日本語
顔写真
College of Information Science and Engineering  /
Department of Information Science and Engineering

 (Male)
 Yoshio   NAKATANI  Professor

■Concurrent affiliation
Research Organization of Science and Technology   /
Frontier Research Center for Natural Disaster Mitigation
Graduate School of Information Science and Engineering
Research Organization of Science and Technology   /
Research Centre for Palaeoclimatology
Research Organization of Open Innovation & Collaboration   /
Center for Global MOT Research
■Graduate school/University/other
1981  Osaka University  School of Human Sciences  Department of Human Sciences (Social Psychology)  Graduated
■Academic degrees
Ph.D. (Kobe University)  
■Career history
04/01/2004-08/31/2005  理工学研究所 主事
09/01/2005-03/31/2006  情報理工学部 学生主事
04/01/2006-03/31/2008  情報理工学部 副学部長(企画・研究・国際)
04/01/2006-03/31/2008  総合理工学研究機構運営委員会委員
04/01/2006-03/31/2008  総合理工学院設置検討会議委員
04/01/2006-03/31/2010  大学教育開発・支援センター運営委員
04/01/2006-03/31/2010  組換えDNA実験安全委員
04/01/2007-03/31/2010  図書館委員会委員
04/01/2008-03/31/2010  情報理工学部 副学部長(企画・国際)
04/01/2009-03/31/2010  理工系学術情報選択委員長
05/01/2009-12/31/2009  理工系大学院課題検討集中ワーキング委員
06/01/2009-07/31/2010  情報理工学部 将来構想検討委員会 委員
07/01/2009-03/31/2011  文部科学省国際化拠点整備事業推進本部 副事務局長
04/01/2010-03/31/2011  情報理工学部 副学部長(国際プロジェクト)
04/01/2010-03/31/2011  「アジア人財資金構想」高度専門留学生育成事業 専門プログラム
開発マネージャー
04/01/2011-03/31/2012  Chair of Department of Information and Communication Technology, College of Information Science and Engineering
04/01/2011-  防災フロンティア研究センター 副センター長
04/01/2012-03/31/2014  総合科学技術研究機構長
04/01/2012-03/31/2014  グローバル・イノベーション研究機構(R-GIRO)運営委員
04/01/2012-03/31/2014  理工学研究所 所長
04/01/2012-03/31/2014  立命館科学技術振興会(ASTER)監査
05/24/2012-03/31/2014  研究高度化推進施策に関わる審査委員
07/01/2013-03/31/2014  情報理工学部の将来を考える教員懇談会委員
04/01/2014-  Dean of College of Information Science and Engineering
04/01/2014-  Dean of Graduate School of Information Science and Engineering
04/01/2014-  Executive Director of Ritsumeikan Academy
04/01/2014-  Executive Director of Osaka Hatsushiba Academy
04/01/2014-  Vice President of Society for the Advancement of Science and Technology at Ritsumeikan
■Committee history
1993-1995  計測自動制御学会  会誌編集委員
1995-1997  システム制御情報学会  会誌/論文誌編集委員
1996-1998  人工知能学会  企画委員
06/1994-  人工知能学会  知識ベースシステム研究会 連絡委員
04/1997-03/2001  情報処理学会  会誌編集委員(アプリケーション分野)
04/1998-03/2004  人工知能学会  知的教育システム研究会 連絡委員
04/1998-03/2002  人工知能学会  学会誌編集委員
05/1999-04/2001  ヒューマンインタフェース学会  論文誌編集委員
04/1999-  日本原子力学会  ヒューマン・マシン・システム部会 研究調査委員
04/2000-  計測自動制御学会  マンマシンシステム部会 運営委員
05/2002-04/2005  ヒューマンインタフェース学会  会誌編集委員
05/2004-04/2005  ヒューマンインタフェース学会  評議員
12/2004-03/2005  大阪府  「地域協働による駅前活性化と公共交通利用促進調査」検討委員
04/2004-03/2015  人工知能学会  先進的学習科学と工学研究会 専門委員
04/2004-03/2006  システム制御情報学会  会誌/論文誌編集委員
12/2004-03/2013  (財)光産業技術振興協会  第5分科会「ヒューマンインタフェース」委員
05/2005-04/2006  ヒューマンインタフェース学会  論文誌編集副委員長
07/2006-03/2007  滋賀県  「地域情報基盤検討委員会」委員長
05/2006-04/2007  ヒューマンインタフェース学会  論文誌編集委員長
04/2006-03/2008  電気学会  C部門 情報システム技術委員会・事業分析のためのビジネス文書マイニング技術調査専門委員会
01/2009-12/2011  電気学会  「公共施設におけるヒューマンインタフェース技術調査専門委員会」委員長
04/2007-03/2009  電気学会  技能の情報化・訓練システム協同研究委員会 委員
05/2007-04/2009  ヒューマンインタフェース学会  理事(総務担当)
09/2008-09/2009  ヒューマンインタフェース学会  ヒューマンインタフェースシンポジウム 副大会長
09/2009-09/2010  ヒューマンインタフェース学会  ヒューマンインタフェースシンポジウム 大会長
2009-2012  ヒューマンインタフェース学会  理事(監事)
2009-2010  プロジェクトマネジメント学会  関西支部 準備委員
2010-  プロジェクトマネジメント学会  関西支部 運営委員
2010-2012  横断型基幹科学技術研究団体連合  理事
04/2010-03/2012  人工知能学会  評議員
04/2013-03/2015  人工知能学会  代議員
06/2007-08/2007  国土交通省  近畿地方整備局「津波情報提供に関する検討会」委員
09/2007-03/2009  国土交通省  「直轄事業の建設生産システムにおける発注者責任に関する懇談会」品質確保専門部会・電気通信施設WG 委員
04/2012-03/2014  国土交通省  建設技術研究開発助成制度「On Site Visualizationのコンセプトに基づく低コスト・低消費電力型モニタリングシステムの開発」産学官テーマ推進委員会委員
1997-1998  8th World Conference on Artificial Intelligence in Education (AI-ED'97)  Local Organizing Committee
01/1997-08/1997  15th International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI'97)  Chair of Organization Committee of Workshop on Practical Use of Case-Based Reasoning
01/1998-07/1998  Annual Conference on Artificial Intelligence (AAAI'98)  Organization Committee of Workshop on Textual Case-Based Reasoning
1998-2002  International Journal of Cognition, Technology and Works  Editorial Board
1999-2000  CSEPC2000 (Cognitive System Engineering for Process Control)  Technical Program Committee
2001-10/2001  Second Kyoto Meeting on Digital Cities  Program Committee
2004-2005  The 11th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2005)  Co-Chair of Organized session: Advanced Interfaces for Safety and Security (I) and (II)
2006-2007  The 12th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2007)  Co-Chair of Organized session: Advanced Interfaces for Communication and Collaboration Support (I) and (II)
2008-2009  The 13th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2009)  Co-Chair of Organized session: Advanced Interfaces for Valuable Communication and Collaboration Support (I) and (II)
2010-2011  The 14th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2011)  Co-Chair of Organized session: Advanced System Architecture in the Social Context (I) and (II)
2011-2011  Innovations in Information and Communication Science and Technology (IICST 2011), First Postgraduate Consortium International Workshop by Tomsk State University of Control Systems and Radioelectronics (TUSUR) and Ritsumeikan University  International Program Committee
2011-2012  First International Symposium on Socially and Technically Symbiotic Systems (STSS)  Technical Program Committee
2012-03/2013  The 19th International Display Workshops  Program Member, Touch Panel and Input Technologies Workshop,
2012-2012  Innovations in Information and Communication Science and Technology, (IICST 2012), Second Postgraduate Consortium International Workshop by Tomsk State University of Control Systems and Radioelectronics (TUSUR) and Ritsumeikan University  International Program Committee
2013-2013  Innovations in Information and Communication Science and Technology, (IICST 2013), Third Postgraduate Consortium International Workshop by Tomsk State University of Control Systems and Radioelectronics (TUSUR) and Ritsumeikan University  Program Committee
2012-2013  The 15th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2013)  Co-Chair of Organized session: A New Horizon for Social Information Systems (I) and (II)
05/1995-04/1997  システム制御情報学会  論文賞選考委員
04/1998-03/2002  人工知能学会  論文賞選考委員
04/1999-03/2001  ヒューマンインタフェース学会  論文賞選考委員
04/2003-03/2005  土木学会  関西支部共同研究グループ「ローカルエリアにおける地域防災セキュリティシステムの最適なあり方についての研究」委員
04/2005-03/2006  ヒューマンインタフェース学会  論文賞選考委員
04/2005-03/2007  土木学会  関西支部共同研究グループ「ローカルエリアに望まれる地域防災情報システムの実現手法についての研究」委員
04/2006-03/2007  ヒューマンインタフェース学会  論文賞選考委員長
09/2008-09/2009  ヒューマンインタフェース学会  十周年記念事業委員
09/2008-09/2009  日本心理学会  第73回大会準備委員
04/2009-  文部科学省  科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター 専門調査員
03/2011-12/2011  横断型基幹科学技術研究団体連合  第4回横幹連合コンファレンス プログラム委員
06/2011-12/2011  京都市  防災対策総点検委員会 副委員長
09/2011-05/2012  湖南広域行政組合  総合計画策定懇話会 座長
04/2012-12/2013  京都市  帰宅困難者ターミナル周辺対策協議会 座長
04/2012-03/2014  京都市  帰宅困難者観光地対策協議会 座長
04/2012-03/2014  京都市  帰宅困難者事業所対策協議会 座長
08/2013-03/2016  京都市  再生可能エネルギー等導入推進基金事業(グリーンニューディール基金) 評価委員
03/2014-  京都市  京都駅周辺地域都市再生緊急整備協議会 都市再生安全確保計画部会 部会長
04/2014-  滋賀県  「地域情報化推進会議」議長
2014-  システム制御情報学会  副会長
2014-  The 6th Asian Joint Workshop on Information Technologies  Co-Chair
09/2015-05/2016  システム制御情報学会  第60回研究講演発表会(SCI'16)実行委員長
09/2015-09/2017  日本学術会議  総合工学委員会・電気電子工学委員会合同 IFAC分科会 自動制御の多分野応用小委員会 委員
05/2016-05/2017  システム制御情報学会  会長
08/2017-  京都市  第2次防災対策総点検委員会 副委員長
08/2017-  京都市  国土強靭化地域計画策定委員会 副委員長
■Academic society memberships
Human Interface Society  
Information Processing Society of Japan  
The Japanese Society for Artificial Intelligence  
The Society of Instrument and Control Engineers  
The Japanese Psychological Association  
Japanese Cognitive Science Society  
Japan Society for Disaster Information Studies  
the Japanese Group Dynamics Association  
The Society of Project Management  
"The Institute of Systems, Control and Information Engineers"  
■Subject of research
Disaster Mitigation: Tourist evacuation guidance support systems, business continuity management systems, computer simulations of evacuation of people and vehicles, disaster information sharing support systems, and so on.
Intelligent Transportation Systems: Tourist navigation systems, driver support systems, fellow passenger support systems, and so on.
Omoide (Personal Memory) Engineering: Computer-based systems to support remembering and using personal memories for the people who have lost their goods of memory in disasters, patients with cognitive dementia who are losing personal memories, long-term care persons, and so on.
Kansei (Sensibility) Engineering: Fashion coordination support systems, skill acquirement support systems of sports, dietary education systems, and so on.
■Research summary
1) Information Systems in Emergencies 2) ITS (Intelligent Transportation Systems) 3) Personal Memory Engineering 4) Cognitive Engineering

 We study how to build the information systems that consider human cognitive properties. Application areas include information systems and risk communication, in particular, in disasters and other emergencies, Intelligent Transportation Systems (ITS), personal memory engineering and affective engineering.
■Research keywords
Disaster Mitigation Information Systems, Intelligent Transportation Systems, Reminiscence Engineering, Kansei Engineering, Human Interface, Cognitive Engineering, Artificial Intelligence 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
ヒューマンエラーが起こりにくいインターフェースの設計  技術情報協会(編)  技術情報協会・ヒューマンエラー対策 事例集、第6章5節  01/2013
不便が楽しい:観光の新たな支援枠組み  計測自動制御学会、学会誌「計測と制御」、特集「不便の効用を活用するシステム」、第51巻、第8号  732-737  08/2012
東日本大震災と思い出工学  オプトニューズ電子版、Vol.6、No.4  22-28  11/2011
View details...

Papers
Nonlinguistic Disaster Information Sharing System using Visual Marks  Kakeru Kusano, Tomoko Izumi and Yoshio Nakatani  Kim, H.K. Amouzegar, M.A. and Ao, A.L. (Eds.) Transactions on Engineering Technologies – World Congress on Engineering and Computer Science 2014  273-288  08/2015
Simulation System of Tsunami Evacuation Behavior during an Earthquake at JR Osaka Station Area  Ryo Ishida, Tomoko Izumi and Yoshio Nakatani  S. Zlatanova, R. Peters, A. Dilo and H. Scholten (Eds.), Intelligent Systems for Crisis Management - Geo-information for Disaster Management (Gi4DM) 2012, Lecture Notes in Geoinformation and Cartography, Springer  309-316  12/2012
Evaluation of a Support System for Large Area Tourist Evacuation Guidance: Kyoto Simulation Results  Seiki Kinugasa, Tomoko Izumi and Yoshio Nakatani  S. Zlatanova, R. Peters, A. Dilo and H. Scholten (Eds.), Intelligent Systems for Crisis Management - Geo-information for Disaster Management (Gi4DM) 2012, Lecture Notes in Geoinformation and Cartography, Springer  67-78  12/2012
View details...

Research presentations
観光客のマルチエージェント広域避難行動シミュレーションにおけるインタフェースの検討  ヒューマンインタフェースシンポジウム2017(第33回)  09/06/2017
ランドマーク着目傾向を考慮したルートマップ型地図検索インタフェースの検討  ヒューマンインタフェースシンポジウム2017(第33回)  09/06/2017
DJ初学者の基礎技術習得支援を目的とした熟練者と初学者の注視点分析  ヒューマンインタフェースシンポジウム2017(第33回)  09/06/2017
View details...

Other research achievements
防災分野におけるICTの利活用  第1回滋賀県ICT推進懇話会  08/31/2017-08/31/2017
ICTの進展と社会  立命館大学常任理事会学園情勢検討会  04/12/2017-04/12/2017
ICTと現代社会  滋賀県地域情報化推進会議地域情報化セミナー  03/27/2017-03/27/2017
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Competitive grants, etc. (exc. KAKENHI)
歴史的観光都市防災プロジェクト  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業  2010  2014  Joint researcher
偶発性を促進する観光ナビゲーションの研究  立命館大学研究推進プログラム「科研費連動型」  2009  2009  Main representative
広域災害対応のためのシナジェティックインタフェースの提案と構築  セコム科学技術振興財団研究助成金  2007  2009  Joint researcher
View details...

Achievements of joint / funded research
災害時情報収集支援方法【概要】上下水道プラントの監視装置が発する様々なレベルの警報や、緊急性を確実に伝達にするための警報に使用される視覚表現方法の適正について評価・分析し、個別の特性を明確にする。この結果に基づき、発生頻度は低いが緊急性の高い情報の提示や、日常的に確認が必要となる情報提示など、様々な事例ごとの適切な表現方法について検討し、公共プラント向け監視制御システムのユーザーインタフェースのプ  06/2011-03/2012  Commisioned research  Main representative
災害時におけるの観光客等防災対策に係る効果的な滞留場所、避難誘導路の検証調査【概要】京都市内の観光地には年間を通して、外国人も含め市域内外から観光客等が多数流入しており、このような状況下で大地震が発生し交通機関等が停止した場合、速やかに帰宅できない人たちが多数発生することが予想される。このためこのような早期に帰宅できない人のために、効果的な避難や帰宅対策を検証するための情報の把握・集約、情報提供の  11/2010-03/2011  Commisioned research  Main representative
災害時情報収集支援方法【概要】上下水道プラントの監視制御では複数のプラントの広域監視制御が急増している。一方では、若手運転員の数が減少し、現場を十分に知らない運転員が増えている。そこで、熟練運転員が利用している暗黙的な情報を明示化し、これまでシステム箇されていないそれらのパラメータの内、利用可能なものを抽出して、システムに取り込むことを検討する。今年度は、上水道プラントにおける運用実態についてヒヤ  04/2010-03/2011  Commisioned research  Main representative
View details...

Academic awards
ヒューマンインタフェース学会  ヒューマンインタフェースシンポジウム2017(第33回)奨励賞  09/2017
電気学会  Best Journal Paper Award of IEEJ  06/2017
情報処理学会  第79回情報処理学会全国大会 学生奨励賞  03/2017
View details...

Intellectual property rights
ヘルプデスクシステムおよびその情報処理方法  特願平10-065845  特開平11-265383
ヘルプデスクシステム  特願平09-258004  特開平11-096179
プラント保守教育訓練システム  特願平09-073997  特開平10-268746
View details...

Research exchange preferred theme
Disaster Mitigation Information Systems  Information systems are to be developed based on the cognitive engineering approach, in order to mitigate damages in disasters.  Technical consultation,Commisioned research,Joint research
Information systems to promote sightseeing  Information systems are to be developed based on the cognitive engineering approach, considering human psuchology, to increase visitors and repeaters.  Technical consultation,Commisioned research,Joint research
Information systems to support human sensitivity (Kansei)  Information systems are to be developed to consider human feelings and sensitivity.  Technical consultation,Commisioned research,Joint research
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2016  Human Interface B1  Lecture
2016  Artificial Intelligence  Lecture
2016  Human Interface B  Lecture
View details...

Teaching achievements
初芝立命館高校 「理系進学への心構え」講演(3年生)「情報理工学部の魅力について」  04/2017-04/2017
立命館高校 Japan Super Science Fair 2015 "Application of Information Technology to Disaster Mitigation"  11/2015-11/2015
立命館慶祥高校 SS Day Ⅱ 「世界を変える最先端の学び」  08/2015-08/2015
View details...
■Message from researcher
認知工学による社会情報システムの高度化に関する研究
 防災情報システムや道路・河川・港湾の維持管理システムなどを対象に、認知工学の立場から、人工知能やヒューマンインタフェース技術の適用を図る研究をしています。大阪大学人間科学部を卒業('81)し、社会心理学の出身です。三菱電機に入社してから、上記技術による避難行動シミュレーション、広域避難支援、発電プラント制御システムの使いやすさ、設計支援などの研究を始めました。スタンフォード大学での研究(91-92)や道路関係のコンサル出向(98-01)などを経て、SEとして高度道路情報システム(ITS)や防災情報システムのビジネス展開を手がけ、'04年本学へ。現在は、防災、ITS(高度道路情報システム)、思い出工学、感性工学の4本立てで、広く社会に目を向けた研究を行っています。学術博士。
■URL
 Social Communication Laboratory.
■Tel
077-561-5932
■E-mail
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Cognitive Science