English
理工学部  /
建築都市デザイン学科

 チカモト   トモユキ   (男)
 近本    智行   教授
 Tomoyuki   CHIKAMOTO

■兼務所属(本学内)
理工学研究科
OIC総合研究機構   /
サステイナビリティ学研究センター
OIC総合研究機構   /
デザイン科学研究センター
立命館アジア・日本研究機構   /
アジア・日本研究所
■出身大学院・出身大学他
1989/03  東京大学  工学部  建築学科  卒業
1994/03  東京大学大学院  工学系研究科  建築学専攻  博士課程  修了
■取得学位
博士(工学) (東京大学)  
■所属学会
日本建築学会  
空気調和衛生工学会  
エネルギー資源学会  
■研究概要
人の快適性、地球への環境配慮を室内から都市スケールで研究

 省エネルギーや、建築と自然の融合を図って気候風土に適合させる研究を展開し、快適で地球環境負荷の少ない都市の実現を目指しています。
■研究キーワード
建築都市環境設備 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
[改訂版]建築物の環境配慮技術手引き ~環境にやさしい建築を目指して~  近本智行他  大阪府・社団法人 大阪府建築士事務所協会  2011/03
建築物の環境配慮技術手引き ~環境にやさしい建築を目指して~  大阪府  2006/04
ハイブリッド換気の原理  建築環境・省エネルギー機構  2003/03
一覧表示...

論文
Detecting Attractive Phrases from Musical Lyrics Focusing on Typical Expressions on Lyrics  R. Yamanishi,R. Kagita, Y. Nishihara, J. Fukumoto  International Journal of Affective Engineering  14/ 3, 167-174  2015
夏期における外気温度変化が熱的快適性へ及ぼす影響に関する研究(その1~2)  近本智行・伊藤紘一・小林知広  日本建築学会大会学術講演梗概集 環境工学Ⅱ  339-342  2013/08
既存賃貸集合住宅における部分断熱改修実験  土井脩史・田嶋圭一・矢谷百代・生川慶一郎・近本智行・髙田光雄  日本建築学会技術報告集  19/ 42, 677-682  2013/06
一覧表示...

研究発表等
民生家庭部門の電力需要変化による低炭素化の検討(そ
の1)省エネ及びピークシフトを促すライフスタイルが電源構成に及ぼす影響の検証  日本建築学会会大会学術講演梗概集  2010/09
タスク・アンビエント空調
室内気流・温度分布を考慮した熱環境シミュレーション  日本建築学会 熱シンポジウム  2009/10
快適性を考慮した空調制御に関する研究(その1) 冬期における屋外から空調空間への熱環境変化に対応した人体の快適性に関する検  日本建築学会大会学術講演梗概集  2006/09
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
人の分布・温冷感をセンシングして、局所気流を最適制御する次世代型空調システムに関する研究開発  独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構・次世代型ヒートポンプシステム研究開発  2010  2010
一覧表示...

共同・受託研究実績
大津市都心地区エネルギー対策調査研究  2010/12-2011/03  受託研究
CO2削減モデル住宅に係る要素技術等の性能評価  2010/11-2011/02  受託研究
温度成層空調に関する研究  2010/09-2011/03  受託研究
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     ヒューマンファクターの効果を発揮できる空調システム・制御ロジックの開発・実用化   代表   -   2017/04-2018/03   2017   500,000   
アジア・日本研究推進プログラム   -     アジアの持続的発展および循環型社会形成のための環境・エネルギー分野の研究開発と人材育成   代表   -   2017/04-2018/03   2017   5,000,000   
アジア・日本研究推進プログラム   -     アジアの持続的発展および循環型社会形成のための環境・エネルギー分野の研究開発と人材育成   代表   -   2016/07-2017/03   2016   5,000,000   
一覧表示...

受賞学術賞
建築環境・省エネルギ機構  第9回環境・省エネルギー建築賞 国土交通大臣賞受賞  2002/05
空気調和・衛生工学会  第39回空気調和・衛生工学会賞技術賞受賞  2001/05
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  環境共生工学演習  演習
2017  建築環境演習  演習
2017  建築専門演習  演習
一覧表示...

教育活動
高大連携講義として、高校生に「建築・都市のサステイナブルデザイン」を講義し、建築都市デザイン学科での授業のガイダンスを行った。  2009/08-2010/08
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
人の快適性、地球への環境配慮を室内から都市スケールで研究
 地球温暖化ガスであるCO2の発生量はその3分の1が建築関連であり、その大半が建物を運用するエネルギーとして排出されます。建築関連のエネルギー削減、環境負荷削減は国、地方公共団体の優先して取り組むべき施策ともなっています。この削減を図るため、省エネルギーや、建築と自然の融合を図って気候風土に適合させる研究を展開し、快適で地球環境負荷の少ない都市の実現を目指しています。 (1) 自然エネルギーの有効利用に関する研究  制御の難しい自然エネルギーの有効利用を図るためのシステム提案、制御ロジックの検討、評価を行っています。 (2) 快適性・生産効率に関する研究  人間の生理現象や周辺環境が生産効率に及ぼす影響に関する研究を行っています。 (3) 次世代の空調システムに関する研究  可搬型のパーソナル空調機の開発、タスク制御システム開発、アンビエント制御システム開発、を行っています。 (4) 評価モデル開発に関する研究  室内熱・気流環境をコンピューターでシミュレーションするための乱流モデルや、エネルギーシミュレーションモデルの開発を行っています。
■関連URL
 CHIKAMOTO LAB 建築環境・設備研究室