日本語
College of Comprehensive Psychology  /
Department of Comprehensive Psychology

 (Male)
 Hiroshi   UTSUNOMIYA  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Letters
The Kinugasa Research Organization   /
Institute of Human Sciences
■Academic degrees
Doctor of Education (Hiroshima University)  
■Career history
04/01/1999-03/31/2004  九州女子大学 家政学部 講師
04/01/2004-03/31/2006  京都教育大学 教育学部 助教授
04/01/2006-03/31/2007  立命館大学 文学部 助教授
04/01/2007-03/31/2016  立命館大学 文学部 准教授
04/01/2016-  立命館大学 総合心理学部 教授
■Committee history
04/2007-03/2009  日本青年心理学会  ニューズレター委員
01/2008-03/2008  日本発達心理学会  機関誌編集委員
04/2008-03/2009  日本青年心理学会  ニューズレター委員(委員長)
09/2013-  日本家族心理学会  理事
09/2013-  日本家族心理学会  機関誌編集委員
12/2014-03/2016  (独)日本学術振興会   平成27年度,28年度 科学研究費助成事業 第一段審査(書面審査)委員
03/2015-  日本心理学会  地域別代議員(近畿)
04/2016-  日本青年心理学会  機関誌編集委員
04/2017-  日本老年行動科学会  機関誌常任編集委員
■Academic society memberships
Japan Society of Developmental Psychology  
The Association of Japanese Clinical Psychology  
Japanese Association of Family Psychology  
Japan Society for Reproductive Psychology  
Japan Society for Infertility Counseling  
Japan Society of Maternal Health  
Japanese Association of Educational Psychology  
JAPAN SOCIETY OF YOUTH AND ADOLESCENT PSYCHOLOGY  
The Japanese Association of Health Psychology  
The Japanese Psychological Association  
The Japanese Association of Health Communication  
Japanese Society of Behavioral Sciences for the Elderly  
日本行動医学会  
日本社会心理学会  
■Licenses and qualifications
臨床心理士    臨床発達心理士   
■Subject of research
(1) Continuation/Adaptation of Married Life and Lifetime Development of Relationship with Spouse
(2) Psychological Influence on Children of Discord Between Parents
(3) Identity Growth from Adolescence to Early Adulthood and Psychosocial Issue of Parents
(4)生殖医療における患者-医療従事者間のコミュニケーション
■Research summary
Concerning the quality of married life and its psychological impact

 I am advancing an empirical research on the process of deepening and maturity of the relation with a spouse thoroughout their life as well as the impact that the relation gives to the persons concerned and their children.

[Research Subject (1) Outline]
I consider the change process of the commitment to the married life from the viewpoint of the life-span development and gender.

[Research Subject (2) Outline]
I consider the discord between parents and the impact on the personality development and personal relations of the children to be involved in it.

[Research Subject (3) Outline]
I consider the children’s emotional conflict over the evaluation of the children’s life by both their fathers and mothers and their hopes when they search their identities.
■Research keywords
lifelong development, life course, marriage/married couple, family system, identity, infertility treatment 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
家族心理学ハンドブック(担当:中年期・老年期)  日本家族心理学会(編)  金子書房  123-129  01/2019
世代継承性研究の展望(担当:高齢期・定年退職期の世代継承性)  岡本祐子・上手由香・髙野恵代(編)  ナカニシヤ出版  133-175  10/2018
君の悩みに答えよう―青年心理学者と考える10代・20代のための生きるヒント―(担当:両親がケンカばかりしています。)  日本青年心理学会(企画),大野久・小塩真司・佐藤有耕・白井利明・平石賢二・溝上慎一・三好昭子・若松養亮(編)  福村出版  11/2017
View details...

Papers
新婚期における配偶者との関係性と心理的適応
-コミットメント志向性の枠組みから-  宇都宮博  立命館人間科学研究  31, 53-63  02/2015
高齢者の結婚生活の質と心理的適応および余暇活動-関係性ステイタスの観点から-  宇都宮博  高齢者のケアと行動科学  19, 45-62  11/2014
親の期待認知が大学生の自己抑制型行動特性及び生活満足感へ与える影響 : 期待に対する反応様式に注目して  春日秀朗・宇都宮博・サトウタツヤ  発達心理学研究  25/ 2, 121-132  06/2014
View details...

Research presentations
生涯発達的視座からみた青年期-親密な他者との関係性に着目して-(シンポジウム話題提供)  日本発達心理学会第29回大会  03/25/2018
恋愛から結婚への進展をめぐる 心理学的研究の課題(ワークショップ企画責任・話題提供)  日本家族心理学会 第34回大会  09/03/2017
婚約期の心理を通してみた 結婚の今日的意味-コミットメントの視点から-(ラウンドテーブル企画責任・話題提供)  日本発達心理学会第28回大会  03/25/2017
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Competitive grants, etc. (exc. KAKENHI)
日本における大学生のアイデンティティ形成に関する家族システム論的研究―両親間葛藤による影響を中心に―  立命館大学 研究の国際化推進プログラム「研究成果の国際的発信強化」  2008  2008  Main representative
大学生のキャリアデザインをめぐる父母の意識と関与に関する実証的研究 ―親自身の人生との関連から―  立命館大学 学内提案公募型研究推進プログラム「基盤的研究」  2007  2008  Main representative
中高年における夫婦関係の問い直しと将来展望に関する調査研究  ユニベール財団研究助成  2004  2004  Main representative
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Laboratory Work in Psychology 1  Laboratory work / Practical experience / Skills practice
2017  Introductory Seminar 1  Seminar
2017  Introductory Seminar 2  Seminar
View details...

Teaching achievements
公立高等学校における「心の健康講話」講師(生徒対象)
*題目:「高校生の心の健康-人生の岐路としての青年期-」  10/2018-
公立高等学校における「保健部職員研修会」講師(教員対象)
*題目:「不登校生徒に対する職員及びスクールカウンセラーの対応について」  06/2018-
公立高等学校における「教育相談研修会」講師(教員対象)
*題目:「高等学校における心理臨床的支援をめぐる課題-効果的な組織づくりを求めて-」  12/2017-
View details...
■Message from researcher
結婚生活の持続と配偶者との関係性を生涯発達的視座からとらえる
 家族とくに夫婦の関係性に関する生涯発達的研究に取り組んでいます。
主として、結婚生活の継続における、配偶者との関係性の揺らぎや深化・成熟について、中年期や老年期夫婦を対象とする調査研究によって検討してきました。
これまでの研究から、結婚生活の持続を支えている要因が、個々の夫婦あるいは同一夫婦でも夫妻間で異なる可能性が示唆されています。この他、両親の夫婦としての関係性が、青年の精神的健康やアイデンティティ形成に与える影響についても実証的研究を行っています。両親の関係性が青年期の子どもに与える影響については、直接的な効果とともに、家族システムの機能性や親子関係などを介しての間接的な過程としても検討しています。
さらに最近では、生殖医療(とくに不妊治療)をめぐる問題とそうした人々への心理臨床的支援のあり方にも関心を持っています。
■URL
 http://www.ritsumei.ac.jp/~hutsu/
■E-mail
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Home economics/Human life
Educational Psychology