日本語
College of Law  /
Department of Law

 (Female)
 Chika   TOHYAMA  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Language Education and Information Science
■Graduate school/University/other
03/2006  Ochanomizu University  Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture  Japanese Studies in a Global Perspective Major   Doctoral course second term (Doctoral)  Withdrawal from program with completion of credit requirements
■Academic society memberships
The Society for Teaching Japanese as a Foreign Language, Japanese  
Association of Second Language  
The Pragmatics Society of Japan  
専門日本語教育学会  
日本CLIL教育学会  
The Society for Research on Japanese Language and Culture, Ochanomizu University (査読協力)  
■Subject of research
Expression in Conversation/Composition and its Mastering
多文化・多言語における接触場面の雑談能力の習得
Instruction Method in Japanese Language Education
Japanese Language Education Aiming at Multicultural Coexistence
言語教育プログラム評価研究
■Research summary
Acquisition of conversation ability in second language

 I am studying how the structure of conversation and grammatical elements interact with each other to indicate expressing intentions and how Japanese learners acquire this ability.
■Research keywords
teaching Japanese as a foreign Language, second language acquisition 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
第二言語習得研究とは何か?―白井恭弘講演録解説―  大関浩美・谷内美智子・森塚千絵・遠山千佳・佐々木嘉則  第二言語習得・教育の研究最前線2003年版  17-30  11/2003  4-89358-555-X
View details...

Papers
The influence of first language on referential expressions of Japanese language learners: A focus on narrative story by native Chinese and Korean speakers  Tōyama, Chika  Journal of Japanese Linguistics  35/ 2, 165-188  11/2019
日本語学習者による物語文の表現形式ー「主語トピック×述語アスペクト」の枠組みでー  遠山 千佳  「立命館法学」別冊『ことばとそのひろがり』  6  03/2018
助詞「は」の第二言語習得研究のための枠組みー機能主義的視点を中心としたレビューー  遠山 千佳  立命館経営学  56/ 5, 15-33  01/2018
View details...

Research presentations
談話文法から語彙習得へのアプローチー指示表現(referential expressions)に着目してー  公開シンポジウム「多様化する日本語教育における文法教育の課題」  08/05/2019
コミュニティ間を有機的に繋ぐ人材育成を目指して-サービスラーニング、多文化間教育、地域日本語教室での実践省察から考える市民性教育に向けての現実と課題(パネル)  言語文化教育研究学会第5回年次大会  03/10/2019
日本語支援プロジェクトにおけるメンバー間の認識の共有ー「プログラム評価」の視点を導入してー  2018年度日本語教育国際研究大会(ICJLE2018)  08/04/2018
View details...

Other research achievements
2018年度「多文化共生をめざした日本語教育専門家養成」プロジェクト活動及び活動報告集監修(大学院言語教育情報研究科)  『多文化共生をめざした日本語教育成果報告書』監修  04/01/2018-03/31/2019
2017年度「多文化共生をめざした日本語教育専門家養成」プロジェクト活動及び活動報告集監修(大学院言語教育情報研究科)  『多文化共生をめざした日本語教育成果報告書』監修  04/01/2017-03/31/2018
2016年度「多文化共生をめざした日本語教育専門家養成」プロジェクト活動及び活動報告集監修(大学院言語教育情報研究科)  『多文化共生をめざした日本語教育成果報告書』監修  04/01/2016-03/31/2017
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  JapaneseⅧ(Academic Japanese a)  Seminar
2017  JapaneseⅧ(Academic Japanese b)  Seminar
2017  Special Seminar 1  Seminar
View details...

Teaching achievements
専門科目「日本語教育学Ⅶ(第二言語としての日本語習得論)」において、ジグソー学習法を導入。さまざまな経歴、母語・文化の学生が、理論+実証研究系の授業の内容をより深く理解しあうことを目指す。  05/2010-
専門科目「日本語教育学Ⅶ(第二言語としての日本語習得論)」において、毎時「コミュニケーションペーパー」を利用し、授業での質問・感想・要望聴取を行い、次の授業で回答するなど意思疎通、理解度確認の実施。  09/2006-
概論系科目「日本語教育・文化概論KA」において、日本語教育にかかわれる学内情報(ボランティア募集等)や、学外情報(研究会、講習会等)の情報を随時MLで連絡し、専門家としての情報共有化に努める。  04/2006-
View details...
■Message from researcher
第二言語における談話の習得
 第二言語習得において、談話(文章表現を含む)に使用される文法や語彙の選択は、学習者の母語、ストラテジー、言語文化・社会文化等を反映しており、文レベルの正用・誤用の枠組みだけでは捉えられません。学習者の表現意図と談話と文法使用の関係から、第二言語における談話の習得を考えていきたいと思っています。
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Linguistics and Phonetics