English
国際関係学部  /
国際関係学科

 キミジマ   アキヒコ   (男)
 君島    東彦   教授
 AKIHIKO   KIMIJIMA

■兼務所属(本学内)
国際関係研究科
衣笠総合研究機構   /
国際地域研究所
■出身大学院・出身大学他
1982/03  早稲田大学  法学部  法学科  卒業
1987/06  University of Chicago  Law School  修士課程  修了
1994/03  早稲田大学大学院  法学研究科  公法学専攻  博士課程後期課程  単位取得退学
■取得学位
法学修士 (1985/03 早稲田大学)   法学修士 (1987/06 シカゴ大学)  
■委員歴
2003/10-2005/07  日本学術会議・平和問題研究連絡委員会  幹事
2006/01-  日本平和学会  理事
2010/07-2014/07  Asia Pacific Peace Research Association  Secretary-General
2012/01-2013/12  日本平和学会  渉外委員長
2013/01-  Asian Journal of Peacebuilding  Member of the Editorial Board
2014/01-2015/12  日本平和学会  企画委員長
2016/01-  日本平和学会  会長
■所属学会
日本平和学会  
International Peace Research Association  
Asia Pacific Peace Research Association  
Peace and Justice Studies Association  
日本公法学会  
全国憲法研究会  
憲法理論研究会  
国際人権法学会  
日米法学会  
大学教育学会  
■研究テーマ
日本国憲法の平和主義に関する研究、憲法平和条項の国際比較研究、グローバルな立憲主義に関する研究、東アジア平和秩序に関する研究
■研究概要
日本国憲法9条とは何か──その人類史的意味

■研究キーワード
憲法学、平和学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
「安全保障の市民的視点──ミリタリー、市民、日本国憲法」『シリーズ日本の安全保障3 立憲的ダイナミズム』  水島朝穂編  岩波書店  279-304  2014/12
『集団的自衛権容認を批判する』  日本評論社  2014/08
「近代市民革命と憲法」『映画で学ぶ憲法』  志田陽子編  法律文化社  26-35  2014/04
一覧表示...

論文
「ドイツにおける平和問題の軌跡と現在──安保法成立後の日本への示唆」  クリスティーン・シュヴァイツァー  日本の科学者  2016年1月, 13-18  2015/12
「ダイナミックなプロセスとしての憲法平和主義」  君島東彦  日本の科学者  2016年1月, 2-3  2015/12
「国連と市民社会の現在──軍事化と非軍事化の相剋」  日本の科学者  2015年8月, 18-23  2015/07
一覧表示...

研究発表等
"Six Faces of Article 9: Demystification and Reconstruction"  International Symposium "Japan's Peace Constitution at a Crossroads: 70 years after its making"  2016/03/16
「東アジアの中の日本国憲法」  韓国憲法学会第88回研究大会  2015/12/04
「Women Cross DMZと東アジアの安全保障」  日本平和学会秋季研究集会  2015/11/29
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究所重点研究プログラム   -     平和主義の理論と実践(国際地域研究所)   代表   -   2015/04-2016/03   2015   1,000,000   
研究所重点研究プログラム   -     平和主義の理論と実践-2014年度衣笠総合研究機構研究所重点研究プログラム(国際地域研究所)   代表   -   2014/04-2015/03   2014   1,000,000   
学外研究制度   -     グローバルな立憲主義の理論と実践   -   国外   2012/09-2013/09   2012     アメリカ合衆国 
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  Advanced Seminar  演習
2017  IR-GR301 専門演習  演習
2017  IR-GR401 卒業論文  演習
一覧表示...

教育活動
2015年度・2016年度 教養科目基本担当「平和学入門」  2015/04-2017/03
平和学のサービス・ラーニング。平和学の授業において、立命館大学国際平和ミュージアム、京都三条ラジオカフェ、気候ネットワーク、関西NGO協議会等でのサービス・ラーニングを導入している。  2010/04-
専門演習におけるプロジェクト(2)
 憲法リテラシー・プロジェクト。学生たちが、立命館宇治高校に行って、現代社会、政治経済の時間に、憲法について授業している。  2008/10-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
日本国憲法の平和主義と世界の平和NGO
 大学院ではアメリカ合衆国憲法第14修正(南北戦争を総括する憲法規定)の成立過程とその意義について修士論文を書きました。その後、アメリカ社会の中に入ってアメリカ憲法の理論と動態を研究、観察する必要性を痛感し、1986年シカゴ大学ロースクールへ留学しました。87年法学修士号取得後、アメリカ自由人権協会(American Civil Liberties Union)で実務研修し、憲法訴訟をつくる現場を見ました。90年代初めから、法律家NGO、平和NGOの活動にかかわるようになりました。90年代はNGOの時代でした。94年から95年にかけて、フルブライト奨学生としてシカゴ大学およびアメリカン大学で在外研究をしましたが、このときはロースクールではなくて国際関係研究科で研究しました。90年代半ば以来、理論的にも実践的にもNGOの重要性を感じ、NGOの立場から憲法および憲法学を捉え直すことを課題としています。わたしがNGO活動をする過程で発見したことは、世界の平和NGOは無意識のうちに日本国憲法の平和主義の理念を共有していて、それを活かす活動をしているということです。
■電話番号
075-465-1211(事務室)
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
公法学