English
政策科学部  /
政策科学科

 モリ   ヒロユキ   (男)
 森    裕之   教授
 Hiroyuki   MORI

■兼務所属(本学内)
政策科学研究科
OIC総合研究機構   /
地域情報研究所
■出身大学院・出身大学他
1990/03  大阪市立大学  商学部  商学科  卒業
1993/03  大阪市立大学大学院  経営学研究科  博士課程後期課程  中退
■取得学位
博士(政策科学) (2008/03 立命館大学)  
■所属学会
日本財政学会(理事)  
日本地方財政学会(理事)  
日本地方自治学会  
国際財政学会  
環境経済・政策学会  
■研究概要
地方財政、公共事業、アスベスト災害

 財政学の分野として、地方財政の理論と制度および公共事業を主に研究すると同時に、アスベスト災害と公共政策のあり方についても考察を進めている。
■研究キーワード
地方財政論, 財政学, 都市経済論、公共政策 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
公共施設の再編を問う  自治体研究社  88  2016/02
2015年秋から 大阪の都市政策を問う  宮本憲一ほか  自治体研究社  41-49  2015/09
これでいいのか 自治体アウトソーシング  城塚健之・尾林芳匡・森裕之・山口真美  自治体研究社  33-49  2014/05
一覧表示...

論文
「大阪都構想」住民投票と大阪市の政治社会  経済科学通信  139, 39-45  2016/01
大阪住民投票と大阪市立大学・府立大学の統合問題  大学創造  31, 57-63  2016/01
橋下大阪市・府政の清算と住民自治  経済  243, 97-101  2015/12
一覧表示...

研究発表等
Public Finance and Institutional Economic Thought  Economics & Finance Seminar at Buffalo State (The State University of New York)  2016/10/14
Environmental issues of Asbestos; The biggest industrial disasters of the world  UK-Japan Collaboration
The Past and Future Earth: Climate change and co-existing sustainably with nature  2016/03/04
大阪市の財政問題  日本地方自治学会2014年度研究会  2014/11/16
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
有害性災害廃棄物対策の行財政研究  住友財団 2013年度環境研究助成  2013/11  2014/10  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究成果国際発信プログラム   -     アジア都市・地域研究の課題と方法   代表   -   2016/10-2017/03   2016   1,000,000   
学外研究制度   -     大都市の行財政と都市内分権 ならびに アメリカのアスベスト災害   -   国外   2016/04-2017/03   2016     米国 
研究推進プログラム   科研費連動型     アスベスト災害・公害の予防・補償・救済と国際関係研究   代表   -   2014/06-2015/03   2014   2,000,000   
一覧表示...

受賞学術賞
 日本地方財政学会佐藤賞(著作の部)  2009/05
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2014  スタートアップ・セミナー  講義
2014  リサーチセミナー 1  演習
2014  リサーチプロジェクトⅡ  演習
一覧表示...

教育活動
立命館高校 立命館宇治 立命館守山高校 立命館慶祥高校「サマースクール」を担当。  2015/08-2015/08
「環境からみる政策科学」においては、アスベスト災害、廃棄物問題、地球温暖化という「ストック公害」に焦点をあて、諸学者に対してわかりやすく講義を行った。  2011/04-
「人物からみる政策科学」では、経済学者・都留重人の遍歴と業績をわかりやすく紹介し、そこから現代において引き継ぐべき政策思想を伝える工夫を行った。  2009/12-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
真にゆたかな共同生活の条件を求めて
  90年に大阪市立大学商学部卒業後、同大学院経営学研究科へ進学。その後、高知大学、大阪教育大学を経て、'03年から本学へ。財政学、都市経済論、公共政策論を専攻しています。もともと都市問題につよい関心を持っていたことと、ゼミで財政学を学んだことの接点が、社会資本論という研究テーマにつながっています。深刻な財政危機と地方分権の流れという社会状況もあり、地方税財政改革のあり方に関する考察もおこなっています。また、近年はアスベスト災害と公共政策についての研究を進めています。