日本語
顔写真
College of Law  /
Department of Law

 (Male)
 Chika   MOCHIZUKI  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Law
The Kinugasa Research Organization   /
Reseach Center for Financial Gerontology and Finance/Legal Education
■Graduate school/University/other
 Keio University  Faculty of Laws  Graduated
 Shizuoka University  Graduate School, Division of Law  Master's course  Completed
■Academic degrees
LL.M. (Shizuoka University)  
■Career history
04/01/1989-09/30/1994  監査法人朝日新和会計社(現・あずさ監査法人)企業コンサルティング部門専門職
04/01/2000-03/31/2005  静岡産業大学非常勤講師
04/01/2007-10/30/2016  名城大学法務研究科、法学研究科非常勤講師
04/01/2008-03/31/2010  青山学院大学法学研究科附置ビジネスローセンター特別研究員
04/01/2016-03/31/2017  京都女子大学非常勤講師
■Committee history
07/2003-03/2004  企業活力研究所  「EUにおける消費課税納税制度の簡素化・電子化に関する調査研究」研究委員
07/2005-03/2006  三菱総合研究所  「諸外国における特定財源等に関する研究調査」外部委員
04/2015-  日本租税理論学会  常任理事・運営委員
11/2016-03/2017  外務省・一般財団法人日本総合研究所  国際連帯税を導入する場合のある得べき制度設計等に関する研究会
■Academic society memberships
Japan Association of Tax Litigators  
Japan Association of Public Finance Law  
Japan Tax Jurisprudence Association  
Japan Association of Science of Taxation  
The Japanese Society for Tax Law  
■Subject of research
Taxpayers' Bill of Rights and IRS Reform in USA
Value Added Tax for E-commerce
Global Taxes and International Solidarity Taxes
Basic Income and Refundable Tax Credit
Comparative Constitutional Study on Rights of Tax Payers
■Research summary
A research on Taxpayer Rights Protection Acts

 I am engaged in the research on tax laws from the viewpoint of human rights to establish the taxpayers' rights and put the right protection procedures in place in Japan.

[Research Subject (1) Outline]
A research on global tax as a financial resource to procure international public properties and promote public welfare

[Research Subject (2) Outline]
A research on Taxation issues such as Retail Sales Tax on the e-commerce in the US and Value Added Tax (VAT) in the EU

[Research Subject (3) Outline]
A research on the Federal Taxpayer's Rights Act in the US (first to third) and the reform of the IRS (Internal Revenue Service) related to the act

[Research Subject (4) Outline]
A research on basic income and tax system including tax creditn
[Research Subject (5) Outline]
Comparative constitutional study, especially the limitation of taxation right, and taxpayers' right under the Constitution of the United States of America.
■Research keywords
Tax Law,Taxpayer's Rights, Taxpayers' Charter, Taxpayers' Bill of Rights, IRS Reform, Currency Transaction Tax, Airline-ticket Solidarity Tax, International Carbon Tax, E-commerce, Sales Tax, Use Tax, VAT, Basic Income, Refundable Tax Credit 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
よくわかる税法入門【第13版】  三木義一編著  有斐閣  232-282 295-305  04/2019
Global Tax  上村雄彦(編)望月爾、津田久美子、伊藤恭彦、和仁道郎、兼平裕子、金子文夫、田村堅太郎、清水規子、森晶寿  日本評論社  1-22、199-227  03/2019  978-4-535-55921-9
よくわかる税法入門【第12版】  三木義一編著  有斐閣  207-244 293-317  03/2018
View details...

Papers
国際的組織再編に対する同族会社の行為計算否認規定の適用の可否[東京地裁令和元・6.27判決]  望月爾  月刊税務QA  211, 80-84  10/2019
納税者権利憲章をめぐる最近の国際的状況  望月爾  税制研究  76, 101-113  08/2019
グローバル企業と法人税-その現状と国際的議論の状況の紹介を中心に-  望月爾  住民と自治  674, 24-27  06/2019
View details...

Research presentations
国際的租税回避防止のための国際的取り組み―OECDのBEPSプロジェクトを中心にー  「中国強国化の諸相」重点プロジェクトセミナー  12/20/2017
民法改正の税務への影響  日本税法学会関西地区研究会  09/16/2017
グローバル化の負の影響への処方箋:国際連帯税と多国籍企業の租税回避対策  第28回京都大学地球環境フォーラム「グローバル化逆流時代の持続可能な発展」  05/20/2017
View details...

Other research achievements
立命館アカデミックセンターおとなの学び舎'19夏 令和ニッポンを生きる 人生100年時代のお金の話  立命館アカデミックセンター  07/10/2019-
立命館土曜講座 高齢期の財産の保有・管理と税 -財産をどう守り有効に活用するか?-  末川記念館  03/30/2019-
京都税理士協同組合 税理士のための事例で考える法務・税務 税法(個人)  京都税理士会館  09/07/2018-
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Seminar  Seminar
2017  Senior Thesis  Seminar
2017  Special Seminar2  Seminar
View details...

Teaching achievements
法学部FD委員会「もしドラ的ゼミナール活動-ゼミのインターカレッジディベート大会への参加」  05/2010-
学生FD委員会授業インタビュー
身近な「生きる法」を実践して理解(FDS Report 2009)「印象に残った授業」としてインタビューを受ける。  09/2009-
社会専門講座「知って得する身近な税法 ~所得税法と消費税法を中心に~」静岡県立静岡東高校  09/2007-
View details...
■Message from researcher
納税者の権利の確立と保護
 わが国では、納税といえば憲法上国民の義務として考えるのが一般的です。国民は税を納めることを一方的に求められますが、納税者としての権利は保障されておりません。この矛盾をどのように考え、解消してきくべきかという問いかけが、私の研究の原点にあります。

一方、諸外国では、国民主権の理念のもと納税を権利と位置づけ、納税者の権利保護のための立法や宣言を制定している国々も少なくありません。とくにアメリカでは80年代後半から三次にわたって納税者権利保護法を制定し、納税者を「お客様」として丁重に扱うことを前提に、調査徴収、不服申立などにおける権利保護手続が整備されてきました。
私はわが国においても、納税者の権利を確立し保護手続を整備すべく、人権論の立場から税法の研究を進めてまいりたいと考えております。
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Public Law(Tax Law)