English
生命科学部  /
応用化学科

 マエダ   ヒロミツ   (男)
 前田    大光   教授
 Hiromitsu   MAEDA

■兼務所属(本学内)
生命科学研究科
総合科学技術研究機構   /
創薬科学研究センター
■出身大学院・出身大学他
1999/03  京都大学  理学部  卒業
2001/03  京都大学大学院  理学研究科  化学専攻  修士課程  修了
2004/03  京都大学大学院  理学研究科  化学専攻  博士課程後期課程  修了
■取得学位
博士(理学) (2004/03 京都大学)  
■職歴
2004/04-2005/03  立命館大学理工学部化学生物工学科・専任講師
2005/04-2007/03  立命館大学理工学部化学生物工学科・助教授
2006/04-2007/03  分子科学研究所相関分子化学第二研究部門・客員助教授
2007/04-2008/03  立命館大学理工学部化学生物工学科・准教授(名称変更)
2007/04-2008/03  分子科学研究所物質分子科学研究領域・客員准教授(配置・名称変更)
2007/10-2011/03  科学技術振興機構さきがけ「構造制御と機能」(総括:岡本佳男教授)・研究者
2008/04-2012/03  立命館大学総合理工学院薬学部薬学科・准教授
2012/04-2014/03  立命館大学薬学部薬学科・准教授
2014/04-2016/03  立命館大学薬学部薬学科・教授
2016/04-  立命館大学生命科学部応用化学科・教授
■委員歴
2012/09-  Chemical Communications (RSC) Editorial Advisory Board
2015/12-  RSC Advances (RSC) Associate Editor
2015/04-  有機合成化学協会関西支部 幹事
2008/12-  China-Japan Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures(北京)共同組織委員
2009/08-  Japan-China Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures(札幌)共同組織委員
2010/07-  China-Japan Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures(長春)共同組織委員
2011/10-  China-Japan Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures(北京)共同組織委員
2013/01-  Japan-China Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures(岡崎)共同組織委員
2013/10-  China-Japan Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures(蘇州)共同組織委員
2014/12-  China-Japan Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures(天津)共同組織委員
2016/02-  Japan-China Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures(岡崎)共同組織委員
2010/03-  日本化学会第90春季年会(東大阪)総務委員会委員
2010/07-  International Symposium on Macrocyclic and Supramolecular Chemistry (ISMSC-5)(奈良)国内組織委員
2011/08-  First International Symposium on Soft Designed Materials (SDM)(米沢)実行委員
2012/09-  International Union of Materials Research Societies - International Conference on Electronic Materials (IUMRS-ICEM) 2012(横浜)共同組織委員
2013/03-  第1回辰巳午世代の化学者のための勉強会(草津)幹事
2013/03-  日本化学会第93春季年会(草津)会場委員会委員・プログラム編成委員会委員
 ソフトデザインドマテリアル研究会メンバー
 複合系の光機能研究会会員
■所属学会
日本化学会  
高分子学会  
光化学協会  
基礎有機化学会  
有機合成化学協会  
錯体化学会  
応用物理学会  
近畿化学協会  
アメリカ化学会  
イギリス王立化学会  
ポルフィリン・フタロシアニン学会  
■免許・資格
危険物取扱者(甲種)  (2004)   
■研究テーマ
新規π電子系の合成と超分子集合体の創製
■研究概要


 (研究室HPを参照して下さい)
■研究キーワード
有機化学、超分子化学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
「イオンペアリングπ電子系集合体の創製」 超分子アニュアルレビュー  羽毛田 洋平・前田大光  日本高分子学会  in press  2018/03
"π-Electronic Ion-Pairing Supramolecular Assemblies"
Haketa, Y.; Maeda, H.
In Designed Molecular Space in Material Science and Catalysis; Shirakawa, S. Ed.  Haketa, Y.; Maeda, H.  Springer  in press  2018
「π電子系の合成を基盤としたイオンペア集合体の創製」 液晶(日本液晶学会設立20周年特集記事)  前田大光  日本液晶学会  Vol. 21 No. 4: 317-320  2017/10
一覧表示...

論文
Cyclic Anion-Responsive π-Electronic Molecules That Overcome Energy Losses Induced by Conformation Changes  Kaname, S.; Haketa, Y.; Yasuda, N.; Maeda, H.  Org. Lett.  20, 3268-3272  2018  DOI: 10.1021/acs.orglett.8b01138
Pyrrole-Based Anion-Responsive π-Electronic Molecules as Hydrogen-Bonding Catalysts  Hirata, G.; Maeda, H.  Org. Lett.  20, 2853-2856  2018  DOI: 10.1021/acs.orglett.8b00855
Ion-Pairing Assemblies of π-Electronic Anions Formed by Intramolecular Hydrogen Bonding  Maeda, H.; Takeda, Y.; Haketa, Y.; Morimoto, Y.; Yasuda, N.  Chem. Eur. J.  24, in press  2018  DOI: 10.1002/chem.201801375
一覧表示...

研究発表等
Dimension-Controlled Assemblies Based on π-Electronic Ion Pairs  43rd International Conference on Coordination Chemistry (ICCC43)  2018/07/30
Assembled Behavior and Functionalization of Polar-Switchable π-Systems  27th International Liquid Crustal Conference  2018/07/22
Dimension-Controlled Assemblies Based on π-Electronic Ion Pairs  27th International Liquid Crustal Conference  2018/07/22
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
倉田奨励金「非環状型π共役系素子を基盤とした金属錯体のπ空間制御」  倉田記念日立科学技術財団 倉田奨励金  2009  2010  代表
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業・さきがけタイプ「アニオン応答性ナノ構造の創製と制御」  独立行政法人科学技術振興機 戦略的創造研究推進事業(さきがけタイプ)  2007  2010  代表
池谷科学技術振興財団研究助成「複数個の認識サイトを有する非環状型アニオンレセプターの創製と構造制御」  財団法人 池谷科学技術振興財団  2007  2007
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究成果国際発信プログラム   -     刺激応答型電子機能マテリアルを指向したπ電子系イオンの創製   代表   -   2017/10-2018/03   2017   500,000   
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     物質輸送を指向した有機イオンペアの自己集合体の構築   代表   -   2017/04-2018/03   2017   500,000   
専門研究員プログラム(旧ポストドクトラルフェロープログラム)   -     π電子系イオンペアを基盤とした機能性マテリアルの創製   代表   -   2017/04-2018/03   2017     
一覧表示...

受賞学術賞
nternational Conference on Novel Nanomaterial: Engineering and Properties (ICON2 2016) joint with 2016 International Workshop on Nanomaterials and Nanodevices (IWNN)  Functional Nano-Material Science Award  2016/07
Thieme  Thieme Chemistry Journal Award  2016/01
イギリス王立化学会  Fellow of the Royal Society of Chemistry  2015/12
一覧表示...

知的財産権
動的共有結合ポリマー及びその製造方法  特願 2011-193234  特開 2013-053253
非環状オリゴピロール化合物  特願 2009-58067  特開 2010-209014
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  有機化学実験1  実験・実習・実技
2017  有機化学実験2  実験・実習・実技
2017  応用化学セミナー  演習
一覧表示...

教育活動
有機化学1(旧カリ・有機化学II)において課題プリントを毎週課すことによって、効果的な学生の授業内容理解に努めた。学生からも高い評価を得た。  2004/04-
有機分子解析法において課題プリントを毎週課すことによって、効果的な学生の授業内容理解に努めた。学生からも高い評価を得た。  2008/04-
有機化学実習(実験)1・2(旧カリ・基礎化学実験II)において実演ビデオを示すことによって、効果的な学生の課題(実験)内容理解に努めた。学生からも高い評価を得た。  2004/04-
一覧表示...
■関連URL
 立命館大学 生命科学部 超分子創製化学研究室(前田研究室)
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
機能物質科学