日本語
College of Science and Engineering  /
Department of Electronic and Computer Engineering

 (Male)
 Takeshi   OGURA  Professor

■Concurrent affiliation
Research Organization of Science and Technology   /
VLSI Center
Graduate School of Science and Engineering
■Academic degrees
Doctor of Engineering (03/1991 Osaka University)  
■Career history
04/01/1978-  電電公社武蔵野電気通信研究所
集積記憶研究部記憶回路研究室
02/1985-  電電公社厚木電気通信研究所
集積回路研究部集積応用研究室
10/1988-  NTT LSI研究所設計システム研究部
LSI構成方式研究グループ
10/1991-  NTT LSI研究所 設計システム研究部
信号処理LSI研究グループ
05/1997-  NTTヒューマンインタフェース研究所
画像通信研究部 画像信号処理応用研究グループ
01/1998-  NTTサイバースペース研究所
メディア通信プロジェクト メディア信号処理研究グループ
04/2000-  NTT生活環境研究所
メディアエレクトロニクス研究部
07/2002-  NTTマイクロシステムインテグレーション研究所
ユビキタスインタフェース研究部
04/2004-  立命館大学
理工学部教授
■Committee history
01/2011-12/2014  IEEE Kansai Chapter Membership Development Committee Chair
05/2010-  IEEE Symp. on Low-Power and High-Speed Chips: COOL Chips XIV Executive Committee Member
05/2004-04/2010  IEEE Symp. on Low-Power and High-Speed Chips: COOL Chips VIII-XIII Organizing Committee Member
05/2000-04/2004  An Int'l Symp. on Low-Power and High-Speed Chips: COOL Chips IV-VII Organizing Committee Member
05/2010-04/2011  IEEE Int'l Symp. on Defect and Fault Tolerance in VLSI Systems Executive Committee Member
05/2009-04/2010  IEEE Int'l Symp. on Defect and Fault Tolerance in VLSI Systems Program Committee Member
08/2001-06/2003  2002,2003 VLSI シンポジウム エクゼクティブ委員
04/2002-03/2004  NEDO 技術委員
2001-2002  日本学術会議メカトロニクス専門委員会「情報・環境システム構築ウィービング 小委員会」 委員
06/2007-05/2009  電子情報通信学会 機能集積情報システム研究専門委員会 専門委員長
09/2000-06/2001  電子情報通信学会「機能集積情報システム」英文論文小特集 編集委員
06/1995-  電子情報通信学会 機能集積情報システム研究専門委員会 専門委員
05/1994-05/1998  電子情報通信学会 英文論文誌編集委員
12/1992-02/1996  電子情報通信学会「ウェーハスケール集積システム」和文論文小特集 編集委員
05/1990-04/1992  電子情報通信学会 会誌編集委員
■Academic society memberships
"The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE)"  
Information Processing Society of Japan  
IEEE  
■Research summary
Creating Intelligent silicone system configuration methods

 I am aiming to create an intelligent silicone system that can break through various limitations such as power consumption, development period, development cost and so on which the existing silicone systems face.
■Research keywords
Si System Architecture 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Papers
Method of video transcoding from MPEG-2 to HEVC with picture structure information  Mitsuo Ikeda, Takeshi Kumaki, and Takeshi Ogura  J. of Signal Processing  20/ 6, 283-290  11/2016
FPGA Implementation and Evaluation of Ternary Content Addressable Memory with Individuality  Shinya Kimura, Takuma Watanabe, Ryohei Yukawa, Takeshi Kumaki, Tomohiro Fujita, and Takeshi Ogura  J. of Signal Processing  20/ 4, 137-140  07/2016
An Optimal CAM-based Separated BTB for a Superscalar Processor  Lin Meng, Kosaku Fukuda, Takeshi Kumaki, and Takeshi Ogura  Int'l J. of Computer Theory and Engineering  8/ 2, 122-128  04/2016
View details...

Research presentations
Cellular Automaton Based Pixel Level Snakes Using Active Contour Curvature  2017 Int’l Symp. on Nonlinear Theory and its Applications  12/2017
Master-Slave Scheme for Ternary Content Addressable Memory with Individuality on Embedded System  2017 RISP Int’l Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing  03/2017
A Transcoding Method of MPEG-2 to HEVC with Picture Structure Information  2016 RISP Int'l Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing  03/2016
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Electronic and Computer Engineering Laboratory 2  Laboratory work / Practical experience / Skills practice
2017  Thesis  Seminar
2017  Introduction to Electronic and Computer Engineering 2  Seminar
View details...

Teaching achievements
北摂三田高校 模擬講義 LSIでつくる未来の世界  11/2015-11/2015
北摂三田高校模擬講義 LSIで作る未来の世界  07/2014-07/2014
講義科目「信号処理」において、要点を受講者が記述する形式の穴あき式レジメを作成、配布することにより、受講者が集中力を維持し、かつ記述することによって内容を覚えやすくする工夫を行っている。  04/2008-
View details...
■Message from researcher
ユビキタス時代のシリコンシステムとは?
 いまや至る所にSiチップが存在し、あらゆる物にSiチップが搭載あるいは添付されようとしています。いわゆるユビキタスコンピューティング/コミュニケーションの時代が到来しつつあります。しかしながら、このようなユビキタス時代に真に必要なシリコンシステムとは?という問いの答えが明らかになっているとは言えません。どのような情報を、どのように処理し、どのように通信するのか、そして、これをいかに簡便に実現するのかが、技術、ビジネス両面にわたる課題です。既存のシリコンシステムは、開発期間やコスト、消費電力等の多くの側面で困難に直面しつつあります。当研究室では、このような困難を打破し、ユビキタス時代に真に求められるシリコンシステムの構成法を明らかにすることをめざします。大阪大学大学院博士前期課程を修了後、26年間NTTの研究所に勤務、2004年から本学に。趣味は、釣り、ビギナーズゴルフ等。工学博士。
■URL
 Intelligent Silicon System Lab. Ritsumeikan University
■Tel
077-561-5978
■E-mail