English
顔写真
情報理工学部  /
情報理工学科

 チン   エンイ   (男)
 陳    延偉   教授
 Yen-Wei   CHEN

■兼務所属(本学内)
総合科学技術研究機構   /
バイオメディカルデバイス研究センター
情報理工学研究科
■出身大学院・出身大学他
1985/03  神戸大学  工学部  卒業
1990  大阪大学大学院  工学研究科  博士課程  修了
■取得学位
工学博士 (1990/03 大阪大学)  
■職歴
1991-  レーザー技術総合研究所・研究員
1994/04-1995/03  琉球大学工学部・講師
1995/04-2003/04  琉球大学工学部・助教授
2003/04-2004/03  琉球大学工学部・教授
2003-  オークスフォード大学・客員研究員 [国外]
2004/04-  立命館大学情報理工学部・教授(現在に至る)
■委員歴
 中国科学院Overseas Assessor
 国際学術誌International Journal of Image and Graphics(IJIG)副編集長
■所属学会
IEEE  
電子情報通信学会  
日本医用画像工学会  
電気学会  
■研究概要
知的画像処理に関する研究

 情報化社会において,「画像」というメディアはますます注目されるようになっています.計算機に人間のような極めて柔軟かつ信頼性の高い画像処理・認識・理解を行わせるためには,人間のような学習能力,適応能力を持たせる必要があります.人間の視覚や脳を工学的に模倣し,柔軟かつ信頼性の高い画像システムを創出することを目指して,「医用画像・三次元画像処理」,「画像解析・パターン認識」と「知的画像処理」の三本柱を基礎とし,三分野を融合しながら,基礎研究から応用まで幅広い研究内容を取り上げ,研究を行っています.
■研究キーワード
パターン認識, 医用画像処理, 人工知能(深層学習) 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
Deep Learning in Healthcare  L. C. Jain (Eds)  Springer  2020
Innovation in Medicine and Healthcare Systems, and Multimedia  Alfred Zimmermann, Robert I. Howlett and Lakhmi C. Jain(Eds)  Springer  2019  978-981-13-8566-7
Innovation in Medicine and Healthcare 2017  Yen-Wei Chen, Satoshi Tanaka, Robert I. Howlett and Lakhmi C. Jain  Springer  2017/06  978-3-319-59397-5
一覧表示...

論文
Semi-supervised Learning for Semantic Segmentation of Emphysema with Partial Annotations  Liying Peng, Lanfen Lin, Hongjie Hu, Yue Zhang, Huali Li, Yutaro Iwamoto, Xianhua Han, and Yen-Wei Chen  IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics (Impact Factor: 4.217)  in press  2020
Accurate BAPL Score Classification of Brain PET Images Based on Convolutional Neural Networks with a Joint Discriminative Loss Function  Ryosuke Sato, Yutaro Iwamoto, Kook Cho, Do-Young Kang, Yen-Wei Chen  Applied Science (Impact Factor: 2.59)  10/ 3  2020/02  10.3390/app10030965
Tensor-based sparse representations of multi-phase medical images for classification of focal liver lesions  J.Wang, Y. Iwamoto, Y.-W. Chen et. al.  Pattern Recognition Letter (Impact factor: 2.81)  Vol.130, pp.207-215  2020/02  10.1016/j.patrec.2019.01.001
一覧表示...

研究発表等
UNET 3+: A Full-Scale Connected UNET for Medical Image Segmentation  The 45th IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (IEEE ICASSP2019) (H5: 79)  2020/05
WNET: An End-to-end Atlas-Guided and Boundary-Enhanced Network for for Medical Image Segmentation  IEEE International Symposium on Medical Imaging (IEEE ISBI2020) (H5: 28)  2020/04
Deep Learning Method for Content-Based Retrieval of Focal Liver Lesions Using Multiphase Contrast-Enhanced Computer Tomography Images  38th IEEE International Conference on Consumer Electronics (IEEE ICCE2020) (H5:20)  2020/01
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
MRI画像ナビゲーションによる肝腫瘍治療するためのCT画像とオープンMR画像との変形位置合わせ手法 プロジェクト主体:立命館大学  独立行政法人科学技術振興機構 平成19年度新規制度「良いシーズをつなぐ知の連携システム(つなぐしくみ)」  2007  2007  代表
一覧表示...

共同・受託研究実績
顔情報抽出技術の実用化を目的とした顔情報データベースの構築と検証  2011/02-2012/03  共同研究
ICA次元削減によるノイズ除去技術の指導  2011/01-2011/03  技術指導
イメージアノテーションに関する研究  2010/05-2011/03  受託研究
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     低ランクテンソル符号化による多元医用データの統合と類似症例の検索   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     多重線形スパースと低ランクテンソル分解法による多元医用画像のモデリング   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     テンソル符号化による多元医用データの統合と類似症例の検索   代表   -   2016/07-2017/03   2016   400,000   
一覧表示...

受賞学術賞
国際学会IEEE International Conference on Consumer Electronics (Las Vegas, USA)  IEEE CE East Joint Japan Chapter ICCE Young Scientist Paper Award  2018/01
映像メディア学会  平成29年度関西連合大会映像情報メディア学会関西支部優秀論文発表賞  2017/11
 2017 4th International Conference on Mechanical, Electronics and Computer Engineering (CMECE 2017). Best Student Presentation Award  2017/09
一覧表示...

知的財産権
画像処理装置、コンピュータプログラム、及び画像処理方法  2006-351320
独立成分分析(ICT)法を用いたデジタル画像の画質改善法  2006-308271
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  プログラミング演習1  演習
2017  メディアプロジェクト演習2  演習
2017  情報理工学特殊研究1  演習
一覧表示...

教育活動
本学主催の「学びの形」にて、高校2年生を対象にIT技術を活用した人間の顔処理に関する講義と実体験を実施した。  2009/07-2009/07
本学付属校「立命館守山高等学校」で”理工系で勉強しましょう
”というタイトルで講演し、大学での理工系勉強や研究の面白さを紹介した。  2008/11-2008/11
京都キャンバスプラザにて高校の数学先生を対象に大学での数学教育とその重要性について講演し、意見交換を行った。  2006/08-2006/08
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
柔軟かつ信頼性の高い画像処理を目指して
 情報化社会において、「画像」というメディアはますます注目されるようになっています。計算機に人間のような極めて柔軟かつ信頼性の高い画像処理・認識・理解を行わせるためには、人間のような学習能力、適応能力を持たせる必要があります。人間の視覚や脳を工学的に模倣し,柔軟かつ信頼性の高い画像システムを創出することを目指して、「画像処理・認識」と「学習・進化計算法」の二本柱を基礎とし、両分野を融合しながら,基礎研究から応用まで幅広い研究テーマを取り上げ,研究及び教育を行っています。中国杭州市生まれ。1981年に来日、1985年に神戸大学を卒業、1990年に大阪大学博士課程修了。工学博士。レーザー技術総合研究所研究員、琉球大学講師・助教授・教授、オークスフォード大学客員研究員などを経て、2004年4月より本大学に赴任。趣味はテニスなど。
■関連URL
 知的画像処理研究室