English
教育開発推進機構

 オキ   ヒロタカ   (男)
 沖    裕貴   教授
 Hirotaka   OKI

■出身大学院・出身大学他
1982  名古屋大学  理学部  数学科  卒業
2000  京都教育大学大学院  教育学研究科  学校教育専攻  博士課程前期課程
■取得学位
修士(教育学) (2000/03 京都教育大学)  
■職歴
2006/04/01-  教育開発推進機構・教授
■委員歴
2017-  広島国際大学客員教授
2015/04-  愛媛大学FD拠点外部評価委員
2015/04-  関西大学AP外部評価委員
2014/04-  北九州市立大学AP外部評価委員
2014/04-  日本高等教育開発協会  会長
2015/04-2016/03  教育・学修支援センター長
2012-  教育開発支援センター長
2009-2011  教育開発推進機構機構長補佐
2008-  教学・学生実態調査分析センター長
2006-2007  大学教育開発・支援センター副センター長
2012-  大学教育学会 理事
2010-  日本高等教育開発協会理事
2006/08-  日本教育情報学会 理事
2013-  四国地区大学教職員能力開発ネットワーク(SPOD)事業評価委員会委員
2012-  中部大学客員教授
2012-  文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」ペーパーレフリー
2012-  近畿地区大学教育研究会運営委員
2011-2012  大学コンソーシアム京都FD企画研究委員会委員
2011-  東北大学大学教育マネジメント人材育成プログラムアドバイザ
2010-  京都大学高等教育研究開発推進センター「相互研修型FD共同利用拠点」運営委員
2008-  私立大学連盟FD推進会議運営委員会委員
2008-  京都大学FDネットワーク代表者会議委員
2008-  京都大学高等教育研究開発推進センター学外研究協力者
2008-  国立教育政策研究所「FDプログラムの構築支援とFDerの能力開発」に関する研究委員
2008-  関西地区FD連絡協議会常任幹事校委員
 山形大学、山口大学、京都FDセンター等GPに関わる外部評価委員
2007-  (財)学習ソフトウェア情報研究センター研究員
2004-2005  (社)国立大学協会研修実施委員会委員
1991-1994  (社)日本教育工学振興会専門委員(-)
■所属学会
日本教育情報学会  
日本教育工学会  
日本高等教育学会  
大学教育学会  
■免許・資格
中学校教諭専修免許状(数学)、高等学校教諭専修免許状(数学)  (2000)    中学校教諭一種免許状(数学)、高等学校教諭一種免許状(数学)  (1982)    実用英語検定1級  (1979)   
■研究テーマ
高等教育におけるdiploma policy(DP)、curriculum policy(CP)、admission policy(AP)の明確化。
大学におけるピア・サポート・プログラムと学生スタッフ・プログラムの調査・研究・開発・導入
大学間連携に基づく実践的FDプログラムの開発と大学教員に求められる職能の提案
高等教育の質保証のためのInstitutional Research(IR)の研究とTERI(教育改革総合指標・行動計画)の整備
■研究概要
(1)高等教育におけるdiploma policy(DP)、curriculum policy(CP)、admission policy(AP)の明確化。 (2)大学におけるピア・サポート・プログラムと学生スタッフ・プログラムの調査・研究・開発・導入 (3)大学間連携に基づく実践的FDプログラムの開発と大学教員に求められる職能の提案 (4)高等教育の質保証のためのInstitutional Research(IR)の研究とTERI(教育改革総合指標・行動計画)の整備

 (1)高等教育におけるdiploma policy(DP)、curriculum policy(CP)、admission policy(AP)の明確化。
①DP、各授業における領域(観点)別教育目標の設定とカリキュラム・マップ、カリキュラム・ツリーによるDP、CPの明確化および領域(観点)別教育目標に基づくAPの明確化のためのアクション・リサーチ。
②情意的領域のDPや授業の到達目標の達成度評価のための方法論の研究。

(2)大学におけるピア・サポート・プログラムと学生スタッフ・プログラムの調査・研究・開発・導入

(3)大学間連携に基づく実践的FDプログラムの開発と大学教員に求められる職能の提案

(4)高等教育の質保証のためのInstitutional Research(IR)の研究とTERI(教育改革総合指標・行動計画)の整備
■研究キーワード
高等教育学、教育工学、大学間連携、FDプログラム開発、大学教員の職能、高等教育の質の保証、アクティブ・ラーニング、diploma policy(DP)、curriculum policy(CP)、カリキュラム・マップ、カリキュラム・ツリー、ピア・サポート・プログラム、学生スタッフ 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
大学事典  児玉善仁編集委員代表、赤羽良一、岡山茂、川島啓二、木戸裕、斉藤泰雄、舘昭、立川明編。  平凡社  2018/06  978-4-582-12102-5
「大学のFD Q&A」  佐藤浩章・中井俊樹・小島佐恵子・城間祥子・杉谷祐美子編  玉川大学出版部  60-61,120-121,123-124,124-125  2016/06  978-4-472-40520-4
学生主体型授業の冒険2-予測困難な時代に挑む大学教育-
第四章「超巨大授業に挑む!-受講生900名の教養授業における挑戦-」  小田隆治・杉原真晃編著
第四章沖裕貴執筆  ナカニシヤ出版  55-73  2012/11
一覧表示...

論文
日本のFDの現状と課題  沖裕貴  名古屋高等教育研究  第19, 17-32  2019/03
授業評価アンケート結果から見るFD研修の効果-中部大学における授業評価アンケート結果とFD研修の種類、効果の測定時期との関係-  沖裕貴・高比良美詠子・杉井俊夫・西川鉱治  大学教育学会誌  第40/ 第2, 36-45  2019/01
FDプログラムの受講が学生による授業評価に及ぼす影響-中部大学における3年間の累積効果の分析-  高比良美詠子・沖裕貴・杉井俊夫・西川鉱治  中部大学教育研究  17  2017/12
一覧表示...

研究発表等
学生参画型FDによる「教育の質保証」を問う-大学主体型学生FDの今後の方向性と専門性-  第22回大学教育研究フォーラム「学生参画型FDによる「教育の質保証」を問う-大学主体型学生FDの今後の方向性と専門性-」  2016/03/18
プログラム開発者から見るプログラム認証および基準の意義  大学教育学会第37回大会ラウンドテーブル11  2015/06/06
学生スタッフ-「学びの共同体」の起爆剤-  第21回大学教育研究フォーラム『高等教育機関に本当に必要な「学生の声と協力」とは何か-学生・教員・職員の協働による大学の質向上は実現可能か-』  2015/03/13
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     国内外の大学におけるピア・サポート・プログラムの現状・課題とFD推進組織の活動ならびに高等教育開発者の養成プログラムに関する調査研究   -   国外   2016/04-2017/03   2016     日本・カナダ 
一覧表示...

受賞学術賞
日本教育情報学会  論文賞(2008年度)  2008/08
日本教育情報学会  研究奨励賞  2005/08
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  (教)学校教育演習  演習
2017  (教)教職実践演習(中・高)  演習
2017  (教)教育実習の研究(事前指導)  講義
一覧表示...

教育活動
manaba活用ブック(manaba+Rの活用方法について執筆、p.29)  2015/04-
2015年度 教養科目基本担当「現代の教育」  2015/04-2016/03
2015年度前期 教養科目基本担当「ピア・サポート論」  2015/04-2015/09
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
京都に戻れて、立命館大で働けて幸せです。
 自宅のある京都に戻り、また家族とともに平穏な日々を過ごしております。以前にも増して忙しい毎日を過ごしておりますが、やはり京都はいいなと実感しています。研究分野を教育工学から高等教育学にシフトし、3つのポリシーの明確化やFDプログラムの開発・実践、教育改革総合指標の開発・運用、IRの研究等に携わっています。「天命を知る」はずの年齢になりましたが、まだまだ研究者として、教師として「不惑」にさえ到達しない自分を、最近つくづく情けなく思っております。どうぞ、よろしくご指導のほどお願い申し上げます。
■電話番号
075-466-3152
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
教育工学
教育学、高等教育学