日本語
College of International Relations  /
Department of International Relations

 (Male)
 Kota   SUECHIKA  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of International Relations
The Kinugasa Research Organization   /
Institute of International Relations and Area Studies
■Graduate school/University/other
03/2004  Kyoto University  Graduate School of Asian and African Area Studies  東南アジア地域研究  Doctoral course  Completed
1998  [UK] University of Durham  Centre for Middle Eastern and Islamic Studies  Middle East Politics  Doctoral course first term (Master's)  Completed
1997  Yokohama City University  Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities)  人文課程  Graduated
■Academic degrees
MA in Middle East Politics (12/1998 University of Durham)   Ph.D. (Area Studies) (03/2004 Kyoto University)  
■Career history
04/01/2014-03/31/2015  北海道大学・法学部・非常勤講師
04/01/2014-03/31/2015  京都造形芸術大学・通信教育部・非常勤講師
04/01/2013-  京都大学・地域研究統合情報センター・客員准教授
04/01/2012-03/31/2013  京都造形芸術大学・通信教育部・非常勤講師
10/01/2010-03/31/2011  関西大学・法学部・非常勤講師
04/01/2009-01/31/2010  オックスフォード大学・セント・アントニーズ・カレッジ・研究員
04/01/2008-03/31/2009  北海道大学・法学部・非常勤講師
12/01/2006-  京都大学・イスラーム地域研究センター・共同研究員
10/01/2006-03/31/2008  京都大学・地域研究統合情報センター・共同研究員
07/01/2006-03/31/2008  総合研究大学院大学・葉山高等研究センター・共同研究員
04/01/2006-  立命館大学・国際関係学部・准教授
04/01/2006-03/31/2007  神戸大学・国際文化学部・非常勤講師
04/01/2005-03/31/2009  京都精華大学・人文学部・非常勤講師
04/01/2005-03/31/2009  東京外国語大学・アジア・アフリカ言語文化研究所・共同研究員
04/01/2005-03/31/2006  立命館大学・国際関係学部・非常勤講師
04/01/2004-03/31/2006  日本学術振興会特別研究員(PD)/国立民族学博物館・地域研究企画交流センター・外来研究員
04/01/2004-03/31/2005  京都造形芸術大学・芸術学部・非常勤講師
04/01/2002-03/31/2003  京都造形芸術大学・通信教育部・非常勤講師
■Committee history
05/2004-05/2005  日本中東学会  第21回年次大会実行委員
05/2010-05/2011  日本中東学会  第27回年次大会実行委員
10/2012-11/2014  日本国際政治学会  研究大会・中東分科会責任者
11/2012-11/2014  日本国際政治学会  『国際政治』第178号編集責任者
01/2013-03/2013  経済産業省  平成24年度石油産業体制等調査研究(一般財団法人日本エネルギー研究所)
「中東・北アフリカ地域の動向と我が国のエネルギー情勢への影響に関する調査」「中東北アフリカ委員会」委員
2013-2015  日本中東学会  第15期評議員
01/2014-03/2014  経済産業省  平成25年度石油産業体制等調査研究(一般財団法人日本エネルギー研究所)
「中東・北アフリカ地域の動向と我が国のエネルギー情勢への影響に関する調査」「中東北アフリカ委員会」委員
05/2014-05/2015  日本中東学会  第31回年次大会実行委員
06/2014-06/2015  日本比較政治学会  企画委員会委員
06/2014-  日本比較政治学会  理事
05/2015-  日本中東学会  第16期評議員
06/2015-  日本比較政治学会  編集委員会委員
06/2015-  日本比較政治学会  オンライン・ジャーナル副編集長
■Academic society memberships
Japan Association for Middle East Studies  
The Japan Association of International Relations  
Japan Association for Comparative Politics  
Association for Islamic Studies in Japan  
■Subject of research
グローバル化の中の国家・民族・宗教
現代シリアにおけるイスラームと政治:国家の変容とイスラーム思想の関係
イスラム教圏東南アジアにおける社会秩序の構築と変容
東地中海地域における人間移動と「人間の安全保障」
現代中東における国家運営メカニズムの実証的研究と地域間比較
現代レヴァント諸国の権力構造とその相関関係
シーア派諸社会の特質とネットワークを考察するための総合研究
現代アジア・アフリカ地域におけるトランスナショナルな政治社会運動の比較研究
湾岸産油国を中心とする中東の予防外交の可能性に関する研究
イスラーム世界の国際組織
レバノン・ヒズブッラーの総合的研究
現代イスラーム主義運動の分析枠組みの構築にむけて:シリアとレバノンの事例から
現代東アラブ地域の政治主体に関する包括的研究:非公的政治空間における営為を中心に
現代中東・アジア地域における紛争・国家破綻と社会運動
中東域内における諸国家間の関係調整メカニズムに関する実証研究
中東諸国家運営メカニズムの普遍性と特殊性の析出:地域間比較における現代中東政治研究のパースペクティブ
新しい平和学にむけた学際的研究拠点の形成:ポスト紛争地域における和解志向ガバナンスと持続可能な平和構築の研究
現代東アラブ地域の政治主体に関する包括的研究:非公的政治空間における営為を中心に
現代中東・アジア地域における紛争・国家破綻と社会運動
中東地域における経済自由化と統治メカニズムの頑健性に関する比較研究
中東における紛争予防に関する学際的研究の構築
現代中東におけるムスリム同胞団の総合的研究:各国の政治活動と国際ネットワーク
東アラブ地域の非公的政治主体に関する総合的研究:「アラブの春」の政治変動を中心に
現代中東・アジア諸国の体制維持における軍の役割
イスラーム世界の国際組織とグローバルネットワーク
新自由主義の浸透と社会への影響に関する地域間比較研究
ポストグローバル化期の国家社会関係
中東地域における経済自由化政策をめぐる受容と抵抗:比較政治研究
中東とラテンアメリカにおける体制転換の比較研究
中東と中南米における体制転換の実証的比較研究:政党・軍・市民社会
中東における国家安全保障と国民統合の課題:新たな平和構築・開発支援論
■Research summary
Politics and International Relations in Contemporary Middle East

 イスラーム政治運動・思想の分析を中心に中東諸国の政治および国際関係を研究。シリア、レバノン、パレスチナがメインフィールド。
■Research keywords
Middle Eastern Studies, International Relations, Comparative Politics 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
イスラーム主義と中東政治:レバノン・ヒズブッラーの抵抗と革命  名古屋大学出版会  11/2013
State-transformation and Islam in Contemporary Syria  Nakanishiya  12/2005
現代シリア・レバノンの政治構造  青山弘之  岩波書店  02/2009
View details...

Papers
「クサイルからの道:ヒズブッラーによるシリア「内戦」への軍事介入の拡大」  『中東研究』  522, 52-63  01/2016
「帝国崩壊」の長い過程にある中東・イスラム圏と、どう向き合うか  『日本再生』  433  06/2015
正しい理解と実態に則した活動を(特集 手探りの中東支援:明日への希望を求めて)  末近浩太  『国際開発ジャーナル』  703, 23  06/2015
View details...

Research presentations
「分断社会における国軍:レバノンにおける国民統合と安全保障」  科学研究費補助金基盤研究A「現代中東・アジア諸国の体制維持における軍の役割」2015年度第3回研究会  07/26/2015
「シリア内戦の4年間」  非営利法人(NPO)パレスチナ子どものキャンペーン・講演と報告の会「シリアで起きていること、私たちにできること」  07/14/2015
「「ポスト・アラブの春」期の東アラブ地域におけるイスラーム主義」  共同利用・共同研究課題「東南アジアのイスラームと文化多様性に関する学際的研究(第二期)」2015年度第1回研究会  07/05/2015
View details...

Other research achievements
安保法制・私はこう考える:中東での信頼損ねる  『毎日新聞』社会面  06/09/2015-
見開きニュース・安倍流安保政策(憲法・集団的自衛権について)  『中日新聞』『東京新聞』  05/03/2015-
最適解へ未来志向の関係を:「幕末的」状況の中東  『毎日新聞』夕刊・文化面  03/19/2015-
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Competitive grants, etc. (exc. KAKENHI)
イスラーム世界の国際組織とグローバルネットワーク  NIHUプログラム「イスラーム地域研究」京都大学イスラーム地域研究センター  2012  2016  Joint researcher
中東地域における経済自由化政策をめぐる受容と抵抗:比較政治研究  京都大学地域研究統合情報センター公募研究  2012  2012  Main representative
現代イスラーム主義運動の分析枠組みの構築にむけて:シリアとレバノンの事例から  立命館大学・国際化推進プログラム「研究成果の国際的発信強化」  2009  2010  Main representative
View details...

Achievements of joint / funded research
東地中海地域における人間移動と「人間の安全保障」  04/2004-03/2009  Joint research  Joint researcher
イスラム教圏東南アジアにおける社会秩序の構築と変容  04/2005-03/2008  Joint research  Joint researcher
現代レヴァント諸国の政治構造とその相関関係  04/2006-03/2008  Joint research  Joint researcher
View details...

Academic awards
地域研究コンソーシアム  第4回地域研究コンソーシアム賞・研究作品賞  11/2014
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2014  IR-DR205 Introduction to Area Studies Ⅱ  Lecture
2014  IR-DR206 Global Studies Seminar  Lecture
2014  IR-DR207 Global Simulation Gaming  Lecture
View details...

Teaching achievements
パワーポイント等の視聴覚教材を利用することで、受講生に対して中東・イスラーム世界の実態を効果的に伝える。  2006-
View details...
■Message from researcher
「イスラーム」を軸とする現代中東政治研究
 専門は現代中東政治、特に東アラブ地域のイスラーム政治運動・思想を研究しています。冷戦後の世界においてイスラーム政治運動は国際政治の主要なアクターの1つとなりましたが、その実態は十把一絡げに「イスラム原理主義」とされるなど、十分に把握されているとは言えません。
さらに、9.11事件や「イラク戦争」を経て、今や人々の関心は実態の把握(あるいは異文化の理解)よりも「彼ら」をいかにコントロールするかという、古くて新しい問題にシフトし始めています。

こうしたなかで、アラビア語の原典読解と臨地調査を2つの柱に、「彼ら」の考え方や活動を紹介し、理解することに取り組んできました。地道な作業ですが、民主化や安全保障、天然資源の問題とおなじように大切なことだと考えています。これを手掛かりに、国際政治における「イスラーム」の意味と意義を今一度きちんと検討し、21世紀の国際社会のあり方を構想していきたいと思います。
英国ダーラム大学修士、京都大学博士。
■URL
 SUECHIKA'S OFFICE
■Tel
075-465-1211
■E-mail
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Area Studies
International Relations
Politics
Religious Studies
History of Thought