English
生命科学部  /
生物工学科

 カサハラ   マサヒロ   (男)
 笠原    賢洋   教授
 Masahiro   KASAHARA

■兼務所属(本学内)
生命科学研究科
■出身大学院・出身大学他
1988/03  神奈川県立希望ヶ丘高等学校  卒業
1993/03  東京工業大学  理学部  生命理学科  卒業
1995/03  東京大学大学院  総合文化研究科  広域科学専攻生命環境科学系  修士課程  修了
1998/03  東京大学大学院  総合文化研究科  広域科学専攻生命環境科学系  博士課程  修了
■取得学位
博士(学術) (1998/03 東京大学)  
■職歴
1998/04/01-2000/06/30  日本学術振興会・特別研究員(PD)
2000/07/01-2003/02/28  基礎生物学研究所・特別研究員
2003/03/01-2005/03/31  東京農工大学遺伝子実験施設・助手
2005/04/01-2008/03/31  立命館大学理工学部・准教授
2008/04/01-2012/03/31  立命館大学生命科学部・准教授
2012/04/01-  立命館大学生命科学部・教授
■所属学会
日本植物生理学会  
日本植物学会  
ゲノム微生物学会  
American Society of Plant Biologists  
■研究概要
植物の環境応答に関する研究

 植物がどのように外部環境を認識し,それに対してどのように応答して生活しているのかを遺伝子、タンパク質レベルで解明すべく研究を行っている。
■研究キーワード
植物分子生物学・生化学・生理学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

論文
Degradation pathway of plant complex-type N-glycans: identification and characterization of a key α1,3-fucosidase from glycoside hydrolase family 29  Kato S., Hayashi M., Kitagawa M., Kajiura H., Maeda M., Kimura Y., Igarashi K., Kasahara M., Ishimizu T.  Biochem. J.  475, 305-317  2018
バクテリアの光環境応答学の開拓  笠原賢洋  IFO Res. Commun.  31, 143-144  2017
二次共生藻類から発見された青色光受容体オーレオクロムとその機能  高橋文雄、位田康煕、笠原賢洋  Bull. Plankton Soc. Japan  64, 72-76  2017
一覧表示...

研究発表等
ゼニゴケの生殖時期におけるサイクリックAMPの機能解析  第60回日本植物生理学会年会  2019/03
ミドリゾウリムシ共生クロレラの細胞外へのマルトース輸送特性について  日本植物学会第82回大会  2018/09
アカモクが持つオーレオクロムの photocycleについて  日本植物学会第82回大会  2018/09
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  生化学実験1  実験・実習・実技
2017  生化学実験2  実験・実習・実技
2017  生物工学セミナー  演習
一覧表示...

教育活動
「育英西高等学校」にて、高校1年生を対象とした「植物と光ー植物も見ている動いている」の模擬授業を実施。  2010/06-2010/06
高校3年生を対象とした「わたしたちの『くらし』をささえるバイオテクノロジー 植物バイオテクノロジーのこれまでとこれから」の模擬講義を担当し、課題レポートの個別添削・返却を実施。  2009/06-2009/07
立命館慶祥高校「SSH立命館大学BKC研究室訪問」を担当した。  2015/10-2015/10
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
植物の光環境応答の研究
  植物は一度根を張るとそこから移動することができません。日差しが強ければ木陰へ逃げたり、空腹になれば食べ物を探しに移動できる動物とは大きく異なる点です。動けない植物は生育環境の変化に常にさらされますが、その変化を適格に認識し、機敏に対応して生活しています。  光は植物にとって光合成を行うエネルギーとして必要なだけでなく、環境変化を知るための情報としても重要な役割を果たしています。季節変化のような長期的な変化や、昼夜の変化、林下の木漏れ日による短時間での光量変化のような短期的な変化を、植物は光情報から認識することができます。このような植物の光に対する応答を、分子レベルで明らかにするために研究を行っています。
■関連URL
 立命館大学生命科学部 植物分子生物学研究室