論文
公開件数:33件
No. 発表論文の標題 著者名等 掲載誌名 巻/号,頁 出版年月 ISSN DOI URL
1 「ドイツにおける平和問題の軌跡と現在──安保法成立後の日本への示唆」
クリスティーン・シュヴァイツァー
日本の科学者
2016年1月, 13-18
2015/12



2 「ダイナミックなプロセスとしての憲法平和主義」
君島東彦
日本の科学者
2016年1月, 2-3
2015/12



3 「国連と市民社会の現在──軍事化と非軍事化の相剋」

日本の科学者
2015年8月, 18-23
2015/07



4 米国は改憲を望んでいるのか─日米関係と憲法九条

『季刊ピープルズ・プラン』 62 号,pp.30-38 ピープルズ・プラン研究所
62, 30-38
2013/08



5 “From Power Politics to Common Security: The Asia Pacific’s Roadmap to Peace”

Tatsushi Arai, Shihoko Goto, and Zheng Wang (eds. ) , Clash of National Identities: China, Japan, and the East China Sea Te r r i t o r i a l Dispute, pp. 56-67 W o o d r o w W i l s o n International Center for Scholars, Washington DC
56-67
2013/05



6 「平和憲法の再定義─予備的考察」

日本平和学会編『平和を再定義する[平和研究39号]』早稲田大学出版部
39, 1-26
2012/10



7 「NGOはいかにして平和をつくるか─1990年代2000年代の実践にもとづく若干の考察」

『新しい歴史学のために』280号 京都民科歴史部会
280, 19-44
2012/05



8 “Global Constitutionalism and Japan’s Constitutional Pacifism”

Vidya Jain (ed.), Peace, Non-violence and Gandhian Concerns (Jaipur, India: Rawat Publications, 2011)
178-201
2011/10



9 「多面体としての憲法9条──1つの見取り図」
市川正人・徐勝
『現代における人権と平和の法的探求──法のあり方と担い手論』
173-187
2011/09



10 Global Constitutionalism and Japan’s Constitutional Pacifism

『立命館国際研究』立命館大学国際関係学会
23/ 3, 43-61
2011/03



11 “Revisiting Hiroshima and Nagasaki 65 Years Later: Peace Movements in Postwar Japan”

FORUM (Jaipur, India: Centre for Gandhian Studies, University of Rajasthan)
Vol. 1 No. 1, 11-12
2010/10



12 「日米安保体制をどのように克服するか──共同体形成と脱軍事化への道筋」

『法律時報増刊 安保改定50年──軍事同盟のない世界へ』日本評論社
227-234
2010/06



13 “Hiroshima und Nagasaki 65 Jahrespäter: FriedensbewegungenimNachkriegsjapan”

FriedensForum, 2/2010, (Bonn, Germany: NetzwerkFriedenskooperative)
32-33
2010/04



14 “Article 9”
Nigel J. Young (ed.)
The Oxford International Encyclopedia of Peace, (New York: Oxford University Press, 2010)
Volume 1, 151-152
2010/01



15 “Japan’s Constitutional Pacifism and Global Civil Society”

Peace Studies Bulletin(Peace Studies Association of Japan)
No. 28, 12-16
2009/11



16 “Japan’s Contribution to Global Constitutionalism”

Societies Without Borders (Leiden, The Netherlands: Brill)
Volume 4-2, 105-116
2009/07



17 「多面体としての憲法九条──脱神話化と再構築」

『歴史地理教育』(2009年5月号)歴史教育者協議会
744号, 10-15
2009/05



18 Peace in East Asia and the Japanese Constitution: A Reexamination 60 Years After Its Making

『立命館国際研究』立命館大学国際関係学会
21/ 3, 169-178
2009/03



19 「グローバルな立憲主義の現段階─NGOのプロジェクト"GPPAC"を契機とする若干の考察

深瀬忠一・上田勝美・稲正樹・水島朝穂編『平和憲法の確保と新生』北海道大学出版会
322-349
2008/12



20 「現代国際政治と平和主義」 「憲法政策学」

杉原泰雄編『新版 体系憲法事典』青林書店
202-206、300-303
2008/07



21 松井芳郎編「国連改革と日本国憲法」

『人間の安全保障と国際社会のガバナンス』 日本評論社
99-113
2007/09



22 千葉眞・小林正弥編著「『脱安全保障化』としての日本国憲法」

『平和憲法と公共哲学』 晃洋書房
22-33
2007/09



23 「東アジアの平和と日本国憲法──施行60年目の再検討」

『立命館平和研究──立命館大学国際平和ミュージアム紀要』
8, 23-27
2007/03



24 人道的危機への非暴力的介入―日本国憲法とNGO

『社会と倫理』南山大学社会倫理研究所
20
2006/12



25 Revisiting the Pacifism of the Japanese Constitution

『立命館国際研究』立命館大学国際関係学会
18/ 3
2006/03



26 GPPACグローバル・アクション・アジェンダを読む―ニューヨーク国連本部での世界会議を終えて

『法学セミナー』612号 日本評論社

2005/12



27 核軍縮におけるNGOと政府の連携―『世界法廷運動』の意義と射程

愛敬浩二・水島朝穂・諸根貞夫編『浦田賢治先生古稀記念論文集・現代立憲主義の認識と実践』日本評論社

2005/11



28 NGOの民主的正当性

『国際人権』16号(国際人権法学会2005年報)

2005/10



29 人道的介入と日本国憲法

全国憲法研究会編『法律時報増刊 憲法改正問題』日本評論社

2005/05



30 「平和をつくる主体としてのNGO」

三好亜矢子・若井晋・孤崎知己・池住義憲編『平和・人権・NGO』(新評論)
57-87頁
2004



31 The Peace Vision of the Japanese Constitution

J.Nergelius, P.Policastro and K.Urata(eds.),Challenges of Multi-Level Constitutionalism

2004/12



32 Peace Vision of the Japanese Constitution: How Can Peace Be Achieved in East Asia?

Democratic Legal Studies, Democratic Legal Studies Association (Koria)
Vol.25
2004/02



33 「主権国家システムと安全保障論の現段階──『人間の安全保障』をめぐって」

『公法研究』
64, 125-137
2002