English
理工学部  /
電子情報工学科

 ドウセキ   タカクニ   (男)
 道関    隆国   教授
 Takakuni   DOUSEKI

■兼務所属(本学内)
総合科学技術研究機構   /
VLSIセンター
理工学研究科
■取得学位
博士(工学) (大阪大学)  
■所属学会
応用物理学会  
IEICE  
IEEE  
■研究概要
シリコン・マイクロパワーシステムの創出

 我々の身の回りに存在する光、熱、運動エネルギーといった自然エネルギーを活用した電池のいらない端末システムを目指します。端末に必要な各種発電源、内部回路に一定の電源を供給するための電源変換回路、無線回路を含めた極低電力LSIを中心に研究を進めます。
■研究キーワード
極低電力LSI設計法, バッテリレス端末構成法 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

論文
Fully-Depleted SOI CMOS Circuits and Technology for Ultralow-Power  Applications  Springer社  2006
Ultralow-voltage MTCMOS/SOI Circuits for Batteryless Mobile System  IEICE Trans. Electronics  2005
A 0.5-V MTCMOS/SIMOX Logic Gate  IEEE J. Solid-State Circuits  1995
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

共同・受託研究実績
センサー技術に関する研究  2011/01-2011/12  受託研究
希釈分散エネルギーの活用技術に関する研究  2010/08-2011/03  受託研究
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  電子情報工学実験Ⅰ  実験・実習・実技
2017  卒業研究  演習
2017  電子情報工学応用演習  演習
一覧表示...

教育活動
本学附属校「立命館守山高等学校」にて、高校1年生を対象とした「LSI入門」の模擬授業を担当。LEGO マインドストームを用いた実演習を通して、システム構築にはハードウエアとソフトウエアの両者が必要となることを  2010/11-
専門科目「電磁気学I」にて関連テーマ映像資料(DⅤD)をグループ視聴。電磁気学が現在のハードディスク等のシステムに如何に使われているかをわかりやすく解説。  2006/04-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
古きを温めて新しきを知る
 半導体における日本の位置付けが低下しています。欧米勢によるMPU、DSPの先導、東南アジア勢によるDRAMの台頭の中で、日本が進むべき方向がなかなか見えてきません。この問題を解決するためには、どうしたらよいのでしょうか。私は日本にしかできないことに取り組むことが大事だと思っています。幸いなことに、日本には外国にはまねのできない、先祖から代々受け継がれた繊細で美しい「花道」「茶道」「茅葺き」「障子」「扇子」「ふろしき」「折り紙」等の文化や「もったいない」という精神があります。私が取り組むテーマでは、「日本の古き良き文化や精神の本質をよく咀嚼、理解して、そのコンセプトを新しいシステム作りに取り入れる」を合言葉に研究を進め、その成果を世界に発信していきたいと思います。NTT研究所に24年間勤務後、2006年から本学に。趣味は、妻等とのテニス(現在の課題は、つなぎのテニスから攻めのテニスへのステップアップ)。工学博士。
■関連URL
 立命館大学 理工学部 電子情報工学科 道関研究室