典、小西智咲子、道盛章弘、小山恵美、斎藤正己
計測自動制御学会論文集
29/ 12, 1403-1412
1993