English
顔写真
理工学部  /
電気電子工学科

 ヌマイ   タカヒロ   (男)
 沼居    貴陽   教授
 Takahiro   NUMAI

■兼務所属(本学内)
総合科学技術研究機構   /
先端マイクロ・ナノシステム技術研究センター
理工学研究科
■出身大学院・出身大学他
1983  慶應義塾大学  工学部  電気工学科  卒業
1985  慶應義塾大学大学院  工学研究科  電気工学専攻  博士課程前期課程  修了
■取得学位
工学博士 (1992 慶應義塾大学)  
■職歴
1985/04/01-1994/03/31  日本電気株式会社 光エレクトロニクス研究所
1994/04/01-1997/12/31  北海道大学 電子科学研究所 助教授
1998/01/01-2003/03/31  キヤノン株式会社 中央研究所
■委員歴
1996/04-1997/12  応用物理学会北海道支部幹事
2006/04-2008/03  応用物理学会関西支部幹事
2009/05-2012/04  電子情報通信学会論文誌ELEX 編集委員
 IEEE Senior Member, OSA Fellow
■所属学会
IEEE  
OSA  
応用物理学会  
電子情報通信学会  
日本物理学会  
■研究テーマ
半導体レーザー
光ファイバー通信システム
カラーセンサー
半導体微細加工技術
■研究概要
量子エレクトロニクスデバイス/システム

 物質と電磁波との相互作用(量子エレクトロニクス)を制御して、新たな機能をもつデバイスおよびシステムを創出する。
■研究キーワード
量子エレクトロニクス、光エレクトロニクス、インプリント、干渉露光、積層形カラーセンサー 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
材料物性の基礎  共立出版  2019/08
固体物性の基礎  共立出版  2019/08
Fundamentals of Semiconductor Lasers, Second Edition  Springer  2015  978-4-431-55147-8
一覧表示...

論文
Enhancement of asymmetry in light output from front/rear facets in resonance-shifted DFB-LDs  Kei-ichiro Ichikawa, Shogo Ito, and Takahiro Numai  Optik  127, 12078–12084  2016/10  10.1016/j.ijleo.2016.10.009
Enhancement of resonance frequency in a DFB-LD with internally incident modulated light  Takahiro Numai  Optik  127, 9578–9581  2016/07  10.1016/j.ijleo.2016.07.053
Resonance-shifted DFB-LD for asymmetric light output from front/rear facets  Kei-ichiro Ichikawa and Takahiro Numai  Optik  127, 6253-6257  2016/05  10.1016/j.ijleo.2016.04.090
一覧表示...

研究発表等
High Resonance Frequency in a Coupled Cavity DFB-LD with Phase-Shifted/Uniform Gratings by Photon-Photon Resonance  17th International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices (NUSOD 2017)  2017/07/24
Enhancement of Resonance Frequency in a DFB-LD with Internally Incident Modulated Light  16th International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices (NUSOD 2016)  2016/07/11
Resonance-Shifted DFB-LD for High E/O Conversion Efficiency and Stable Single Longitudinal Mode Operation  2016 EMN Beijing Meeting  2016/04/22
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     光子-光子共鳴による複合共振器をもつ分布帰還形半導体レーザーの高速直接変調   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     共振点シフトを用いた高効率・高安定単一軸モード半導体レーザー   代表   -   2016/07-2017/03   2016   200,000   
研究の国際化推進プログラム   -     半導体レーザーの縦モードと横モードの制御   代表   -   2015/04-2016/03   2015   200,000   
一覧表示...

受賞学術賞
Optical Society of America  OSA Fellow  2017/09
 慶應義塾大学理工学部同窓会研究教育奨励基金による同窓生表彰(現 矢上賞)  2011/06
一覧表示...

知的財産権
光周波数分割多重伝送システム  2007-060825
半導体レーザ  2007-060246
撮像素子およびその製造方法  2004-081130  2005-265716
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  卒業研究  演習
2017  電気電子工学応用演習  演習
2017  電磁気学演習  演習
一覧表示...

教育活動
専門科目「統計物理学」において,オフィスアワーを設け,希望する学生に小テストの結果を開示し,解答例を参照しながら解説した.回を追うごとに小テストの平均点が向上した.  2015/10-
専門科目「電磁気学I」において,オフィスアワーを設け,希望する学生に小テストの結果を開示し,解答例を参照しながら解説した.回を追うごとに小テストの平均点が向上した.  2015/10-
専門科目「量子力学」において,オフィスアワーを設け,希望する学生に小テストの結果を開示し,解答例を参照しながら解説した.回を追うごとに小テストの平均点が向上した.  2015/04-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
量子エレクトロニクスデバイス/システム
 企業および大学において、光ファイバー通信用レーザー、光ファイバー中の非線形効果、光フィルター、光機能素子、リングレーザー、X線検出素子などの研究開発を経験してきた。この中で、光ファイバー通信用レーザーは、日本縦貫システムや日米間海底ケーブルシステム(TPC-4)の中で使用されている。
また、他の素子でも世界最高の性能を実現してきた。一貫して、電磁波と物質との相互作用を制御して新たな機能をもつデバイスやシステムを創出することに興味をもっている。
'03年4月本学へ。
■関連URL
 沼居研究室